ダブルス

前衛がポーチに動いても、「期待しない」ことが大事

ダブルスの試合で、自分が後衛でプレーしている時に。

良いタイミングで前衛がポーチに!ナイス!

でも、ちょっと待って下さい。

まだ何も決まっていないし、アナタ自身が喜ぶのが早すぎる。

こういう人は、最後に自分のところにボールが来て、ミスになる。

とにかく、後衛でプレーしている時には「疑っておく」くらいでちょうど良いでしょう。

 
 

「出たけど触れなかった」なんて、ざら

ですよね、試合では。

前衛が動いたけど、「やっぱお願い!」となるかも知れない。

もしかしたら、相手のショットがネットに当たってコードボールになるかも知れない。

そう、前衛が動いても油断出来ないのが試合です。

つい、後衛に立っていると「よし!やっと出たか!」と思ってしまうじゃないですか。

その感情を持った時点で、黄色信号。

そのまま簡単に前衛がポーチを決めてくれる、と思ったら大間違いです。



前衛が動いても、心は動かない

味方の前衛が動いても、冷静に。

チェンジするのか、それともクロスに触れなかったボールを、自分がカバーするのか。

とにかく、味方の前衛が動いた時点でサポート役に徹しましょう。

前衛が動いたけど触れない、ような場面はピンチですからね。

しっかり時間を確保しないといけない、ゲームメイクが求められます。

「なんだよ!決めろよ!」と怒っていても、何も始まらないですよ。

前衛をコントロールするのは、アナタ自身です。



「ちゃんと決めろよ!」と、態度に出したら・・・?

前衛は、どうなりますか?

「もう、邪魔しないよ・・・出ないよ・・・」となるだけ、じゃないですか。

しっかりカバーして、疑いながら気持ち良くプレーしてもらう。

これが、試合に勝てる後衛のスタンスです。

味方を信じつつ、でも疑っておく。

飛び出しても、触れないかもしれない、そうなったら自分がカバーするんだと。

こういう意識でプレー出来れば、後衛として前衛を活かすことが上手くなっていきます。



ミックスダブルスは、特に注意

よくあるのが、男性がポーチに動いて触れなかったケース。

女性の方が期待する気持ち、はすごく分かります。

でも、試合ですから何が起こるか分からないのがテニス。

ネットに当たってコードボールになったら、男性でも触るのが難しいでしょう。

ポーチに動いて、安心しない。

後衛として、しっかり後方から支援していく形、を貫きましょう。

   

つい、期待しちゃいますけどね。

前衛がポーチに出ても、決まるかもしれないし、決まらないかもしれない。

そもそも、触れないかもしれない・・・と、思っておいて損は無いです。

失敗しても動く前衛、であり続けてもらうために。

アナタに必要なのは、プレーで励ましてどんどん積極的に動いてもらうこと、でしょう。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    真のダブルスペアなら、「1回や2回の失敗」で絶対にくじけてはいけない

    ダブルスの試合を観ていると、ペアの心理状態が見えてきて面白い。…

  2. ダブルス

    ダラダラ並行陣、ハイ卒業!

    ダブルスの試合を観ていて、感じること。並行陣でせっかく前を取っ…

  3. テニス 客観視

    ダブルス

    「モテモテダブルスプレーヤー」には共通点がある!テニスの試合で使える奴になろう

    選手時代は基本的にシングルスメインだったし、ダブルス出場する時も、適当…

  4. ダブルス

    ダブルスの試合で、前衛がドロップボレーから攻める方法

    今回は、シンプルな作戦を確認しましょう。相手のバックハンドにサ…

  5. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「とにかく速くて深いサーブ」は迷わずロブでの応戦に徹しよう

    試合でのロブの重要性について、何度か書いてきました。しかし実際…

  6. テニス

    ダブルス

    いつまでも「伸びきったポーチボレー」を打っているから、余裕も無いし決定力も出ない

    ダブルスの試合で、決定力が無いと感じているとなかなか前衛でも動けない。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 練習

    戦術

    「あの人に、これは通じない」って、何で勝手に決めつけるの?
  2. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合は、圧倒的に「ボールを打っていない」時間の方が長い
  3. テニス サーブ

    メンタル

    「いつも入っていたショットが、入らない」のなら、いつもが異常だったのかも知れない…
  4. リターン

    リターンダッシュでのプレッシャーのかけ方、が上手い人の共通点5つ
  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブで打つコースに悩んだら、「困ったときの○○」でラケットを振り切ろう!
PAGE TOP