ダブルス

前衛がポーチに動いても、「期待しない」ことが大事

ダブルスの試合で、自分が後衛でプレーしている時に。

良いタイミングで前衛がポーチに!ナイス!

でも、ちょっと待って下さい。

まだ何も決まっていないし、アナタ自身が喜ぶのが早すぎる。

こういう人は、最後に自分のところにボールが来て、ミスになる。

とにかく、後衛でプレーしている時には「疑っておく」くらいでちょうど良いでしょう。

 
 

「出たけど触れなかった」なんて、ざら

ですよね、試合では。

前衛が動いたけど、「やっぱお願い!」となるかも知れない。

もしかしたら、相手のショットがネットに当たってコードボールになるかも知れない。

そう、前衛が動いても油断出来ないのが試合です。

つい、後衛に立っていると「よし!やっと出たか!」と思ってしまうじゃないですか。

その感情を持った時点で、黄色信号。

そのまま簡単に前衛がポーチを決めてくれる、と思ったら大間違いです。



前衛が動いても、心は動かない

味方の前衛が動いても、冷静に。

チェンジするのか、それともクロスに触れなかったボールを、自分がカバーするのか。

とにかく、味方の前衛が動いた時点でサポート役に徹しましょう。

前衛が動いたけど触れない、ような場面はピンチですからね。

しっかり時間を確保しないといけない、ゲームメイクが求められます。

「なんだよ!決めろよ!」と怒っていても、何も始まらないですよ。

前衛をコントロールするのは、アナタ自身です。



「ちゃんと決めろよ!」と、態度に出したら・・・?

前衛は、どうなりますか?

「もう、邪魔しないよ・・・出ないよ・・・」となるだけ、じゃないですか。

しっかりカバーして、疑いながら気持ち良くプレーしてもらう。

これが、試合に勝てる後衛のスタンスです。

味方を信じつつ、でも疑っておく。

飛び出しても、触れないかもしれない、そうなったら自分がカバーするんだと。

こういう意識でプレー出来れば、後衛として前衛を活かすことが上手くなっていきます。



ミックスダブルスは、特に注意

よくあるのが、男性がポーチに動いて触れなかったケース。

女性の方が期待する気持ち、はすごく分かります。

でも、試合ですから何が起こるか分からないのがテニス。

ネットに当たってコードボールになったら、男性でも触るのが難しいでしょう。

ポーチに動いて、安心しない。

後衛として、しっかり後方から支援していく形、を貫きましょう。

   

つい、期待しちゃいますけどね。

前衛がポーチに出ても、決まるかもしれないし、決まらないかもしれない。

そもそも、触れないかもしれない・・・と、思っておいて損は無いです。

失敗しても動く前衛、であり続けてもらうために。

アナタに必要なのは、プレーで励ましてどんどん積極的に動いてもらうこと、でしょう。

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    本当に深い絆でつながったダブルスパートナーは、苦しい時にこそ支え合える

    良いときは良い。何をやっても楽しいし、上手くいっていれば雰囲気…

  2. ダブルス

    相手の前衛にぶつけても、ポーチは決まらない

    ダブルスの試合、コートにいる人数は多い?少ない?当然シングルス…

  3. テニス ボレー

    ダブルス

    2バックで粘るダブルスは、「深いセンターへのボレーとアングルボレー」を組み合わせて崩そう!

    私が学生時代に経験して、衝撃だったこと。それは、体育会テニス部…

  4. テニス 環境

    ダブルス

    「ダブルスを極めたい」ならぜひチェックしておきたい、テニスのベストマッチ動画5選

    テニスの試合、プロ選手のプレーを動画でチェックすることは効果的なイメー…

  5. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合では、後ろが見えない前衛に対して「上げる!」の一声は必須

    ダブルスの試合、どうしても厳しいボールはロブを使うことも良い選択。…

  6. テニス サーブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレイヤー相手には、「まず足元に打って前にチャージ」していけば、勝手にミス…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    アナタにとって、「バックハンドストロークの試合の中での位置づけ」は、ハッキリして…
  3. ストローク

    「ドロップショット病にかかったら・・・」テニスの試合で使えるにはいつものショット…
  4. テニス サーブ

    スマッシュ

    身体を後ろに傾けて打つスマッシュ、が実は9割
  5. ダブルス

    ダブルスの試合で知らないと恥ずかしい、「後衛の基本的な役割」について5つのポイン…
PAGE TOP