ダブルス

前衛がポーチに動いても、「期待しない」ことが大事

ダブルスの試合で、自分が後衛でプレーしている時に。

良いタイミングで前衛がポーチに!ナイス!

でも、ちょっと待って下さい。

まだ何も決まっていないし、アナタ自身が喜ぶのが早すぎる。

こういう人は、最後に自分のところにボールが来て、ミスになる。

とにかく、後衛でプレーしている時には「疑っておく」くらいでちょうど良いでしょう。

 
 

「出たけど触れなかった」なんて、ざら

ですよね、試合では。

前衛が動いたけど、「やっぱお願い!」となるかも知れない。

もしかしたら、相手のショットがネットに当たってコードボールになるかも知れない。

そう、前衛が動いても油断出来ないのが試合です。

つい、後衛に立っていると「よし!やっと出たか!」と思ってしまうじゃないですか。

その感情を持った時点で、黄色信号。

そのまま簡単に前衛がポーチを決めてくれる、と思ったら大間違いです。



前衛が動いても、心は動かない

味方の前衛が動いても、冷静に。

チェンジするのか、それともクロスに触れなかったボールを、自分がカバーするのか。

とにかく、味方の前衛が動いた時点でサポート役に徹しましょう。

前衛が動いたけど触れない、ような場面はピンチですからね。

しっかり時間を確保しないといけない、ゲームメイクが求められます。

「なんだよ!決めろよ!」と怒っていても、何も始まらないですよ。

前衛をコントロールするのは、アナタ自身です。



「ちゃんと決めろよ!」と、態度に出したら・・・?

前衛は、どうなりますか?

「もう、邪魔しないよ・・・出ないよ・・・」となるだけ、じゃないですか。

しっかりカバーして、疑いながら気持ち良くプレーしてもらう。

これが、試合に勝てる後衛のスタンスです。

味方を信じつつ、でも疑っておく。

飛び出しても、触れないかもしれない、そうなったら自分がカバーするんだと。

こういう意識でプレー出来れば、後衛として前衛を活かすことが上手くなっていきます。



ミックスダブルスは、特に注意

よくあるのが、男性がポーチに動いて触れなかったケース。

女性の方が期待する気持ち、はすごく分かります。

でも、試合ですから何が起こるか分からないのがテニス。

ネットに当たってコードボールになったら、男性でも触るのが難しいでしょう。

ポーチに動いて、安心しない。

後衛として、しっかり後方から支援していく形、を貫きましょう。

   

つい、期待しちゃいますけどね。

前衛がポーチに出ても、決まるかもしれないし、決まらないかもしれない。

そもそも、触れないかもしれない・・・と、思っておいて損は無いです。

失敗しても動く前衛、であり続けてもらうために。

アナタに必要なのは、プレーで励ましてどんどん積極的に動いてもらうこと、でしょう。

ピックアップ記事

  1. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスの試合では、コートの端にいてもボールは永遠に飛んで来ません

    ダブルスが強いペアは、2人の距離が近くポジションがセンターに集まってく…

  2. テニス ダブルス
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスのストレートアタックは、そのままボレー戦に持ち込むつもりで前に踏み込もう!

    ダブルスのストレートアタック、皆さん試合で実践出来てますか?「…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    「ダブルス、狙うのは弱い方の相手でホントにいいの?」テニスの試合で狙いを定めるには・・・?

    ダブルスの試合の時、相手ペアのどっちが強いかパートナーと一緒に見付ける…

  5. テニス 守備

    ダブルス

    「ダブルスで勝てないペア、選手が陥りがちな8の字ラリー症候群」アナタは大丈夫ですか?

    テニスを最初に始めたときに、4人でコートに立つとみんなでボールを回して…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    フットワーク

    アナタがチャンスを決められないのは、ポジショニングの問題です
  2. 戦術

    アナタの攻撃力を、今すぐアップさせる方法とは?
  3. フットワーク

    速いボールをボレー、スプリットステップのコツ
  4. テニス センス

    ダブルス

    自分の担当範囲を知らない前衛は、後衛を困らせてばかり
  5. テニス ボレー

    ボレー

    試合で使える「バックボレーの抑え」を効かせる5つのコツ
PAGE TOP