その他

「この程度で良いかな」と思った時点で、テニスの成長は止まる

何か大事な大会で、結果を出した時。

ずっと勝てなかった相手に、勝てた時。

その瞬間は、すごく嬉しいし、もちろん喜んで良い。

さぁ、あとは次の日からどうするか、です。

私たち一般プレイヤーは、卒業や引退という節目は無いですから。

「これで良いかな」と思った時点で、成長は止まってしまう。

厳しいようですが、これは私たち一般テニスプレイヤーの大きな壁であり課題だと思います。

 
 

まだまだ、上手くなりたい

私自身、この意識がすごく強いです。

まだまだ、この年齢だけど上手くなりたい。

実際に、上手くなっている部分も実感出来ます。

テニスだけじゃありません。

このサイトの記事だって、同じ。

まだまだ、上手く良い文章を書きたいし、試合に勝ちたいと思っているみなさんの力になりたい。

同じようなことばかり書いている、という反省を毎日繰り返しながら、それでもまだまだ良いアイデアが出て来る自信があるから、書き続けている。

まだまだ、まだまだ・・・なんだと。

そう思えることが、テニスの上達にも大事です。



このくらいで良い理由は、いくらでもある

長くテニスを続けていると、壁を感じますよね。

「もう、あの人には勝てないんじゃないか」

「結局、学生時代にしっかりやって来た相手には、勝てないのか・・・」

「もうA級に上がったし、上は無いかな・・・」

くさん、いくらでも理由は見つけることが出来る。

「このくらいで良いか」と思う自分を肯定したくなる、そこで一歩、グッとこらえることが出来るかどうか。

成長が感じられない時期は、苦しいことも多いと思います。

でも、歩みを止めないこと、が大事だと私は思いますよ。



結果が伴わない時期、は必ず来る

みなさんも、経験あると思います。

手応えはあるのに、実績が伴わない。

新しいことにチャレンジして、ミスが多く試合で負けばかり。

こういう時期に、「まぁ、頑張ったしな・・・」となるのが自然。

実際、みなさんはすごく自分を鼓舞して、頑張っているはず。

だからこそ、焦らないことです。

結果が伴わないということは、少なくとも何かが変わろうとしている証。

そこで折れてしまわないで、継続してみる。

自分のテニスが変わる前は、誰だって辛い時期を越えていくもの、ですから。

   

必ず、見てくれている人はいる

それは、テニスの神様か、もしくはコーチか。

アナタ自身のペアか、周りの仲間かもしれません。

「このくらいで良いか」と思わないで努力を続けている人は、必ず誰かが見ている。

そして、良い方向に風を吹かせてくれるんです。

逆に、「このくらいで良いか」と思っている人は、すぐに分かります。

自分に満足して、練習から気迫が足りないし、ミスが多い。

いつ会って練習しても、雰囲気が変わらないような人。

厳しいようですが、実際はこういう人がほとんどです。

だからこそ、私たちは意識を高く持っていかないとダメなんですね。



プロでも無いのに、ここまでストイックにやる必要ある?

と、思う方も多いでしょう。

でも、私たちはいつも「このくらいで良いか」の誘惑に晒されている。

その意識を持つだけで、成長速度は上がりますよ。

今年も残り、あとわずか。

来年に向けて、自分がどうなりたいのかもう一度、考えてみましょう。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス サイト

    その他

    テニス選手なら、「良いイメージの自分の動画」は常にスマートフォンに入れておこう!

    試合前の緊張した場面、皆さんはどう過ごしていますか?私は前日、…

  2. テニス メンタル

    その他

    テニスノートが面倒くさい、そんな人にはこのやり方で

    「テニスノートを書きたいんですが、続かなくて・・・」というみなさん。…

  3. テニス 雪

    その他

    テニスにおいて、「自分はこういうプレースタイル」と決めつけてしまうのは、本当に怖いことです

    アナタは自分のプレースタイル、どう思っていますか?どう思うか・…

  4. その他

    「選手にとって嬉しい存在」試合に勝てる選手を育むテニスコーチという存在について

    高校に入学してからテニスを始めた。で、高校2年生の夏休み、テニ…

  5. テニス 前衛

    その他

    日々「背筋を伸ばして歩く」だけで、アナタのテニス選手としての格は変わる

    テニス選手、強い選手は歩いているだけでもオーラがある。テニスだ…

  6. テニス スマッシュ

    その他

    思考に身体が付いていかないときは、一旦思考を止めてみる勇気も大事

    試合中に、何かを考え過ぎて上手くいかなくなること。テニスの試合…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックハンドを極めたいなら、パッシングショットは避けて通れない
  2. メンタル

    コンプレックスしか、本物のエネルギーには成り得ない
  3. ボレー

    浮いた!と思っても、諦めないことで何かが起きる
  4. ストローク

    対ネットプレイヤー向けのストローク、裏技があります
  5. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサービスゲームで、0-40 のピンチ!のときには・・・?
PAGE TOP