練習メニュー

練習や試合で、ラスト10分のパフォーマンスを上げよう

これ、みなさんぜひ意識してみて下さい。

疲れたとき、苦しいとき、相手の手の内が分かった後。

そこから、どういうプレーが出来るのか、がテニスでは大事。

試合に勝ちたいなら、最後のひと踏ん張り。

これが出来れば、勝機は見出せます。

 
 

疲れて来てからが、本当の勝負

テニスの試合、まさにそうじゃないですか。

1セットマッチの試合でも、何試合か勝ち上がった後の試合でも、同じ。

試合の後半、本当の勝負どころでしっかり戦えるかどうか、が大事なんです。

「疲れたし、もう良いか・・・」となる人は、普通の人。

だから勝てないし、シード選手の椅子を奪えない。

最後、ラスト10分。

ここで、良いプレーが出来るかどうか、をぜひ意識してみて下さい。

全ては、練習から

変えていきましょう、全て。

あと少しで、練習が終わるというまさにその時。

自分にエンジンをかけて、闘志を燃やす。

しっかりと、最高のプレーを練習の最後に、締めとして出来るように。

何となくダラダラと終わる練習、レッスンって多くないですか?

それでは、ただの作業ですよ。

せっかく疲労度も溜まって、精神も研ぎ澄まされているような場面。

試合を想定して、最後しっかり上げていきましょう!

最後の最後は、アグレッシブに

私は、これを意識しています。

最後の10分、試合ならタイブレークのような場面でしょうか。

アグレッシブに、やり切る。

ダブルスならポーチに出る、しっかり前に出て勝負をかける。

つい、守りに入りがちですからね、競ったゲームの最後の方は。

精度の高いプレー、とはつまりアグレッシブにいくプレー、だと私は考えています。

こういう小さい覚悟、準備で試合結果は変わる。

そう思いませんか?

接戦に強い自分、を作っていこう

こうやって、ラストの10分を強化していく。

強化していけば、自然と接戦に強いと思えるようになるんですよ。

ラスト10分、ここで自分は頑張れるんだと。

試合でも練習でも、そういう癖が身に付いていることが強みになります。

もう、習慣というか、癖みたいなもの、ですから。

寝る前に歯を磨くように、試合が終わる前に手中力を高める。

簡単なことじゃない?だからこそ、練習からの意識が大事なんです。

   

お勧めの練習法

最後の10分、のプレーを記録する。

テニススクールのレッスンなら、ゲーム形式ですかね。

仲間とコートを取って練習するときも、最後の10分は自分がどんなプレーだったのか。

しっかり、記録してみると面白いですよ。

自分が伸びていく、のも確認出来ますからね。

テニスノート、に数行書いておくだけでも違うと思います。



試合の序盤も大事、後半も大事・・・って、全部じゃん!と思いますよね。

両方大事ですが、より集中力が問われるのは試合の終盤、ラスト10分でしょう。

相手も気力充分、お互いに情報を持った状態での真剣勝負ですからね。

その中で勝ち切った時の喜び、たまりませんから。

普段の練習から、ラスト10分!

自分で声掛けしていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    練習メニュー

    両手バックハンドストロークを安定させるのに、効果的な「変則ショートラリー」練習とは?

    バックハンドストローク、両手で打っている方はもっとパワーが欲しい。…

  2. テニス 練習

    練習メニュー

    「テニスの個人練習って、どうやれば良いの?」と困っている方に

    テニスは個人スポーツ、でもなかなか個人での練習は難しい。近くに…

  3. テニス ストローク

    練習メニュー

    相手の攻撃をしのいで粘る、シングルスの基本練習メニュー

    シングルスの試合で求められる、丁寧な攻撃とそれを凌ぐボール。走…

  4. テニス 練習

    練習メニュー

    普段の練習で「尻取りショートラリー」をやってみよう!テニスの試合で視野が広がります

    今回は、普段の練習で簡単にできて、しかもテニスコート以外でも小さいスペ…

  5. テニス 練習

    練習メニュー

    練習すればするほど・・・テニスは下手になる!?

    テニスの練習、毎日の方もいれば、週1回、月1回という方も多いでしょう。…

  6. テニス ミス

    練習メニュー

    「ノーミス」の掛け声を、練習中に自分からかけていこう

    試合でミスが多い、自滅していく試合が多いと感じているみなさん。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 言葉

    ボレー

    相手にバックボレーを打たせる戦術、は基本中の基本
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスのストレートリターンは、精度よりもタイミングと駆け引き重視で
  3. テニス 前衛

    ロブ

    ロブが上手い人は、相手の反応を見るのが上手いんです
  4. テニス メンタル

    ストローク

    バックハンドストロークのラリーから攻撃する、「ダウンザラインへの展開」を磨いて試…
  5. テニス スマッシュ

    メンタル

    テニスの試合では、ポイントイメージが固まるまでポジションにはつかないこと
PAGE TOP