練習メニュー

練習や試合で、ラスト10分のパフォーマンスを上げよう

これ、みなさんぜひ意識してみて下さい。

疲れたとき、苦しいとき、相手の手の内が分かった後。

そこから、どういうプレーが出来るのか、がテニスでは大事。

試合に勝ちたいなら、最後のひと踏ん張り。

これが出来れば、勝機は見出せます。

 
 

疲れて来てからが、本当の勝負

テニスの試合、まさにそうじゃないですか。

1セットマッチの試合でも、何試合か勝ち上がった後の試合でも、同じ。

試合の後半、本当の勝負どころでしっかり戦えるかどうか、が大事なんです。

「疲れたし、もう良いか・・・」となる人は、普通の人。

だから勝てないし、シード選手の椅子を奪えない。

最後、ラスト10分。

ここで、良いプレーが出来るかどうか、をぜひ意識してみて下さい。

全ては、練習から

変えていきましょう、全て。

あと少しで、練習が終わるというまさにその時。

自分にエンジンをかけて、闘志を燃やす。

しっかりと、最高のプレーを練習の最後に、締めとして出来るように。

何となくダラダラと終わる練習、レッスンって多くないですか?

それでは、ただの作業ですよ。

せっかく疲労度も溜まって、精神も研ぎ澄まされているような場面。

試合を想定して、最後しっかり上げていきましょう!

最後の最後は、アグレッシブに

私は、これを意識しています。

最後の10分、試合ならタイブレークのような場面でしょうか。

アグレッシブに、やり切る。

ダブルスならポーチに出る、しっかり前に出て勝負をかける。

つい、守りに入りがちですからね、競ったゲームの最後の方は。

精度の高いプレー、とはつまりアグレッシブにいくプレー、だと私は考えています。

こういう小さい覚悟、準備で試合結果は変わる。

そう思いませんか?

接戦に強い自分、を作っていこう

こうやって、ラストの10分を強化していく。

強化していけば、自然と接戦に強いと思えるようになるんですよ。

ラスト10分、ここで自分は頑張れるんだと。

試合でも練習でも、そういう癖が身に付いていることが強みになります。

もう、習慣というか、癖みたいなもの、ですから。

寝る前に歯を磨くように、試合が終わる前に手中力を高める。

簡単なことじゃない?だからこそ、練習からの意識が大事なんです。

   

お勧めの練習法

最後の10分、のプレーを記録する。

テニススクールのレッスンなら、ゲーム形式ですかね。

仲間とコートを取って練習するときも、最後の10分は自分がどんなプレーだったのか。

しっかり、記録してみると面白いですよ。

自分が伸びていく、のも確認出来ますからね。

テニスノート、に数行書いておくだけでも違うと思います。



試合の序盤も大事、後半も大事・・・って、全部じゃん!と思いますよね。

両方大事ですが、より集中力が問われるのは試合の終盤、ラスト10分でしょう。

相手も気力充分、お互いに情報を持った状態での真剣勝負ですからね。

その中で勝ち切った時の喜び、たまりませんから。

普段の練習から、ラスト10分!

自分で声掛けしていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    「練習中、新しい事にトライしてる?」練習環境を見直すとテニスはもっと強くなる!

    都内の中学校へボランティア部活レッスンで行ってきた。一日、子供…

  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    練習から、「負けたまま」で終わる癖を付けないようにすることが大事

    テニスの試合って、ポイントの奪い合い。どっちかが取れば、次に取…

  3. テニス 駆け引き

    練習メニュー

    チームの練習で、「駆け引きを磨く練習メニュー」を実践したい人は、球出し側に選択肢を与えてみよう

    球出しからのラリー練習、皆さんでも実践している方は多いと思います。…

  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスでも何でも、「分かったつもり」が成長を止める

    つい、私たちは何でも理解したつもりになってしまう。でも、それが…

  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    毎日のテニスの練習で1つで良いから、「新しい気付き」を持つ癖を身に付けよう

    練習を自分の中で、習慣化してしまう。これはとても、怖いこと。…

  6. 練習メニュー

    テニスの試合では、「攻撃しながらでも相手の反撃に備える」心の準備が大事です

    テニスの攻守は、切り替えが激しい。そもそもサッカーやバスケのよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ハードコート

    練習メニュー

    テニスで結果を出したければ、周りよりも一つ上の目線を
  2. 練習メニュー

    「初心者にまず何を教えよう??」最初のテニスの練習に、実は最適なアノ練習メニュー…
  3. テニス アクセス

    その他

    2017年2月 アクセスが多かった記事ランキング TOP10
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「前衛が触った瞬間にペースアップする」ことを頭に入れ…
  5. テニス ボレー

    メンタル

    テニスの試合で、必要以上に「相手に触られること」を怖がり過ぎてない?
PAGE TOP