テニス リターン

ボレー

ダブルスで「アングルボレーが打てる」ようになると、セオリーとは違う戦術でポイントが獲れる!

「まずい、打たれる!」と思って態勢を低くし、捕球できる準備をしても「自分がケアしていないコース」に打たれてしまう・・・。

強い対戦相手と試合をすると、そんなポイントが多くありませんか?

セオリー通りにセンターを塞いだりしているだけでは、強いペアの攻撃を逃れることはできません。

彼らは、常にセオリーとは別の道、ショットを持って準備しているのです。

そう、「アングルボレー」という名の武器を持って。

 

ダブルスで「アングルボレーが打てる」ようになると、セオリーとは違う戦術でポイントが獲れる!

 


 

■アングルボレーは上級者の技術?

アングルボレーで華麗にネットで決めることができると、ダブルスでも「上手いな・・・」と感じますよね。

どうしても上級者でしかできない技術のようなイメージがありますが、コツをつかめば初中級の方でも打てるようになります。

大切なのは、打ち方よりもその必要性をアナタ自身が感じること。

相手が守備的に構えているのが見えていれば、試合ではそれを外す別な選択をする必要があります。

その道が、アングルボレーという技術なのです。

 

■ポーチに出て逆クロスしか打てない前衛は、上のレベルでは通用しない

よくダブルスの試合でポーチに出て、逆クロスにキレイなボレーを打ち込む。

でも相手の前衛にキャッチされて、逆にロブで抜かれたり反撃に遭う・・・というケースも、よく見受けられます。

その原因は何でしょうか。

まず打ってくるコースが、完全に限られているということ。

相手が予測して待ちかまえていれば、テニスの技術がある人であればタイミングを合わせて返球できます。

そこでアングルボレー、つまりはクロス側へのショットがあれば、相手がケアしている逆を突くことができ、ポイントが決まりやすいのです。

 

■つなぎのハイボレーでもアングルボレーは必要です

ダブルスの並行陣で、弱点となりがちなのが上の展開。

深いロブが来て、ハイボレーのカットでしのぐ展開も並行陣には不可欠です。

この「つなぎ」のボールは、テニスで上のレベルの試合になると狙われやすいので注意が必要です。

ハイボレーでもボールの横をスライス回転で捕えて、相手のポーチをかわせるアングルボレーの技術が求められます。

攻撃的な華やかなイメージが強いアングルボレーですが、守備のときにも効果を発揮します。

つまりは、あれば良い技術ではなく、勝つ為には必要な技術、ということで理解して下さい。

 

「実際に、打つのが難しい・・・」と感じている方に、一つだけコツを。

とにかく打つ方向を見ない、自分の背中の方向に向かって打つくらいの感覚で、手首で角度を作ってみて下さい。

つまりは、打ちたい方向に、背中を向ける。

だからこそ、テニスの試合で相手はそのコースを読み辛く、反対のコースをケアしてしまうのです。

この「演技力」もとても大切な要素。

練習では、「ちょっとやり過ぎかな・・・」というくらいで、丁度良いでしょう。

 

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス ロブ

    ボレー

    相手のストロークが強打の場面なら、ブロックボレーの準備を

    良いボレーって、どんなボレーか。私は、強烈な強打のボレーではな…

  2. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの基本、「ラケットのセットを、打点少し上に早く」が出来れば、試合でも楽に打つコースを隠せます

    ストロークではコースを打ち分けられるのに、ボレーではなかなか狙ったとこ…

  3. テニス 打点

    ボレー

    テニスはいつも、「ラケット面真ん中に当たるのが一番」だと考えている人は、永遠に中級者止まりです

    「当たり前」だと思っていること、意外とテニスでも多い。私は高校…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    「バックのハイボレーはもどかしい」テニスで難しい技術はどうマスターすれば良い?

    相手にバックのハイボレーを打たせて、そこから崩して行く・・・。…

  5. テニス

    ボレー

    テニスのネットプレーでは「手首の角度は変えない」のが基本!改めて意識したいポイントとは?

    ボレーが上手くコントロールできない人は、手首をしっかり固められていない…

  6. テニス スマッシュ

    ボレー

    「前のめりなボレーでの打ち終わり」は、隙だらけ

    「決まった!」と思ったら、返球されて慌ててしまう。この繰り返し…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの後衛で大きく外に走らされたら、「ストレートアタック風トップスピンロブ」…
  2. テニス リターン

    ストローク

    風が強い日の必殺技、はコレに限る
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーで速い反応を求めるなら、「打つというより引く」という感覚に変えること…
  4. ボレー

    ネットに詰めたら、上段の構えが基本
  5. テニス シングルス

    その他

    テニスの試合で「打つコースがバレバレ」になってしまう人の特徴4つ
PAGE TOP