テニス ダブルス

メンタル

今すぐテニス選手としてのメンタルを強くする方法

自分はメンタルが弱い、と感じているみなさん。

結論、大丈夫です。

そもそも、最初から強い気持ちで戦える人なんて、ほとんどいません。

みんな苦しみながら、悔しい想いをして強くなってきたんです。

でも、その強くなる期間を短くすること、は工夫次第。

私がお勧めするのは、この方法です。

 

今すぐテニス選手としてのメンタルを強くする方法

 


 

1.小さいガッツポーズは、メンタルを変えていく

試合の中で、小さいガッツポーズを作る。

これを、やるだけです。

「何だそれ?それだけ?」と思った方が、ほとんどでしょう。

でも、これだけです。

自分のイメージ通りのポイントが取れた時、または大事なポイントを取った時。

小さくガッツポーズを作って、次のポイントに入っていく。

これだけで、私は勝者のメンタルが養えると信じていますし、実際にアドバイスして効果大だった人も多いです。

やってみないと、この価値は分からないですよ。

 

2.ガッツポーズは、自分に向けて小さく

これが、キーワードです。

よくある学生や若い選手が、吠えながら相手に向けてやるのとは違う。

控えめに、小さく、自分に向けてこぶしを握る。

これで、何が生まれるのか。

「大丈夫、自分は上手くいっている」と、自分に言い聞かせることが出来るんです。

思っているだけ、だとダメ。

形にして、小さくアクションに起こすこと、が大事なんです。

 

3.誰も励ましてくれる人なんて、いない

コート上では、一人です。

シングルスはもちろん、ダブルスだってそうですよ。

パートナーはいるけど、実際にボールを打つのは自分一人ですから。

落ち込んでも、自分で立ち直らないといけない。

ポイントを取ったら、何かを変えるような行動を取っていかないと。

自分で自分を鼓舞出来ない人は、大事な試合で勝ち上がれない。

周囲に対しても、勝ちたい意志が伝わらないから応援もしてもらえない。

少しの恥ずかしい気持ち、は乗り越えていきましょう。

私は学生じゃない、社会人やベテランの方ほど、この小さいガッツポーズの持つ意味は大きいと思いますよ。

 



 

4.メンタルは行動でしか変えられない

行動が変われば思考が変わり、メンタルは変わります。

考え方も前向きになるし、試合でも折れない心が身に付く。

でも、この行動から入るのが、大人になるとなかなか出来ないんです。

だからこそ、チャンスがあると私は思いますよ。

本当に勝ちたいと思っている人は、試合で結果を出す。

勝ちたいと思っている人は、小さなプライドは捨てて行動から入れますからね。

みなさんも、まだまだテニス選手としてはこれから、です。

今日という日が人生で一番若いんですから、何かを始めるなら今日、しかないでしょう。

練習から小さいガッツポーズ、作って良いと私は思いますよ。

 

5.お勧めの練習法は?

「そんなの、無いでしょ」と思いますか?

あります。

簡単です、鏡の前で小さくガッツポーズを作ってみて下さい。

そのアナタ自身の姿を見て、自分でどう感じるのか。

「応援したいな」と感じることが出来れば、きっと大成功。

試合でも使えるようになるし、メンタル強化に効果大です。

「何だか、似合わないな」と感じたら、まだアナタ自身、勝利に対する飢えが無いのかも知れません。

周りからどう見られるのか、ばかり気にしている自分がどこかにいるはず。

試合で勝ちたいなら、その殻を破らないとずっと同じまま、ですよ。

 

試合で自分を盛り上げる人、は強い。

自然と周りも応援したくなるし、結果的に勝者になる。

私はそのパワーを作り出す一番簡単な手段が、この小さなガッツポーズだと思っています。

試合前に、鏡の前でやってみて下さい。

自分で自分を応援する。

これは、試合に出るテニス選手として基本中の基本、ですよ。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. 「第3回 読者ミーティング」を開催します
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス 戦術

    メンタル

    テニスの試合はリードを奪うのは簡単だけど、「リードを守るのは難しい」のはなぜなのか?

    テニスの試合、誰でもまくられた経験はあるはず。リードしていても…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    際どい判定でリズムやメンタルが崩れるテニス選手は、上に勝ち上がれない典型例

    試合でこういう場面、から崩れていく人多いですよね。プロの試合で…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    対戦相手に名前負けしてしまうのは、結局「自分が可愛くて、守りたい」から

    「負けても仕方ない」と、試合中に思ってしまう。それって、テニス…

  4. テニス 試合

    メンタル

    これで良いと思った時点で、テニスの成長は止まる

    誰しも試合に出ている人は、どこかで「認められたい」と思っている。…

  5. テニス スポーツ

    メンタル

    「自分は運動神経が悪い・・・」と思っている人でも、テニスは上手くなれると思う理由4つ

    テニスに運動神経、って必要だと思いますか?運動神経って聞くとす…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「自分はテニスが下手」という言葉は、謙遜でも口にしたり文章に書いてはいけない

    テニスの実力、皆さんは自分で自分をどう感じているのか。もちろん…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    フラットサーブに必要な、リストワーク4つ
  2. ストローク

    勝負どころで、1球多く返すのに必要な意識とは?
  3. ボレー

    軸足が前に出ていくボレーは、試合で相当使える!
  4. テニス メモ

    テニススクール

    今さら聞けない、テニススクールで使う12の専門用語
  5. その他

    「秘訣はニュートラルグリップ」テニスの試合で幅のあるプレーをする為に
PAGE TOP