テニス ボレー

ストローク

フォアハンドで、ウィナーを取るテニスにするために

ストロークで攻撃的に、ウィナーを取る。

特にフォアハンドでしっかり打っていけると、試合でも自信になりますよね。

その為に必要なコツ、シンプルに考えてみましょう。

判断力と決断力、を磨けば大丈夫。

今のアナタ自身のフォアハンドストロークでも、ウィナーは取れます。

 

フォアハンドで、ウィナーを取るテニスにするために

 


 

1.ウィナーは、コントロールショットで

しっかり、まずこの意識が大事。

力で押し込んでも、相手は下がって返球して来ます。

ラケットに当たりさえすれば、しっかり返って来る。

当然、この備えは大事ですね。

強打は必要ないですが、コントロールしてラケットに触らせない、真ん中ははずす。

そのために、フォアハンドのストロークで必要なことは何か。

私は「打点を決める」ことが大事だと思います。

 

2.どの高さで打つ?

相手のボールを見て、瞬時に判断する。

当然、高い方が良い、ミスが減るし攻撃的に打てる。

でも、実はこの打点を直前まで決めかねて、優柔不断になっている人が多い。

フォアハンドで打てれば、それで何となく満足してるんですよね。

前に入れば高い打点で打てるのに、落として攻撃していこうとしている。

結果的にネットより低い位置で打って、アウトやネット。

打点が定まっていないから、自分のショットにも迷いがある。

このことに気付かないと、ずっと試合では勝てないですよ。

 

3.なぜ、ウィナーになるのか?

と言えば、振り切れているから。

なぜ振り切れているかと言えば、打点が決まっているから。

振り切れない人は、様子を見ながら振っている感じがあります。

自分の中で、打点を探りながら打っている。

フォアハンドなのに、気持ち悪そうに打っているような人が多い。

ウィナーを取るテニスにしたければ、素早く打点を決めて、迷いなく振ること。

これが大事、です。

 

4.自分の中で、ベストな高さはどこか?

私なら、腰から肩の間です。

ここで打ちたい。

出来れば、肩くらいの高さだと最高。

ここの高さで打てるかどうか、の判断を素早く行う。

実は、ウィナーを取っていくのに必要な判断力はそれだけ。

この軸があるから、前に入るのか、それとも下がるのか、左右に動いてスピンなのか、スライスなのかが決まる。

自分で判断出来るようになる。

テニスは、打てる場所に動くだけじゃダメ。

そこから良いボールが打てるかどうか、が大事ですからね。

 

良い打点で打てている内は、そんなに負けません。

自分の中で迷いがある人は、打点の選択、取得に貪欲になりましょう。

迷いがあるから、フォアハンドが振れなくなるだけ。

打点は自ら奪いにいく、動いて得ること、しか道は有りません。

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合で「ドロップショットの名手」に負けない為に

    シングルスの試合、私はもしかしたらこんなタイプの選手だったかも知れない…

  2. テニス スライス

    ストローク

    シングルスの試合こそ、「ロブの技術には精度」が求められる、その理由とは?

    シングルスの試合、強い選手の特徴って、どんな部分が目立ちますか?…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    ダウンザラインのストローク、シュート回転してない?

    まっすぐ、縦のラインに添ってストロークを打つ。テニスで、これが…

  4. テニス ボレー

    ストローク

    いつもストロークで「何となくスライス回転になっているショット」を、今年は卒業したい方へ

    女性の社会人、ベテランプレイヤーの方にはストロークをスライス気味に打つ…

  5. ストローク

    打点が遅れたと感じたら、前ではなく上方向に振り抜こう!

    ストロークの打ち合いで、相手から押されて打点が遅れる。格上相手…

  6. テニス ロブ

    ストローク

    「女性の方、必見」テニスの試合で、男性相手の回転系ボールの返し方5つ

    試合で男女が打ち合う、ミックスダブルスのような試合。ここで女性…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    勘違いしている方が多いですが、「テニスはラリーを続けることが目的」のスポーツでは…
  2. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュの攻撃力をアップしたいなら、「スマッシュを打つ機会」をどんどん増やす意…
  3. スマッシュ

    「絶対入る!」と思って、スマッシュを打つこと
  4. テニス ボレー

    ボレー

    頭が突っ込んだボレーになったときには・・・?
  5. テニス メンタル

    その他

    試合会場で気になる、「テニス界で応援時に気を付けたいマナー」について考えてみる
PAGE TOP