テニス 攻撃

ダブルス

浅いストロークこそ、実はポーチのチャンス

ダブルスの試合で、雁行陣同士の戦い。

後衛がストロークで打ち合っている中で、相手のボールが浅い!と感じたら。

普通は、ストレートを警戒して前衛は守りを固めますよね。

浅いボール=相手のチャンス・・・本当に、そうですか?

 

浅いストロークこそ、実はポーチのチャンス

1.浅いボールは、相手のチャンス?

確かに、普通はそうです。

テニスは、ネットに近い位置から打てる方が、強打出来るし決まりやすい。

相手コートまで距離が短いですから、相手は構えて守備を意識します。

でも・・・私はここで、あえて前衛として動きたい。

クロスへのボールを予測して、思い切って動く。

これが、ダブルスの試合なら有効だと思うんです。

 

2.そのままストレートに打たせて、良いの?

もし守備を固めても、どうでしょう。

ストロークが得意な相手なら、守ると言ってもかなり厳しいと思うんですよね。

浅いボールにピンチ、になって守る、のは当たり前。

だから相手も慣れているし、強い相手なら粘ることも難しい。

だったら、攻めましょうよ。

もし仮にストレートを守るにしても、ネットに詰めて逆襲を狙う。

ケアじゃなくて、こっちもポーチ。

この意識、が試合では大事です。

 

3.浅いボールは、相手が良く見える

なぜこの作戦が出来るかと言えば、相手が良く見えるから。

浅いボールはネットに近いですから、相手のストロークのラケット面がすごく良く見える。

だから、前衛としては動きやすいんです。

もちろん、速いボールは怖いですよ。

でも、例えば打点が低かったりすれば、その軌道は上方向。

打ち込まれる、という感じではないでしょうから、大丈夫。

近い方が反応しやすい、と思っておくと試合でも楽です。

 



 

4.一番まずいのは・・・?

2人で、ズルズルと引いてしまうこと。

相手のチャンスに、ポジションを下げてしまうことなんです。

一見これは守備で有効そうに見えますが、守れる範囲は狭くなる。

ただ、怖いだけなんです、相手のボールが。

相手はすごく、打ちやすいですよ。

浅いボールで相手がストローク、くらいだったら思い切って前に入るのもあり。

スマッシュなら、さすがに危ないので下がりますけどね。

相手が嫌な作戦、戦術、意識して実践していきましょう!

 

守備は下がる、という意識は危ない。

それって、自分が逃げたいだけですから。

本当にポイントを取りたい、諦めないなら、実はポーチに出る作戦もダブルスでは有り。

こういう形でポイントが取れると、ペアとしても乗っていけますからね。

ぜひ、意識して準備してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    そもそもダブルスの前衛に必要なモノって、何だろう?

    よく頂くご相談の中に、「前衛の心構えって、何ですか?」というご質問を頂…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、もし「自分の身体が反応」してしまったら、もう動いてしまおう

    ダブルスの試合で、例えば・・・打ち合わせしていないポーチに、つい身体が…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    2人の攻撃の息を合わせていくだけで、「ダブルスの攻撃力」はワンランクアップする

    ダブルスの試合、コンビネーション良く攻撃していくために。必要な…

  4. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの試合で相手のリターンを崩していくには?

    ダブルスの試合、前衛の仕事って・・・何でしょう?ボレーでポイン…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルス脳を持っているテニス選手は、「何事にも自分が全て影響している」ことを理解している

    「ダブルスが上手い」と呼ばれる選手は、他の選手と何が違うのか。…

  6. ダブルス

    ポーチに出ないと発生する、ダブルスでのデメリット5つ

    ダブルスの前衛は、動きましょう!これが、私からずっと発し続け…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 打点

    リターン

    ダブルスで無理矢理なストレートリターンより、「スライスのチップ&チャージ…
  2. テニス 序盤

    ストローク

    試合で緊張してプレーが堅くなる人は、「ネットミスから減らすこと」に最善を尽くそう…
  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスで「自分より格下相手との試合の機会」を、しっかり作れていますか?
  4. テニス ミス

    リターン

    リターンをストレートに、打てない人が多過ぎる
  5. テニス 守備

    戦術

    速い球を速い球で返す、のは意外と簡単なのがテニス
PAGE TOP