テニス ポジショニング

シングルス

シングルスで絶対絶命のピンチ!の場面では・・・どうする?

相手のストロークで左右に振られる、追い付くのがやっとな場面。

もうスライスで触るストロークがやっと・・・な時に、何を考えるのか。

絶対絶命のような場面で、私がいつも考えていること。

それはすごく、シンプルな作戦です。

 

シングルスで絶対絶命のピンチ!の場面では・・・どうする?

 


 

1.グランドスマッシュ、を打たせよう!

相手に、打たせましょう。

左右に走らされて、もうどうしようもない・・・と思ったら。

高く、高いロブを上げる。

フラット気味でも良い、とにかく相手コートのど真ん中、を狙います。

多少浅くてもOK、ポイントは、高く高く上げること。

屋外のコートなら、これが打てますよね。

そういうボールは、相手も一旦落として、グランドスマッシュになるはず。

これを打たせると・・・何かが起きるんですよ、シングルスでは。

 

2.簡単なようで、難しい!

まず、グランドスマッシュは簡単ではありません。

バウンドしたボールは少し変化していますし、何より相手は下がって待っている。

打つ前に相手が良く見える、じゃないですか。

それに、意外とグランドスマッシュって高い打点で打てないんですよね。

オムニコートやクレーコートなら、コート自体の反発力は低いですから、意外と身長の高い人ほど打つのが苦しくなる。

これを狙って、返球してみる。

相手コートのど真ん中、に落とすイメージで何とか返す。

この意識、が大事です。

 

3.振られる前から、このイメージで良い

相手が打ってから、ではダメ。

打つ前に、「もうこっちに厳しく来たら、ロブだな・・・」と、決めておく。

そうすると、グリップも準備して待てる、走れる。

この決断があれば、相手からグランドスマッシュでミスを誘えるんです。

決断が無い人は、きっとボールを追うことすら、出来ないでしょう。

シングルスの試合は、コートの上に自分一人。

だからこそ、絶対絶命の場面は来るし、自分で対応しないといけない。

このことは、練習から意識しておきましょう。

 

4.結果的に、相手に決められたとしてもOK!

相手のナイスなグランドスマッシュで終わる、失点する。

これは、大歓迎でいきましょう。

だって、最後まで相手に触らせて、苦しめた訳ですから。

次からは、きっともっと厳しいところを狙って、ストロークの段階でのミスが増えるでしょう。

グランドスマッシュで決める、だけどその前のアナタ自身の粘りの方が、強く印象に残るはずです。

シングルスの試合では、こういう粘りが相手に効いてくる。

グランドスマッシュを打たせる、1本でも多く返す。

この意識が、最後に勝利を呼び寄せます。

 

絶対絶命、で高いボールを使う。

これ、意外と出来ない方が多いです。

無理して打ったり、諦めたり・・・それって、相手を楽にさせるだけですよ。

自分がやられたら、嫌なこと。

簡単そうで、難しいショット。

テニスでは、これをとことん、相手にやらせましょう!

ピックアップ記事

  1. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. シングルス

    深いコース、の後に同じコースに浅く!

    シングルスの試合で、使える攻撃パターン。錦織選手も、この形でよ…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスのラリー戦では、「チャンスを引き出すボール」を自分の武器として磨いていこう!

    シングルスの試合で、アナタの武器は何ですか?フォアハンド?ネッ…

  3. シングルス

    テニスの試合では、「前のスペースを潰す」ことにもっと神経質になろう

    テニスの試合では、意外と見落とされているけど大事な要素がある。…

  4. テニス フットワーク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で「乗り越えなければいけない」5つの試練

    シングルスの試合、最近出てますか?私も30歳を過ぎたころから、…

  5. テニス シングルス
  6. テニス 準備

    シングルス

    シングルスでのパッシングショット、クロスが基本

    シングルスの試合、私たちの試合ではネットに出る機会・・・どの程度あるで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「発想の整理」だけで、人は自信が持てるようになるはず
  2. テニス ボレー

    フットワーク

    フェイントは大事だけど、それだけでは「本物のプレッシャー」になり得ない
  3. ストローク

    「平凡ショットでパッシング」が打てるようにテニスの試合では早めの準備で相手にアピ…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    独創的で自分勝手でも、「テニス選手としてなら生きていける」は大きな勘違い
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「入ればOK」のサーブから、試合で勝てるサーブへのステップアップ術4つ
PAGE TOP