テニス ポジショニング

シングルス

シングルスで絶対絶命のピンチ!の場面では・・・どうする?

相手のストロークで左右に振られる、追い付くのがやっとな場面。

もうスライスで触るストロークがやっと・・・な時に、何を考えるのか。

絶対絶命のような場面で、私がいつも考えていること。

それはすごく、シンプルな作戦です。

 

シングルスで絶対絶命のピンチ!の場面では・・・どうする?

 


 

1.グランドスマッシュ、を打たせよう!

相手に、打たせましょう。

左右に走らされて、もうどうしようもない・・・と思ったら。

高く、高いロブを上げる。

フラット気味でも良い、とにかく相手コートのど真ん中、を狙います。

多少浅くてもOK、ポイントは、高く高く上げること。

屋外のコートなら、これが打てますよね。

そういうボールは、相手も一旦落として、グランドスマッシュになるはず。

これを打たせると・・・何かが起きるんですよ、シングルスでは。

 

2.簡単なようで、難しい!

まず、グランドスマッシュは簡単ではありません。

バウンドしたボールは少し変化していますし、何より相手は下がって待っている。

打つ前に相手が良く見える、じゃないですか。

それに、意外とグランドスマッシュって高い打点で打てないんですよね。

オムニコートやクレーコートなら、コート自体の反発力は低いですから、意外と身長の高い人ほど打つのが苦しくなる。

これを狙って、返球してみる。

相手コートのど真ん中、に落とすイメージで何とか返す。

この意識、が大事です。

 

3.振られる前から、このイメージで良い

相手が打ってから、ではダメ。

打つ前に、「もうこっちに厳しく来たら、ロブだな・・・」と、決めておく。

そうすると、グリップも準備して待てる、走れる。

この決断があれば、相手からグランドスマッシュでミスを誘えるんです。

決断が無い人は、きっとボールを追うことすら、出来ないでしょう。

シングルスの試合は、コートの上に自分一人。

だからこそ、絶対絶命の場面は来るし、自分で対応しないといけない。

このことは、練習から意識しておきましょう。

 

4.結果的に、相手に決められたとしてもOK!

相手のナイスなグランドスマッシュで終わる、失点する。

これは、大歓迎でいきましょう。

だって、最後まで相手に触らせて、苦しめた訳ですから。

次からは、きっともっと厳しいところを狙って、ストロークの段階でのミスが増えるでしょう。

グランドスマッシュで決める、だけどその前のアナタ自身の粘りの方が、強く印象に残るはずです。

シングルスの試合では、こういう粘りが相手に効いてくる。

グランドスマッシュを打たせる、1本でも多く返す。

この意識が、最後に勝利を呼び寄せます。

 

絶対絶命、で高いボールを使う。

これ、意外と出来ない方が多いです。

無理して打ったり、諦めたり・・・それって、相手を楽にさせるだけですよ。

自分がやられたら、嫌なこと。

簡単そうで、難しいショット。

テニスでは、これをとことん、相手にやらせましょう!

ピックアップ記事

  1. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス スポーツ

    シングルス

    シングルスの試合では「自分の事より相手の事」をしっかり意識して、試合に勝つ

    どんなにたくさん試合経験を積んでも、シングルスの試合はやっぱり緊張しが…

  2. シングルス

    シングルスの試合で、「低い打点のストローク」はクロスに来る

    シングルスの試合は、コートに自分一人。だからこそ、相手の打つコ…

  3. テニス 準備
  4. テニス クレーコート

    シングルス

    シングルスの試合で身に付けておきたい、両者ネット際での攻防を制するコツ4つ

    シングルスでは守るコートが広い。横はもちろん、前のスペースも自…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「サーブで崩して次のボールから攻める」為に必要な意識4つ

    テニスにおいて、「3球目のイメージ」という言葉をよく聞きます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    キリオス選手の躍進を支えるのは、チャンスを引き出す基本となる「深いフォアハンド」…
  2. サーブ

    テニスにおけるサーブこそ、一番多くの「失敗」が求められる技術である
  3. テニス 並行陣

    戦術

    試合の現場では、「頑張ったけど落としたポイント」という発想は捨てること
  4. テニス ボレー

    戦術

    サービスダッシュして「ガッツリ足元に沈められてる」のなら、一度雁行陣で対応しよう…
  5. テニス スマッシュ

    メンタル

    「ピンチを乗り切った後」に、乗っていけるかどうかが大事
PAGE TOP