フットワーク

他人の真似が出来る人は、100人に1人

「上手くなりたいなら、盗むこと」

これが大事です、テニスでも。

ですが、簡単そうに見えて難しいのが、この真似る、盗むという技術。

出来る人、継続出来る人は、本当に少ない。

だからこそ、みなさんにはチャンスがあると思っています。

 

他人の真似が出来る人は、100人に1人

 


 

1.自分も同じ、と思えるかどうか

テニスの試合で勝ちたい、強くなりたい。

そう考えているなら、まず他人を別人扱いしないことです。

強い人、第1シードの選手だって同じ人間。

彼ら、彼女らに出来ることは、自分でも必ず出来る。

もちろん、経験や体力の差はあるでしょう。

ですが、人の身体を動かす、ボールを打ち返す技術を真似る、ことは出来る。

しっかり見て、自分の身体で表現出来るんだと思うこと。

そう信じること、が大事です。

 

2.難しい技術は、何もない

私は、テニスってそれほど難しい技術って無いと思っています。

いや、もちろん鋭いサーブをコーナーに入れたり、速いサーブをリターンしたり、難しいと思えることはあります。

でも、みなさんが真似したい基本のショットや動き、ポジショニングや配球は、そんなに難しくない。

本気になれば、真似ること、盗むことは出来る。

陸上選手のように、100メートルを10秒台で走ることは、どんなに頑張っても真似出来ないですけど。

テニスの技術なら、真似ることが出来る。

少なくとも、今の自分の技術を変えて、より良いものにはしていける。

ただし、本気で継続出来る人、に限るということです。

 

3.毎日毎日、動画を見て素振りを繰り返す

今は、いつでも自分の手元で動画が見られる時代。

だからこそ、活かしましょう。

それこそ、何度も何度も、毎日のように見る。

自分がなりたい選手、打ちたいショットは、何度も見て目をつむっても正確にイメージ出来るようにしておく。

それを身体でどう表現するのか、素振りで探っていく。

実際に、コートの上でボールを打つ時には、もう出来上がっているくらいにしたいんです。

真似るって、そういうことですから。

ちょっと人のショットを見て、いきなりボールを打つところから真似ようとするから、上手くいかない。

目と身体に染み込んでからじゃないと、ボールを打つ時にはバラバラになりますよ。

 

4.ボールへの入り方、を真似ていこう!

私がお勧めするのは、上手い人のボールへの入り方を真似ること。

どうやってボールにアプローチ、しているのか、近づいているのか。

この足の運び方とか、すごく参考になります。

ラケットワークを真似るのも大事ですが、まずはしっかり打てる場所に動けないと、テニスは技術を活かせない。

ステップ、反応、足をどう運んでいるのか。

足下を、徹底的に見る。

下半身を真似るって、なかなか渋いですが効果大です。

 

今、楽天オープンも開幕してますから、現地で見る機会のある方はぜひ、参考にしてみて下さい。

つい観戦のときには、ボールを追ってしまいがちですよね。

足の使い方、こそ私たちが真似て成果が出やすい部分。

ぜひ、チェックしてみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. フットワーク

    浅いと思ったら深い、深いと思ったら浅い

    テニスについて、よく知っている。試合で強い人は、この前後の動き…

  2. テニス ダブルス

    フットワーク

    最後のネットイン、まで信じて走れる選手になれてるだろうか?

    テニスの試合、ちょっとした場面でその人の強さが出る。私が観るの…

  3. テニス 走力

    フットワーク

    相手に攻撃されそうなときには、「とにかくスタンスを広くする」だけで守備力が上がります!

    サッカーのゴールキーパー、野球の内野手・・・に共通するのは、「高い守備…

  4. テニス 粘り

    フットワーク

    毎回打った後のポジションは、「変える」か「戻る」をハッキリさせよう

    毎回、打った後に必要なこと。基本ですが、これをしっかり出来てい…

  5. テニス ストローク

    フットワーク

    錦織選手のストロークウォーミングアップ、で改めて気付くこと

    今年も始まりましたんね、全仏オープン。錦織選手の試合、楽しみに…

  6. テニス ストローク

    フットワーク

    自分から速い球を打って、「返されると反応出来ない」のは、テニスで一番みっともない

    テニススクールや高校の部活動で、よく見る光景。テニスのルールの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ボレー

    ファーストボレーのコツは、視界の中に相手を何となく入れること
  2. 戦術

    上手くいっていることは、誰だって変えたくないもの
  3. テニス 戦術

    戦術

    「強い選手の対戦では、奇襲からの作戦で勝つ!」格上選手との試合は、テニスコートに…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「脱ダブルフォルト!」テニスの試合で悩んでいる全ての人へ
  5. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で、「リターンが得意」になると得られる4つのメリット
PAGE TOP