テニス サーブ

サーブ

ダブルフォルトが癖になっている、みなさんへ

試合の中で、大事な場面でダブってしまう。

これは、何度も私も経験して来ました。

癖になっているような時期は、テニスの試合も楽しく無いし、自分のサービスゲームが不安でしょうがない。

何かを変える、技術的なポイントも大事ですが、まずはイメ―ジから。

セカンドサーブを打つ前、に一呼吸を置いて、これを実践していきましょう。

 

ダブルフォルトが癖になっている、みなさんへ

 


 

1.セカンドサーブが入るイメージ、を冷静に作ろう

まず、セカンドサーブを打つ前に。

慌てないで、しっかりと軌道のイメージを作る。

早く打ちたい、と思ってしまうともうダブルフォルトの序章が始まっていると思って良い。

それくらい、「早くこのポイントを、終わりたい!」と思っているはずですから。

焦っても、良いセカンドサーブは打てない。

しっかり、軌道をイメージしましょう。

この軌道のイメージも、コツが必要です。

 

2.白く太い線を、イメージして引いてみる

私はいつも、白い線をイメージします。

自分の頭上から、上方向に伸びてネットの1メートル上を通過して、相手のサービスエリアに入る。

その線を、ボールがたどるように打っていく。

この軌道のイメージ、をしっかり作りましょう。

本当に、線が見えるくらい、しっかりとイメージする。

ここで何となく、になってしまっては絶対に上手くいきません。

太い線、ネットの高い位置を通って、サービスエリアの内側50cmくらいの場所に入る。

これでいきましょう!

 

3.イメージ出来たら、後は振り切るだけ

ラケットは、しっかり振り切る。

振り切らないと、回転がかからずに結局良いサーブは入りません。

置きにいく、のは絶対にしないと心に決めましょう。

大事なのは、軌道に乗せる、というイメージを持って振り切るだけ。

スピンかスライス、どちらかのセカンドサーブを自分の中で用意しておく。

曖昧な感じにしないこと。

スピンかスライスか、よく分からないような人ほど、置きにいくサーブになって結局入らない、ダブルフォルトになっているはずです。

 

4.いつも通り、のルーティーンにしていこう!

セカンドサーブを打つ前に、毎回行うこと。

ボールを下に突いて、深呼吸、顔を上げて、軌道をイメージする。

そして、しっかりトスアップして打つ、振り切る。

これを、「癖」にしていきましょう。

やることをしっかりやって入らない、なら自分でも納得出来るはずです。

納得できるミスは、次に引きずらないはず。

やれているようで、やり切れていないミスに、人はダメージを受ける。

ダブルフォルトが癖になっている人は、結局このモヤモヤが晴れないだけ、でしょう。

 

このルーティーンの練習は、自宅でも出来ます。

テニスの動画を観ながら、自分で白い線を引いてみて下さい。

ボールを下に突いて、からのルーティーンを何度も繰り返してみる。

電車を待っている時にでも、出来ますよね。

セカンドサーブになる、その後も今まで通りの自分でルーティーンを行うだけ。

試合は、この感覚でいきましょう。

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス ボレー

    サーブ

    サーブ&ボレーの基本は、「しっかり打ってから前に出る」で良い

    サーブを打って前に出る、サーブ&ボレー。このハードルを高めてる…

  2. テニス サーブ
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「やってみたら、勝てる可能性アップ!」シングルスの試合でサーブ&ボレーが有効な対戦相手の特徴4つ

    シングルスの試合でのサーブ&ボレー、皆さんは1試合に何回くらい入れます…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「サービスエースを試合で量産したい」なら、この方法をオススメします

    サービスゲームで、ガンガン押していってエースも欲しい。色々書い…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合、「相手のリターン位置からサーブのコースを決める」ために必要な知識とは?

    自分がサーブを打つ時に、リターン側の選手のどこを見るか?まずは…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    「回転系サーブを覚えよう」テニスの試合で使うにはグリップと身体の向きの調整を!

    サーブを最初に覚える時、とにかくコントロールを優先して、当てるだけのサ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    テニスの試合では、「あえてコースを空けて待っている相手選手の罠」に、気を付けろ!…
  2. テニス フットワーク

    ダブルス

    ミックスダブルス必勝法は、「序盤で女性が相手の男性に向かっていく」ことに尽きる
  3. テニス メンタル

    リターン

    曲がるスライスサーブに対しては、「打点に近付き過ぎるくらい」で、ちょうど良いリタ…
  4. テニス 部活

    メンタル

    メンタルが強い人は「これを打てば大丈夫」、と思える人
  5. テニス メンタル

    メンタル

    ポイント後の感情を、一度リセットすることが試合では大事
PAGE TOP