ボレー

ハイボレー、それって本当にハイボレー?

テニスの試合で、高い位置でのボレーを打つ時。

アナタ自身、結構チャンスだと感じて決めにいくような場面でしょう。

ハイボレー、簡単なようで難しいこのショット。

そもそも、「ハイボレー」になっているのか、が大いに疑問です。

 

ハイボレー、それって本当にハイボレー?

 


 

1.思った以上に、ラケットは低い

意外と、低い位置にある。

ラケットを高い位置にセットするのって、なかなか難しいんです。

特に、ベテランやシニアのみなさんは肩の可動域は狭くなりますから、思うように上がらない。

「いや、上げないと!」と思うかもしれませんが、無理は怪我の元ですし限界がある。

大事なのは、「意外と上がっていないかもしれない」と、自分で自覚すること。

一番良いのは、動画で撮影してみることでしょう。

自分のイメージだと頭の上にラケットがあってしっかり抑えているつもりが、意外と顔の横当たりで打っているボレー、になっているはず。

これをまず知ること、が大事なんです。

 

2.ハイボレー=フィニッシュのショット?

この発想、テニススクールで植え付けられますよね。

「高い位置のボレーはチャンス!決めましょう!」みたいな。

そんな簡単じゃないですよ、実際。

そもそも、頭上のボールをハイボレー、ラケットが上がらないと思っておいた方が良い。

無理に力の入らない頭上で打つよりは、少し落として顔の横、でも良いんです。

顔の横で打っているのに、高い位置から打っていると勘違いして叩き付ける方、が多いのが気になります。

 

3.ネットから離れていれば、下方向には打てない

顔の横の打点、ネットからも2~3メートル離れている。

こういうボレーは、もう下方向には打てません。

長くコントロールするか、ロブボレーか、山なりなドロップボレー。

バシッとハイボレーで決めるような軌道、は危険です。

自分の打点を正しく理解出来れば、テニスではミスが減る。

当たり損ないのミスはあるでしょうが、「判断ミス」が無くなるんです。

これだけでも、試合では強いですよ。

 

4.力が入る打点、でボレーを打とう

無理に高い位置、じゃなくてもOK。

力が入るかどうか、ボールを押せるかどうかがポイントです。

ハイボレーでもやっと届いた感じで弱々しい返球だと、そこから反撃されるじゃないですか。

高ければ良いというモノでは無いし、そもそも、年齢と共にラケットは上がらなくなる。

この現実と向き合いながら、良い形でのハイボレーを一緒に探していきましょう。

 

言葉のイメージ、が先行し過ぎないように。

ハイボレーと一言で言っても、若い男性の学生のハイボレーと、60代女性のハイボレーは考え方が違う。

どちらも、良い形で打てるかどうか、が大事。

ぜひみなさんも、まずは自分のギャップを埋めること、を意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. ボレー

    低いボレーを低く狙うよりは、積極的にロブボレーを使おう

    浮いたら相手に決められる、これがダブルスの試合。4人で前に出る…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    ネットプレーで必要な、「スピン回転で沈んでくるボール」を、なぜスライスでボレーするのが難しいのか?

    スピンで足元に沈んでくるストロークを、ボレーで返球するのは難しい。…

  3. テニス メンタル

    ボレー

    試合中の「ネットプレーでのミス」を、相手は絶対引きずっている

    「あ、これは楽になるな・・・」と思うのは、こういう場面。皆さん…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーに苦手意識がある人は、「無意識のうちに、身体が逃げていっている」ことに早く気付こう!

    テニスはメンタルや思考が、プレーに現れる。気付いていない人も多…

  5. テニス メンタル

    ボレー

    ダブルスの並行陣では、「スライスのボレーで粘る」だけだと、オムニコートでは打ち込まれてしまいます

    ダブルスでサーブ&ボレーから前に出る、並行陣にトライしているけどなかな…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    相手ボレーヤーに「ハーフボレー」をさせた後は、徹底的に前に詰めて攻撃していこう!

    相手ばボレーをするときに、アナタはどのあたりをチェックしますか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    メンタル

    「絶対勝つ!」と気負って挑むより、「良い試合をしよう」と考えて入る方が試合に勝て…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    困ったときに頼れるサーブのコース、ハッタリでも作っておこう
  3. フットワーク

    「粘れる足」を持っているとテニスの試合では強い
  4. テニス ダブルス

    その他

    内容に満足出来ないけど勝ったという試合は、立派な試合
  5. テニス ダブルス

    メンタル

    試合の中での「チェンジコートの過ごし方」は、自分なりにルーティン化してみよう
PAGE TOP