ボレー

ハイボレー、それって本当にハイボレー?

テニスの試合で、高い位置でのボレーを打つ時。

アナタ自身、結構チャンスだと感じて決めにいくような場面でしょう。

ハイボレー、簡単なようで難しいこのショット。

そもそも、「ハイボレー」になっているのか、が大いに疑問です。

 

ハイボレー、それって本当にハイボレー?

 


 

1.思った以上に、ラケットは低い

意外と、低い位置にある。

ラケットを高い位置にセットするのって、なかなか難しいんです。

特に、ベテランやシニアのみなさんは肩の可動域は狭くなりますから、思うように上がらない。

「いや、上げないと!」と思うかもしれませんが、無理は怪我の元ですし限界がある。

大事なのは、「意外と上がっていないかもしれない」と、自分で自覚すること。

一番良いのは、動画で撮影してみることでしょう。

自分のイメージだと頭の上にラケットがあってしっかり抑えているつもりが、意外と顔の横当たりで打っているボレー、になっているはず。

これをまず知ること、が大事なんです。

 

2.ハイボレー=フィニッシュのショット?

この発想、テニススクールで植え付けられますよね。

「高い位置のボレーはチャンス!決めましょう!」みたいな。

そんな簡単じゃないですよ、実際。

そもそも、頭上のボールをハイボレー、ラケットが上がらないと思っておいた方が良い。

無理に力の入らない頭上で打つよりは、少し落として顔の横、でも良いんです。

顔の横で打っているのに、高い位置から打っていると勘違いして叩き付ける方、が多いのが気になります。

 

3.ネットから離れていれば、下方向には打てない

顔の横の打点、ネットからも2~3メートル離れている。

こういうボレーは、もう下方向には打てません。

長くコントロールするか、ロブボレーか、山なりなドロップボレー。

バシッとハイボレーで決めるような軌道、は危険です。

自分の打点を正しく理解出来れば、テニスではミスが減る。

当たり損ないのミスはあるでしょうが、「判断ミス」が無くなるんです。

これだけでも、試合では強いですよ。

 

4.力が入る打点、でボレーを打とう

無理に高い位置、じゃなくてもOK。

力が入るかどうか、ボールを押せるかどうかがポイントです。

ハイボレーでもやっと届いた感じで弱々しい返球だと、そこから反撃されるじゃないですか。

高ければ良いというモノでは無いし、そもそも、年齢と共にラケットは上がらなくなる。

この現実と向き合いながら、良い形でのハイボレーを一緒に探していきましょう。

 

言葉のイメージ、が先行し過ぎないように。

ハイボレーと一言で言っても、若い男性の学生のハイボレーと、60代女性のハイボレーは考え方が違う。

どちらも、良い形で打てるかどうか、が大事。

ぜひみなさんも、まずは自分のギャップを埋めること、を意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. テニス サーブ

    ボレー

    初心者にボレーを教えるなら、「セットしてから横向きで踏み込む」ことをシンプルに徹底しよう

    ネットプレーに安定感がある人は、動き自体がシンプル。特に注意し…

  2. テニス ボレー
  3. テニス ボレー
  4. テニス ボレー

    ボレー

    「フォアハンドのハイボレーでコースを隠す」ことが出来れば、チャンスを確実に決められる!

    ハイボレーは簡単?そんな方は、どこか勘違いしているように思いま…

  5. テニス 練習

    ボレー

    ネットに詰めたけど、ボールが低い!なら膝を曲げて目線を下げよう

    ネットプレーで相手に迫るなら、とにかくネットに詰めること!と書…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーのときに、「片手魔人」になっている人いませんか?

    片手でラケットを持って、構えている人。私はこういう人を、「片手…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    ロブ

    テニススクールでは教えてくれない、スマッシュをロブで返球する為の技術5つ
  2. 日々の雑記

    「僕、ボレーしか出来ないんですよ」という人って、大抵すごくテニス上手い件
  3. テニス スマートフォン

    戦術

    自分の力を知ることが、テニスでは凄く難しいということ
  4. テニス 戦術

    メンタル

    テニスの試合はリードを奪うのは簡単だけど、「リードを守るのは難しい」のはなぜなの…
  5. ストローク

    プロ選手に影響を受けやすいけど、「ストロークのスタンスはオープン?クローズ?」の…
PAGE TOP