ダブルス

ロブに弱いダブルス、から強いダブルスへ!

ダブルスの試合、とにかくロブに苦手意識がある方へ。

前衛にロブ、これだけでもう弱気になってしまう・・・というみなさん、大事なのは「判断力」です。

だからこそ、前衛と後衛で、どういうところを見るのか。

改めて、基本から確認していきましょう。

 

ロブに弱いダブルス、から強いダブルスへ!

 


 

1.前衛と後衛がハッキリしてる、雁行陣

雁行陣(がんこうじん)、ダブルスの基本の形ですよね。

みなさんも、テニスは最初この形からゲームをしていく感じになると思います。

この場合、赤側のペアがアナタ側のペア。

青側の相手の後衛が、ストレートロブを打って来る。

この時に、まずは慌てないこと。

慌てずに、しっかり対応すれば大丈夫、という気持ちが大事です。

下がって打つにしても、しっかり打てるのか、それとも厳しい態勢なのかでだいぶ違いますよね。

前衛の態勢を、しっかりと後衛の選手は確認する。

この基本姿勢が大事です。

 

2.前衛は、良い態勢?悪い態勢?

後衛なら、しっかりと見極めましょう。

ロブを上げられて下がるパートナー、をしっかり客観視する。

しっかりと打てそうなら、↓のように後衛も前のポジションに入る。

「スマッシュ打ってくれ!」という希望、じゃない。

「これは打てるな!」と感じる、信じることが出来るかどうか。

「いける!」と思えたら、2人で相手の前衛を攻める。

スマッシュは前衛に打つ、だけでは決まらない。

しっかりと前衛がサポートしないと、ダブルスは決定力が上がりません。

同時に、守る時もしっかりと2人で連携していかないと。

もし相手のロブが厳しい、返すのがやっとなら↓しっかり後衛が守備的な頭になる。

当然、こういう場合は相手の前衛もプレッシャーをかけて来ますよね。

ロブに苦手意識があるペアは、打たれた後に一気に自信を無くしたようになってしまう。

前衛がやっと触って返したボール、を決められてしまうんですよね。

この対策、は絶対に必要です。

 



 

3.ただ返す、だけじゃない視点を持とう!

厳しいボールは後衛に返す、のが基本。

ですが、上手い相手、強い前衛は、このボールを狙って来ます。

でも、相手が攻撃に転じているなら、そこに隙があります。

だからこそ、逆の狙いが大事。

こんなコース↓を狙ってみるのはどうでしょう?

余裕が無いように見えて、実はコースさえ見えれば打てるケースも多い。

相手も、意表を突かれたように感じるでしょう。

苦しい態勢をあえて見せて、逆を突くアングルボレー。

だからこそ、しっかりと後衛は前衛の様子を見る、チェックする。

ロブに弱いペアは、ペアの本当の実力が把握出来ていない。

連携をしっかりすれば、ロブは怖く無いですよ。

 

ダブルスの強み、それは「ロブへの対応力」だと言っても過言ではありません。

スマッシュが打てれば、強い?

それではまだまだ甘い。

どんな球でも打てる訳ではないし、1人で打っても決まらない。

逆に、決めさせない。

ロブに強くなれば、間違いなく、間違いなく、試合には勝てます。

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. 第4回読者ミーティングは、「上級者男子ダブルス」がテーマです

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    ネットに出られると厄介な、「ボレーをつないで手堅くプレーする相手」に対抗する作戦とは?

    ベテランプレイヤーでダブルスが得意な選手、社会人の方で本当に多い。…

  2. ダブルス

    勝てない男子ダブルスは、何かに固執し過ぎ

    試合をしている、当の本人にはなかなか分からないこと。でも、周…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    失点した時こそ、ペアでコミュニケーションを

    ダブルスの試合で、真価が問われる場面。それは、失点した後のコミ…

  4. ダブルス

    テニスの大会で上位を目指したい、並行陣のレベルアップ術7つ

    ダブルスの試合で、並行陣で戦いたい。そして、テニスの大会をし…

  5. ダブルス

    ダブルスの試合、サーブがめちゃくちゃ速い相手への作戦について

    男子ダブルス、またはミックスダブルスで、こういう試合は必ずあります。…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    「ローボレーがどうしても苦手・・・」な人は、ダブルスでは変則陣形で挑むのも有り!

    テニスの数ある技術の中でも、最も難しい部類に入るのが低い位置のボレー、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ダブルス

    「だからダブルスが嫌いなんだよ!」テニスの試合では自分がやられて嫌なことを相手に…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的ストロークの第一歩は、意外と簡単
  3. 戦術

    自分の失点には、共通点があることに気付けてる?
  4. テニス サーブ

    メンタル

    世界50位のミーシャ・ズベレフ選手が、マレー選手に勝てた「決断」について
  5. テニス知識

    「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
PAGE TOP