ダブルス

ロブに弱いダブルス、から強いダブルスへ!

ダブルスの試合、とにかくロブに苦手意識がある方へ。

前衛にロブ、これだけでもう弱気になってしまう・・・というみなさん、大事なのは「判断力」です。

だからこそ、前衛と後衛で、どういうところを見るのか。

改めて、基本から確認していきましょう。

 

ロブに弱いダブルス、から強いダブルスへ!

 


 

1.前衛と後衛がハッキリしてる、雁行陣

雁行陣(がんこうじん)、ダブルスの基本の形ですよね。

みなさんも、テニスは最初この形からゲームをしていく感じになると思います。

この場合、赤側のペアがアナタ側のペア。

青側の相手の後衛が、ストレートロブを打って来る。

この時に、まずは慌てないこと。

慌てずに、しっかり対応すれば大丈夫、という気持ちが大事です。

下がって打つにしても、しっかり打てるのか、それとも厳しい態勢なのかでだいぶ違いますよね。

前衛の態勢を、しっかりと後衛の選手は確認する。

この基本姿勢が大事です。

 

2.前衛は、良い態勢?悪い態勢?

後衛なら、しっかりと見極めましょう。

ロブを上げられて下がるパートナー、をしっかり客観視する。

しっかりと打てそうなら、↓のように後衛も前のポジションに入る。

「スマッシュ打ってくれ!」という希望、じゃない。

「これは打てるな!」と感じる、信じることが出来るかどうか。

「いける!」と思えたら、2人で相手の前衛を攻める。

スマッシュは前衛に打つ、だけでは決まらない。

しっかりと前衛がサポートしないと、ダブルスは決定力が上がりません。

同時に、守る時もしっかりと2人で連携していかないと。

もし相手のロブが厳しい、返すのがやっとなら↓しっかり後衛が守備的な頭になる。

当然、こういう場合は相手の前衛もプレッシャーをかけて来ますよね。

ロブに苦手意識があるペアは、打たれた後に一気に自信を無くしたようになってしまう。

前衛がやっと触って返したボール、を決められてしまうんですよね。

この対策、は絶対に必要です。

 



 

3.ただ返す、だけじゃない視点を持とう!

厳しいボールは後衛に返す、のが基本。

ですが、上手い相手、強い前衛は、このボールを狙って来ます。

でも、相手が攻撃に転じているなら、そこに隙があります。

だからこそ、逆の狙いが大事。

こんなコース↓を狙ってみるのはどうでしょう?

余裕が無いように見えて、実はコースさえ見えれば打てるケースも多い。

相手も、意表を突かれたように感じるでしょう。

苦しい態勢をあえて見せて、逆を突くアングルボレー。

だからこそ、しっかりと後衛は前衛の様子を見る、チェックする。

ロブに弱いペアは、ペアの本当の実力が把握出来ていない。

連携をしっかりすれば、ロブは怖く無いですよ。

 

ダブルスの強み、それは「ロブへの対応力」だと言っても過言ではありません。

スマッシュが打てれば、強い?

それではまだまだ甘い。

どんな球でも打てる訳ではないし、1人で打っても決まらない。

逆に、決めさせない。

ロブに強くなれば、間違いなく、間違いなく、試合には勝てます。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. ダブルス

    「この前衛、出て来ないな」と思わせるマル秘テク4つ

    ダブルスの試合での、前衛で使える裏技。と言っても、大したことで…

  2. テニス ストローク

    ダブルス

    困ったときのロブ頼みの癖を直さないと!

    ダブルスの試合、一般やベテランの皆さんの試合を観ていると感じること。…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの前衛の基本ポジション、理解出来てる?

    ダブルスの前衛のポジション、ただ前にいれば良いと思っていませんか?…

  4. ダブルス

    破天荒な前衛、がミックスダブルスを変える

    前衛は、前に、前に。この意識は大事ですが、それだけなら相手にか…

  5. テニス サーブ

    ダブルス

    何回もサーブのトスアップをやり直すと、味方の前衛はリズムを取り辛くなる

    サーブのトスアップ、皆さんは試合中何回くらい「やり直し」をすることがあ…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの並行陣の基本は、「いつもパートナーとの距離は一定」に保つこと

    ダブルスの並行陣、皆さんポジショニングでココ、意識出来てますか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 練習

    ダブルス

    シングルスが得意な選手同士が組んだダブルス、を崩していくレシピ5つ
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークに威力が出ないのは、テイクバックが遅くて不十分だから
  3. テニス ストローク

    ダブルス

    前衛は後衛を褒め、後衛は前衛を褒めるから強くなる
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「スウィングスピードをもっと速くしたいんです!」という人は、テニスの環境を客観視…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合の中で、「グッドショット・リアクション」を無くしていこう
PAGE TOP