その他

学生時代にしっかり練習しないと、試合では勝てない?

「社会人から始めたので、試合は無理なんですよ」

こういう声を、私もよく聞きます。

確かに、学生時代、ジュニア時代の経験はある選手にとっては財産であり、武器になるでしょう。

でも、「だから何?」ということ。

私は、むしろ逆に大人になってからテニスを始める方、の方が強くなると思いますけどね。

 

学生時代にしっかり練習しないと、試合では勝てない?

 


 

1.自分の意志で、始めたテニスなら

強いです、実際。

よく5歳からコートに立って、アカデミーで練習してましたみたいな人もいますが、こういう人は中学生くらいがピークでしょう。

大人になったら、ほとんどテニス、続けてないと思いますよ。

燃え尽きたとか、そういう部分もあるかも知れないですけど、それ以上に大事な部分で差があるんです。

それは、自分自身の意志。

自分の意志でテニスを始めたかどうか、が私はすごく大事だと思います。

 

2.テニスを始めた時期が遅ければ、遅いほど良い

成長が早い人、が実際たくさんいます。

なぜなら、先入観が無いですからね、テニスに対して。

別な競技を経験してきた、人も非常に良い強みになる。

テニスしかやってきていない人は、本当に視野が狭い。

そして、「これはこういうもの」という先入観、で固められてしまうんです。

学生時代からテニスを続けている人は、それだけマイナスの部分も大きいということ。

大人になって、社会人になってテニスを始めた人の方が、私は「試合向き」になる可能性が高いと思います。

 

3.自分で考える癖、があるかどうか

これが一番、上達には大事。

学生時代からテニスをしている人は、自分で考える習慣が無い方が多い。

コートもある、メニューも決まっている、試合に出る手続きは先生がしてくれる。

こういう環境では、思考停止していてもボールは打てますからね。

テニスにおいて頭を使う、主体的に行動するというのは、なかなか出来ないものなんですよ。

みなさんの周りで、サークルの幹事だったり面倒見が良い人、いますよね。

こういう人は、ほとんどが大人になってテニスを始めてはまった人たち、だと思います。

学生時代にガッツリやっていた人は、テニスは出来てもそれ以外のことは出来ない、というかやろうとしない。

そういう人が多いように思います。

4.テニスだからチャンスがある、チャレンジ出来る

私がこのT-PRESSを更新し続けるのも、これが理由です。

テニスなら、チャンスがある。

大人になってから始めても、キャリアが浅くても、試合で勝てる、強くなるチャンスがある。

他の競技は・・・分かりませんが、テニスが一番チャンスがあると思いますよ。

なぜなら、工夫と駆け引き、で勝てる要素がたくさんあるから。

繰り返しますが、大人になってテニスを始める、シニアになってチャレンジする、そういう人こそ私は応援しています。

テニスなら勝てる、そう感じてもらえるように、頑張っていきたいんです。

 

もちろん、試合は簡単なものじゃない。

でも、だからこそ勝ったときの喜びが大きいのもテニスの醍醐味。

難しいこと、考えること、辛いことばかりだと思います。

でも、自分でやると決めたテニスなら、頑張りましょう。

悔しい想いの先に、最高の自己実現が待ってますから。

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「何が何でも、この試合に勝ちたい」と口にして、実践出来ている人は少ない

    大事な試合、年に何回かはありますよね。学生の皆さんなら、負けれ…

  2. テニス 部活

    その他

    「コイツとはもう組まない!」テニスでペアの雰囲気を悪くする人の口癖5つ

    試合ではポイントを取ったり取られたり、その結果勝ったり負けたり・・・と…

  3. テニス トレーニング

    その他

    「俺はムキムキだぜ。」テニス選手でも陥るトレーニング中毒に注意!

    幼稚園の頃に喘息に掛かり、小学生の低学年の頃までは病院にお世話になりっ…

  4. テニス メンタル

    その他

    テニス選手としての洞察力を養うには、「日頃から相手の立場で考える」癖を付けるのが一番効果的

    試合の中で相手を観察し、洞察して試合の勝ちにつなげる。その為に…

  5. テニス 指導

    その他

    空気を読まない、だけど思いやりのある人が強くなる

    テニスでもプライベートでも、私は一緒だと思います。仕事の成果、…

  6. テニス メンタル

    その他

    アナタの過去が正しかったかどうかなんて、未来と他人が決めてくれるはず

    テニス界にいると、随分と自分の過去に悩んでいる人が多い。実績が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    メンタル

    試合でリードしているときに新しいことをする、から成功体験を積める
  2. テニス ストローク

    ロブ

    深いボレーをトップスピンロブで返したいときには、「後ろ足で後ろにジャンプ!」をや…
  3. テニス 楽天

    フットワーク

    相手の走力を把握できれば、安全なコースで試合に勝てる
  4. その他

    テニスが強くなりたい!その為のきついトレーニングは「仲間で可視化して積み上げる」…
  5. その他

    「デビスカップ日本代表が発表」前回王者イギリスに挑む布陣の、注目ポイントはここ!…
PAGE TOP