その他

学生時代にしっかり練習しないと、試合では勝てない?

「社会人から始めたので、試合は無理なんですよ」

こういう声を、私もよく聞きます。

確かに、学生時代、ジュニア時代の経験はある選手にとっては財産であり、武器になるでしょう。

でも、「だから何?」ということ。

私は、むしろ逆に大人になってからテニスを始める方、の方が強くなると思いますけどね。

 

学生時代にしっかり練習しないと、試合では勝てない?

 


 

1.自分の意志で、始めたテニスなら

強いです、実際。

よく5歳からコートに立って、アカデミーで練習してましたみたいな人もいますが、こういう人は中学生くらいがピークでしょう。

大人になったら、ほとんどテニス、続けてないと思いますよ。

燃え尽きたとか、そういう部分もあるかも知れないですけど、それ以上に大事な部分で差があるんです。

それは、自分自身の意志。

自分の意志でテニスを始めたかどうか、が私はすごく大事だと思います。

 

2.テニスを始めた時期が遅ければ、遅いほど良い

成長が早い人、が実際たくさんいます。

なぜなら、先入観が無いですからね、テニスに対して。

別な競技を経験してきた、人も非常に良い強みになる。

テニスしかやってきていない人は、本当に視野が狭い。

そして、「これはこういうもの」という先入観、で固められてしまうんです。

学生時代からテニスを続けている人は、それだけマイナスの部分も大きいということ。

大人になって、社会人になってテニスを始めた人の方が、私は「試合向き」になる可能性が高いと思います。

 

3.自分で考える癖、があるかどうか

これが一番、上達には大事。

学生時代からテニスをしている人は、自分で考える習慣が無い方が多い。

コートもある、メニューも決まっている、試合に出る手続きは先生がしてくれる。

こういう環境では、思考停止していてもボールは打てますからね。

テニスにおいて頭を使う、主体的に行動するというのは、なかなか出来ないものなんですよ。

みなさんの周りで、サークルの幹事だったり面倒見が良い人、いますよね。

こういう人は、ほとんどが大人になってテニスを始めてはまった人たち、だと思います。

学生時代にガッツリやっていた人は、テニスは出来てもそれ以外のことは出来ない、というかやろうとしない。

そういう人が多いように思います。

4.テニスだからチャンスがある、チャレンジ出来る

私がこのT-PRESSを更新し続けるのも、これが理由です。

テニスなら、チャンスがある。

大人になってから始めても、キャリアが浅くても、試合で勝てる、強くなるチャンスがある。

他の競技は・・・分かりませんが、テニスが一番チャンスがあると思いますよ。

なぜなら、工夫と駆け引き、で勝てる要素がたくさんあるから。

繰り返しますが、大人になってテニスを始める、シニアになってチャレンジする、そういう人こそ私は応援しています。

テニスなら勝てる、そう感じてもらえるように、頑張っていきたいんです。

 

もちろん、試合は簡単なものじゃない。

でも、だからこそ勝ったときの喜びが大きいのもテニスの醍醐味。

難しいこと、考えること、辛いことばかりだと思います。

でも、自分でやると決めたテニスなら、頑張りましょう。

悔しい想いの先に、最高の自己実現が待ってますから。

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. その他

    テニスの試合で必要な、「ボールを動かし、相手を動かす」感覚を養う練習メニュー

    今回、ご紹介するメニューは、今までのメニューとは一味違います。…

  2. テニス チャンス

    その他

    テニスのシード権とは、「与えられるものではなく、奪い取る」もの

    テニスの試合、シード権ってかっこ良い。かっこ良いだけじゃない、…

  3. テニス 準備

    その他

    コートに慌ててギリギリに入るとき、アナタはもう負けている

    大会のディレクターをしていたときに、こんな傾向を感じました。試…

  4. テニス 客観視

    その他

    30歳からのテニスは、「衰えを受け入れてこそ」試合に勝てる技術が身に付いていく

    私自身、最近感じることがあります。テニスを始めた頃は、速いボー…

  5. テニス メンタル

    その他

    テニス部を「引退」していく学生の皆さんに、私から伝えたいメッセージ

    春は出会いの季節、でもあり別れの季節でもある。もうすぐ高校生で…

  6. テニス 錦織圭

    その他

    私が改めて考えてみる、「錦織選手の強さは何か?」を紐解く7つのポイント

    これから全仏オープン4回戦に挑む、錦織選手。改めて彼のすごさ、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス フットワーク

    練習メニュー

    「ネットプレイヤーに対して、ロブボレーを仕掛けていく」ために必要な感覚を養う練習…
  2. テニス フットワーク

    戦術

    ドロップショットの合格点軌道、を決めておけば試合で楽に使える
  3. その他

    試合で勝てるチームを作るテニス部のキャプテンは、「仕事を任せられる人」です
  4. テニス 粘り

    フットワーク

    毎回打った後のポジションは、「変える」か「戻る」をハッキリさせよう
  5. ボレー

    スライスやフラットの重たいストロークは、バウンドさせないのが一番
PAGE TOP