戦術

打たれてもいないコースを、警戒する必要ある?

恐らく、アナタ自身は損している。

試合の中で、相手に押されている時、もっと冷静になって考えてみると・・・気付きませんか?

相手の打って来るコースは、そんなに多くは無いことを。

なのに、アナタ自身が必要以上に警戒している。

もっと、思い切った「捨て」で、試合は考えても良いと思いますよ。

 

打たれてもいないコースを、警戒する必要ある?

 


 

1.多いのは、やはり前衛のストレートケア

これ、みなさんどうでしょう?

打たれてもいないのに、警戒している人ばかりじゃないですか?

まず相手に打たせてみて、なら話は分かります。

でも、クロスにしかリターンしていないような相手に、動かない前衛の人がほとんど。

「何となく、ストレートに打たれそう」な恐怖心だけが先に立って、動けない。

これは損でしかない、と思いますよ。

 

2.打たれてから、考えれば良い

相手のサーブでも、そうですね。

みなさんも、逆の立場に立てば理解出来るはず。

そんなに、打てるサーブのコースって多くないじゃないですか。

甘いコースなら打てるけど、自信を持って試合で打てるコースはきっと少ない。

だから、リターン側は来ないコースは捨てて良いんです。

全部を守る必要、なんてない。

山を張る、というよりは合理的に考える感じですね。

 

3.そもそも、全部を守ることは出来ない

ように、出来ています。

テニスコートの広さは、絶妙に守り切れないようになっている。

じゃないと、ずっとラリー終わらないじゃないですか。

だから、無理に全部を守ろう、と思っても損するだけ。

特に、相手からは打たれてもいないコース、は無視しても良いでしょう。

サーブ、バックハンド、スマッシュ・・・コントロール出来そうにないショットは、結構試合であります。

その傾向、を早めに見極めることが大事ですね。

 

4.試合で勝てない人は、相手をリスペクトし過ぎ

だと思います。

アナタ自身と、実力は変わらない。

もちろん、強い選手も中にはいるでしょう。

でも、そういう選手にだって配球に癖はあるし、苦手なコースはある。

そして、試合では苦手なコースに打つなんて、そう無いはず。

打たれていないコース、球種があることに、気付けばアナタ自身楽になります。

そして、結果的に楽に勝てるようになるでしょう。

 

テニスって、不思議なもので「どこにでも打てそう」に感じるんですよね。

そして、「どこにでも打たれそう」とも感じてしまう。

試合のような場面で、それは無い、と思って良い。

恐怖心や不安に支配されているなら、そこから自分を解放してあげないと。

打たれてもいないコースは、最初は捨てる。

これだけで、試合は勝てます、絶対。

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス 居場所

    戦術

    ラケットを振れなくなった段階で、試合を投げてしまう人が多過ぎ

    試合でビビって、ラケットが振れなくなる。これって、かなりの人が…

  2. テニス スライス

    戦術

    準備とは守りではなく、武装である

    準備の重要性について、何度も書いて来ましたが、改めて。その背景…

  3. 戦術

    漠然と待たない、7:3で誘うこと

    私が普段、意識していること。漠然と待たないで、上手く誘う意識…

  4. テニス チャンス

    戦術

    成功を掴む人は、いつだって初回、初級、に勝負をかけている

    みなさんに、ぜひ意識して欲しいこと。それは、チャンスを逃してい…

  5. テニス ダブルス

    戦術

    相手に気付かれないフェイントほど、悲しいものは無い

    試合で一生懸命使っていても、効果が無いこと。これ、一番多いのは…

  6. テニス 気付き

    戦術

    テニスの試合でも、8割の人は「トラブルが起きてから」しか対応を始めない

    一事が万事、ですね。テニスも日常生活も、私はすごく近いと思って…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    「遅れてないか?軸足の使い分け判断」テニスの試合、フットワークは判断のスピードが…
  2. ボレー

    ドライブボレーは、相手の心を打ち砕く
  3. テニス テニスボール

    メンタル

    真面目な人ほどかかりやすい、「テニス鬱」について、アナタにも知っておいて欲しい
  4. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合でのサインプレーの仕掛け所は、相手が落ち込んでいるタイミングが一番…
  5. テニス 動画

    戦術

    「誰が見ても上手い」という選手ほど、本人はなかなか勝てないのがテニスというスポー…
PAGE TOP