テニス コントロール

ストローク

相手のストロークに押されやすい人は、「漠然と待たずに、適度な予測」が出来るようにしていきましょう

ストロークラリーはただ繋げるだけ・・・という方も、試合に出れば相手を攻撃していきたいですよね。

それでも先に相手から攻撃されると、どうしても気持ちが引いてしまうと押されてしまって、結果浅くなりチャンスボールに・・・みたいな感じになってはいませんか?

押されやすい人は、メンタル的な弱さもありますが、「予測」が足りないケースがほとんど。

経験者でなくとも「予測」は、少しの意識改革で実践できます!

 

相手のストロークに押されやすい人は、「漠然と待たずに、適度な予測」が出来るようにしていきましょう

 


 

■「フォアかバックか」どちらに来るか予測してみる

予測する・・・となると、「高確率で当てないと!」と思う人がほとんど。

これだとなかなか、実践が出来ず経験も積めない。

経験が積めないと、ますます予測が出来ないという悪循環にはまっていく。

コツとしては、「しっかり打ってくるのか、振り遅れているのか?」だけでも、相手を観察してみる。

振り遅れていときには、ストレートから逆クロス方向への打球になるケースが多いことに気付くはずです。

 

■逆クロス方向のショットは、多少打点が後ろでもOK

アナタ自身が「振り遅れてしまう」ことも、試合の中ではあると思います。

大事なのは、「遅れている」という意識ではなく、「引き付けている」という意識を持つこと。

逆クロス系のショットは、むしろ打点が少し後ろ目くらいでも、充分にコントロールが出来ます。

これも相手のコースを予測して、自分の間に呼び込むことが出来ていれば大丈夫。

きっと、「押されている」という感覚にはならないはず。

 

■予測するから、「自分から前に打ちにいける」

予測が出来るようになると、当たったときにはしっかり「攻撃」していきましょう。

しっかり予測出来ているのに、いつもと同じようなショットになってしまっては意味が無い。

かといって、「よし!予想通りだ!」と力が入ってもダメ。

あくまで全て、冷静に選択していくことが大事です。

自分から前に打ちにいくことが出来れば、相手も「読まれているな・・・」と感じることでプレッシャーになる。

メリハリのあるプレーで、相手を押し込んでいきましょう。

 

予測って、「外れること」も大事です。

外れる経験があるからこそ、「なぜだろう?」と考えてまた観察するようになります。

相手が得意なショットを試合の後半まで隠しているケースも多い。

強い選手なんかは、相手に自分を悟られ無いように試合を進めていくのが上手い。

ぜひこの機会に、テニスにおける「予測」の部分を意識してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス 準備

    ストローク

    ドロップショットをしっかり止めるには・・・?

    ストロークを打つ構えから、スッ・・・とドロップショット、試合で使いたい…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドは、肘を伸ばした打点でパワーアップ!

    バックハンドストロークを、強化したいみなさんへ。打点での意識、…

  3. テニス スライス

    ストローク

    テニスの試合では「浅いボールにいかに早く気付けるか」が、ストローク戦の結果を大きく左右する

    相手とストロークでラリーをしているときに、試合に出ているか、出ていない…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    並行陣相手でも怖がらずに、ショートクロスのときこそラケットを振り切っていこう

    ダブルスの試合で、相手が並行陣になると急に手詰まり、になってしまう方。…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    「う、動けない・・・」テニスのストロークラリーの中でドロップショットを混ぜるコツ4つ

    しっかり肩が入ったフォームから、深いトップスピンがきたかと思うと・・・…

  6. ストローク

    「すぐにでも試合で勝てるようになりたい!」人は、ストロークで回り込みフォアハンドを徹底してみて下さい…

    「すぐに試合で勝てるようになりたい!」と、思っている方は多いと思います…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    「まずい、浮いた!」と思っても、相手の正面なら焦る必要は無い
  2. 戦術

    テニスでは、「綺麗なポイントやスーパーショット」が多い選手ほど試合で勝てない
  3. テニス メンタル

    戦術

    テニス選手であるなら、「必ずしもスペシャリストである必要は無い」と私は思う
  4. テニス 練習

    サーブ

    「楽チン&安定感抜群サーブの正体とは!?」テニスのアンダーサーブを見直してみよう…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「負け癖」が付いている選手は、何かを変えることが出来ない人
PAGE TOP