メンタル

「順調に試合を運べていると感じたら、危ない」試合を勝ち切れない人は、最後の最後に隙だらけ

どんなスポーツの試合にも、逆転は付き物。

自分が逆転する側になることもあれば、逆にされる側になってしまうのが試合というもの。

特にテニスの試合では、そのルールの特性から逆転劇が起きやすいとも言われています。

自分の試合でしっかり勝ち切る為に、普段から意識しておくべきことはどんなことでしょうか?

 

「順調に試合を運べていると感じたら、危ない」試合を勝ち切れない人は、最後の最後に隙だらけ

 


 

■テニスはそもそも、「逆転しやすい」スポーツである

テニスの試合は、1ポイントごとにリセットされ、静止している状態からスタートします。

その中で試合の全体の流れがあり、1ポイントが1ゲームになり、1セットと進行していく競技。

数字を積み重ねていく競技では、そのプレッシャーも大きいのです。

特にシングルスの試合は誰も助けてはくれません。

弱い心ではパニックになりやすい競技であると、予め心構えが必要です。

 

■テニスの試合で経験の差が出るのは、「挽回力」

過去の成功体験は、試合を挽回するうえで勇気を与えます。

「なぜかあの人はいつも逆転できる」という人は、この経験に絶対の自信を持っています。

逆に言えば、逆転される側の失敗体験も、積み重ねていけばいくほど、「今回もだめかも・・・」という負のメンタルに作用していくのです。

アナタがどちらになるか、これまでの経験を整理してみて、今後はいかに成功体験を積んでいけるかを考えましょう。

 

■上手くいかなくなると押し寄せる波、それが「疲労」です

挽回にはメカニズムがあります。

試合で序盤は順調でも、後半で上手くいかなくなってはまってしまう負の連鎖。

それには、疲労が大きく影響しているのです。

実はリードしている間にも、感じていないだけでオーバーペースで体力を消耗しているケースも、テニスの試合では多いのです。

あと1ゲーム取れば勝ち、という段階で燃料切れを起こしている選手は、アマチュアだけでなくプロ選手でもいます。

追い上げられてから自分の疲労、消耗度に気付くようでは遅いのです。

 

■最後の最後、1ポイントまでネガティヴに考えることが大事!

ポジティブな思考は、ときに試合の中で仇となります。

もちろん前向きな思考やメンタルは、テニスの試合では絶対に必要です。

それでも最後の最後まで、本当に何があるか分からないのがテニスの試合。

自分が怪我をする可能性もありますし、相手がふっ切れて全く違うプレーをしてくるかも知れません。

充分に注意して、最後を勝ち切るようなプレーを貫きましょう。

 

テニスでは、マッチポイントという言葉があります。

「あと、1ポイント」でもあり、それを逃すとまた「あと1ポイント」まで、積み重ねていかなければなりません。

つまり、このマッチポイントのリセットの繰り返しが、テニスというスポーツのメンタルの見せどころ。

アナタは、自分自身のとの戦いにも勝たなければなりません。

最後の最後に隙を見せては、特に格上相手のジャイアントキリングは起こせません。

自分に厳しく、ネガティブな自分とも向き合いながら、試合に挑みましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます

関連記事

  1. テニス 調子

    メンタル

    「嫌われるのではなく、嫌がられろ」このニュアンスを間違えると、テニス界で干されます

    テニスは相手あってのスポーツ。だから試合中は、自分自身のプレー…

  2. メンタル

    大きな声でカウントコール、迷いは消える

    試合で緊張したら、何をすれば良いのか。私は、大きな声でカウント…

  3. テニス ダブルス

    メンタル

    試合の中での「チェンジコートの過ごし方」は、自分なりにルーティン化してみよう

    皆さんはチェンジコート、の時間をどう過ごしていますか?3ゲーム…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    人がプレッシャーに負けるとき、それは大抵「自分のイメージを守りたい」と考えるときです

    皆さんは試合の中で、プレッシャーに押しつぶされそうになった経験、ありま…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    素振りでも練習でも、「ラケットを振る回数はアナタの血となり肉となる」ことを忘れてはいけない

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います。よく聞かれるのが…

  6. テニス 言葉

    メンタル

    自分のテニスに粘りが足りないという人ほど、テニスの言葉のニュアンスを変えていこう

    「サイトを観ていますが、どうにも自分には粘るといことが出来ません」とい…

特集記事

  1. 練習メニュー

    上達できるテニス選手は、「問題の本質を見極める力」があるから自立している
  2. テニス 並行陣

    ダブルス

    誤解されがちですが、並行陣は「ミスをもらう守備的な陣形」
  3. ストローク

    鋭く足下に沈む攻撃的なストロークは、「軌道の頂点がネット手前」に設定されている
  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合のパッシングショット、は普通の自分のショットで良い
  5. サーブ

    「より良いサーブ練習」にする為に、テニスの試合の要素を加えてみる
PAGE TOP