メンタル

「順調に試合を運べていると感じたら、危ない」試合を勝ち切れない人は、最後の最後に隙だらけ

どんなスポーツの試合にも、逆転は付き物。

自分が逆転する側になることもあれば、逆にされる側になってしまうのが試合というもの。

特にテニスの試合では、そのルールの特性から逆転劇が起きやすいとも言われています。

自分の試合でしっかり勝ち切る為に、普段から意識しておくべきことはどんなことでしょうか?

 

「順調に試合を運べていると感じたら、危ない」試合を勝ち切れない人は、最後の最後に隙だらけ

 


 

■テニスはそもそも、「逆転しやすい」スポーツである

テニスの試合は、1ポイントごとにリセットされ、静止している状態からスタートします。

その中で試合の全体の流れがあり、1ポイントが1ゲームになり、1セットと進行していく競技。

数字を積み重ねていく競技では、そのプレッシャーも大きいのです。

特にシングルスの試合は誰も助けてはくれません。

弱い心ではパニックになりやすい競技であると、予め心構えが必要です。

 

■テニスの試合で経験の差が出るのは、「挽回力」

過去の成功体験は、試合を挽回するうえで勇気を与えます。

「なぜかあの人はいつも逆転できる」という人は、この経験に絶対の自信を持っています。

逆に言えば、逆転される側の失敗体験も、積み重ねていけばいくほど、「今回もだめかも・・・」という負のメンタルに作用していくのです。

アナタがどちらになるか、これまでの経験を整理してみて、今後はいかに成功体験を積んでいけるかを考えましょう。

 

■上手くいかなくなると押し寄せる波、それが「疲労」です

挽回にはメカニズムがあります。

試合で序盤は順調でも、後半で上手くいかなくなってはまってしまう負の連鎖。

それには、疲労が大きく影響しているのです。

実はリードしている間にも、感じていないだけでオーバーペースで体力を消耗しているケースも、テニスの試合では多いのです。

あと1ゲーム取れば勝ち、という段階で燃料切れを起こしている選手は、アマチュアだけでなくプロ選手でもいます。

追い上げられてから自分の疲労、消耗度に気付くようでは遅いのです。

 

■最後の最後、1ポイントまでネガティヴに考えることが大事!

ポジティブな思考は、ときに試合の中で仇となります。

もちろん前向きな思考やメンタルは、テニスの試合では絶対に必要です。

それでも最後の最後まで、本当に何があるか分からないのがテニスの試合。

自分が怪我をする可能性もありますし、相手がふっ切れて全く違うプレーをしてくるかも知れません。

充分に注意して、最後を勝ち切るようなプレーを貫きましょう。

 

テニスでは、マッチポイントという言葉があります。

「あと、1ポイント」でもあり、それを逃すとまた「あと1ポイント」まで、積み重ねていかなければなりません。

つまり、このマッチポイントのリセットの繰り返しが、テニスというスポーツのメンタルの見せどころ。

アナタは、自分自身のとの戦いにも勝たなければなりません。

最後の最後に隙を見せては、特に格上相手のジャイアントキリングは起こせません。

自分に厳しく、ネガティブな自分とも向き合いながら、試合に挑みましょう!

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合で勝ち進みたい」なら、今日限りで止めたほうが良いこと6つ

    「試合に勝ちたくて練習してるけど、なかなか結果が出ない・・・」と、悩ん…

  2. テニス スマッシュ

    メンタル

    試合で使えるメンタルの強さを身に付けるなら、眼光鋭く相手を睨む癖を付けよう

    「メンタルが弱くて、試合で負けている」この意識がある人は、もっ…

  3. テニス 大学

    メンタル

    オムニコートでの練習に慣れていると「ハードコートでの重いボール」に苦労することになります

    日本では、どうしても練習と試合の中心はオムニコート。ですが重要…

  4. テニス 感覚

    メンタル

    テニスの試合で負けたとき、それは対戦相手からのメッセージだと受け止めよう

    試合には必ず勝敗が付く。ですが、つい負けた試合では感情的になり…

  5. テニス ストローク

    メンタル

    対戦相手の特徴を知りたいなら、「試合の序盤で、一度深いボレーで追い込んでみる」のをオススメします

    試合の序盤、シングルスでもダブルスでもなるべくネットプレーを入れる。…

  6. メンタル

    「宇宙人から見たら、僕らだって宇宙人だということ」は、テニスにだって言える

    いつの時代も、子供の視点ってすごい。すごいというか、的を得てい…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス フットワーク

    リターン

    ダブルスの試合でリターンのコースをギリギリまで隠して打ち分ける、ある裏ワザを考え…
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    雰囲気が悪くなるようなポイント後こそ、ペアで会話しないと
  3. テニス 指導

    その他

    「規律と平等」が無いテニスチームには、強い選手は育たない
  4. テニス サーブ

    練習メニュー

    試合に必要な「サーブリターンの練習」、こそ工夫しよう
  5. メンタル

    1人が県大会にいけば「必ず2人目、3人目が出てくる」のがチームテニスの良いところ…
PAGE TOP