メンタル

「全部取ろう」、「全部入れよう」とするから、試合で自分を苦しめてしまう

テニスの試合、みなさんはどんなポイントの獲得意識で入ってますか?

技術はあるのに、試合に勝てない、崩れていく人は、もっと楽になって良い。

今回は、私が普段意識していること、を書いてみたいと思います。

テニスは、ゲーム。

最後に勝てば良いんですから。

 

「全部取ろう」、「全部入れよう」とするから、試合で自分を苦しめてしまう

 


 

1.総得点数、の勝負じゃない

よくプロ選手の試合でも、ポイント数と獲得ゲーム数、セット数等が数値で出ていますよね。

勝った選手と負けた選手、実は総得点数が近いような試合も多い。

テニスでは、たくさんポイントを取った選手が勝ち、という訳じゃない。

あくまで、1セットマッチならセットを取った方が勝ち、なゲーム。

だから、大事なのは「勝負所のポイント」を取ること。

試合の中で上手くメリハリが付けられること。

そういう選手が、試合でも強いんです。

 

2.全部のポイントを取る、なんて無理

そもそも、この意欲は必要無い。

分かってはいても、真面目な人ほどこれをやってしまうんですよね。

全力で、全ポイントを取りにいく。

いや、この姿勢は大事だと思いますよ。

でも、結果的に取れなかった時に、どうするのか、何を感じるのか。

「しまった・・・落とした・・・」と、いちいち落ち込んでいては話にならない。

「落としても、良かったんだ」と思えないと試合では勝てない、辛いだけ。

全てのポイントを取ること、をどこかで求めているような潔癖の人は、テニス選手としては結果を出すのは難しい。

私は、そう思いますよ。

 

3.ファーストサーブも、3/4入れば充分

私はいつも、この意識でサーブを打ちます。

4本中3本入れる、ことが出来るサーブしか打たない。

実は、セカンドサーブもほぼこんな感じなんです。

3/4入る確率のサーブが、2回連続でミスする可能性は低い。

1/4×1/4、ですから、1/16になります。

テニスの試合、16回に1回のダブルフォルトなら、まぁそう悪くないかなと。

大事なのは、「自分はミスをする人間だ」ということを受け入れているかどうか、です。

 



 

4.自分を苦しめるのは、いつも自分自身

強い対戦相手、じゃないですよ。

自分を苦しめる、追い込んでいくのは、いつも自分自身です。

自分自身が、自分を追い込んで苦しくしていく、だからメンタルが弱いと感じてしまう。

本番に弱い人って、私はこういう完璧主義者だと思います。

試合に強い人は、自分を良く知り、弱みを受け入れている人。

だからこそ、全ての得点、サーブの入りを求めない。

それで良い、と思いませんか?

 

試合に強い人は、ある意味少し適当なところを残している。

私自身、そうかも知れません。

このサイトも・・・気を付けてはいますが誤字もあり、細かいミスはあります。

でも、まず前に進むこと、を第一にしている。

自分を知り、数値で具体化しておく、それで勝てると考える。

どうでしょう、少しでもみなさんの参考になれば嬉しいです。

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. テニス 練習

    メンタル

    練習で、しっかり「自信の土台」を作れているか?

    皆さんは、何のために練習、するのでしょう。もちろん、試合で勝つ…

  2. メンタル

    相手との直接接触が無いテニスというスポーツに、僕らは甘えていないか?

    ふと、考えることがあります。テニスって、ネットを挟んで相手と対…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    相手のダブルフォルトを期待する、のは応援に任せましょう

    試合の中で、つい・・・リターンのときに考えてしまう。でも、考え…

  4. テニス ミス

    メンタル

    自分を鼓舞して戦う選手は、自然と周りも応援したくなる

    テニスの試合、「応援されやすい」選手は、やっぱり試合でも強い。…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合、「失点か得点」の2種類しかないという事実

    テニスの試合、そして練習。意識を高く持って継続出来る選手は、練…

  6. テニス 準備

    メンタル

    テニスの試合で、「一度リードして、さらに相手を引き離す」ために必要な考え方とは?

    試合で誰もが考えること。それは、まず相手をリードして、その後に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス スライス

    ボレー

    駆け抜けながらのボレーは、シンプルにラケット面作りだけ
  2. テニス ストローク

    リターン

    試合で相手のサーブの調子が良い時には、先読みして鼻をへし折ろう
  3. スマッシュ

    スマッシュがしっかり振り切れない人は、「反対の手でラケットをキャッチ」する癖を付…
  4. テニス 練習

    練習メニュー

    練習すればするほど・・・テニスは下手になる!?
  5. テニス メンタル

    その他

    テニスの上達の為に、「事実を伝えるということ」は残酷だけど、本当は優しい行為です…
PAGE TOP