テニス メンタル

メンタル

調子は悪くなる、だからその時間を短くしたい

試合前は、良いイメージばかり。

「今日は勝つぞ!」と思って勇んでコートに入っても・・・実際は調子が悪い、なんて日もありますよね。

こういう時の為に、考えておきたいのはこのポイント。

調子が悪い、そんなの、日常茶飯事ですから。

 

調子は悪くなる、だからその時間を短くしたい

 


 

1.そもそも、調子が悪いとはどういう感じ?

実際に、試合ではよくあるはずです。

調子が悪いとは、どういう感じなのか。

みなさんも、しっかり自分で理解出来ているでしょうか?

何となくサーブが入らない、リターンが当たらない、そんな感じな時くらいしか、感覚に無いですよね。

例えば私なら、とにかくサーブで肩が上がらないことが最近あります。

これは、まずい、となる。

でも、慌てないで対応策を持っていれば、大丈夫。

試合はまだ、始まったばかりですからね。

 

2.肩を回して、結果を考えないで自分に集中する

まずは、とにかく試合をゆったり進める。

肩が上がっていないと感じるなら、しっかり回して動くようにしないと。

自分の調子が上がらないのに、試合がハイペースで進むのは恐ろしいですからね。

そうはならないように、しっかりポイント間に時間を使う。

自分が出来ること、に集中して目の前の結果はあまり気にしない。

正直、ゆったり進めて0-3くらいになっても、大丈夫。

それくらい、焦らない感覚が大事です。

 

3.調子は必ず、戻って来る

試合の中盤には、必ず戻って来る。

焦らず、自分のショットにだけ集中していれば、大丈夫です。

ここで、「まずい!追いつかないと!」と、焦ってしまうとよりいつもと違うショットになったりして、よく分からなくなる。

ますます、自分を見失っていくだけですからね。

そうならないように、「調子が悪い時こそ、いつも通りのショットを打とう」で良いんです。

そうすれば、必ず戻って来ますから。

結果的に、焦らないことが「調子が悪い時間を、短くする」ことにつながると思いますよ。

 

4.お勧めのコツは、ゆっくり大きくストロークを振ること

調子が悪いときに、意識したいオススメのポイント。

それは、ゆったり大きく振る、ということです。

ストロークでしっかり大きく振れれば、大丈夫。

当たり損ないが多い、という場合が多いと思うので、スウィングスピードを落とすことが大事。

下から上に、ゆっくり振ってみる。

私は、この修正方法があるので、調子が悪い時も慌てません。

この方法で、数ゲームで必ず自分の調子は戻る、というのが分かっていますからね。

ハッタリに近い部分もありますが、ぜひみなさんも試してみて欲しいコツです。

 

調子の悪い時期は、あるんだと。

その自分にイライラしたり、受け入れられないから、よりおかしな方向にいってしまう。

テニス選手なら、調子の悪い時間を短くする技、準備、大事ですよ。

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. テニス ドロップショット

    メンタル

    「打たれる」から「呼び込む」に意識の変えることでテニスは強くなる!

    テニスが上手い人を見ると、いつも落ち着いているように見えます。…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「勝負所で攻撃的にプレーする」為に準備したい4つのこと

    テニスの試合、勝負の分かれ目は試合中盤の「ある1ポイント」だったりする…

  3. テニス ポジショニング

    メンタル

    テニスについて、「知っている」のと「考える」のとでは、成長の度合いが全く違います

    テニスについて、あれこれ知識を持っている人は多い。直近の世界ラ…

  4. テニス 客観視

    メンタル

    自然と結果が付いて来る人、いつまでも他人と比べたがる人

    昨年、アンケートや問い合わせ、直接お会いした読者のみなさんの何名かか…

  5. テニス ストローク

    メンタル

    試合の後には反省だけでなく、「ポイントが獲れたパターン」も客観的に確認して次につなげましょう

    試合後に、皆さんの話を聞いていると反省の弁が多い。すごく意識高…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で求められる、「強いメンタル」を養う為に必要な準備5つ

    皆さんから寄せて頂く質問の中で、圧倒的に多いのがこの質問。「メ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メモ

    メンタル

    自分の限界は、言葉一つで超えられる
  2. テニス ルール

    メンタル

    アナタはこの動画を観て、何を感じるだろうか?
  3. テニス スライス

    フットワーク

    身体を内側に向けることが出来ないと、テニスで必要な視野は身に付かない
  4. テニス 縄跳び

    テニス知識

    テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. ロブ

    女子ダブルスで有効なのは、触らせる低いトップスピンロブ
PAGE TOP