テニス メンタル

メンタル

調子は悪くなる、だからその時間を短くしたい

試合前は、良いイメージばかり。

「今日は勝つぞ!」と思って勇んでコートに入っても・・・実際は調子が悪い、なんて日もありますよね。

こういう時の為に、考えておきたいのはこのポイント。

調子が悪い、そんなの、日常茶飯事ですから。

 

調子は悪くなる、だからその時間を短くしたい

 


 

1.そもそも、調子が悪いとはどういう感じ?

実際に、試合ではよくあるはずです。

調子が悪いとは、どういう感じなのか。

みなさんも、しっかり自分で理解出来ているでしょうか?

何となくサーブが入らない、リターンが当たらない、そんな感じな時くらいしか、感覚に無いですよね。

例えば私なら、とにかくサーブで肩が上がらないことが最近あります。

これは、まずい、となる。

でも、慌てないで対応策を持っていれば、大丈夫。

試合はまだ、始まったばかりですからね。

 

2.肩を回して、結果を考えないで自分に集中する

まずは、とにかく試合をゆったり進める。

肩が上がっていないと感じるなら、しっかり回して動くようにしないと。

自分の調子が上がらないのに、試合がハイペースで進むのは恐ろしいですからね。

そうはならないように、しっかりポイント間に時間を使う。

自分が出来ること、に集中して目の前の結果はあまり気にしない。

正直、ゆったり進めて0-3くらいになっても、大丈夫。

それくらい、焦らない感覚が大事です。

 

3.調子は必ず、戻って来る

試合の中盤には、必ず戻って来る。

焦らず、自分のショットにだけ集中していれば、大丈夫です。

ここで、「まずい!追いつかないと!」と、焦ってしまうとよりいつもと違うショットになったりして、よく分からなくなる。

ますます、自分を見失っていくだけですからね。

そうならないように、「調子が悪い時こそ、いつも通りのショットを打とう」で良いんです。

そうすれば、必ず戻って来ますから。

結果的に、焦らないことが「調子が悪い時間を、短くする」ことにつながると思いますよ。

 

4.お勧めのコツは、ゆっくり大きくストロークを振ること

調子が悪いときに、意識したいオススメのポイント。

それは、ゆったり大きく振る、ということです。

ストロークでしっかり大きく振れれば、大丈夫。

当たり損ないが多い、という場合が多いと思うので、スウィングスピードを落とすことが大事。

下から上に、ゆっくり振ってみる。

私は、この修正方法があるので、調子が悪い時も慌てません。

この方法で、数ゲームで必ず自分の調子は戻る、というのが分かっていますからね。

ハッタリに近い部分もありますが、ぜひみなさんも試してみて欲しいコツです。

 

調子の悪い時期は、あるんだと。

その自分にイライラしたり、受け入れられないから、よりおかしな方向にいってしまう。

テニス選手なら、調子の悪い時間を短くする技、準備、大事ですよ。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    本気でテニスを強くなりたければ、何かを断つ勇気が必要

    本気でテニスを強くなりたいなら、何が必要でしょうか。時間?環境…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスにおける経験値は、初めてからの時間の長さは関係無い!

    私は、改めて最近感じることがあります。テニスは経験が必要?…

  3. テニス 環境

    メンタル

    「この人に、誤魔化しのテニスは通用しないな・・・」と思える相手がいれば、アナタは強くなれる

    テニスの試合、練習の中で、こんな感覚を持ったことはありますか?…

  4. テニス ミス

    メンタル

    「粘り続ける技術と体力」テニスの試合で格上との対戦で競る為には・・・?

    スポーツと言えば体力が重要になるんだけど、テニスって体力必要?…

  5. テニス 雨

    メンタル

    大事な試合の後は、一人で帰ろう

    みなさんの中にも、「忘れられない試合」ってあると思います。勝つ…

  6. テニス チャンス

    メンタル

    マッチポイントは、一度相手に握らせらるくらいで良い

    試合の中で、緊張しやすい人。特に、相手のマッチポイントのような…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス チャンス

    戦術

    「準備」の大切さを説くかと言えば、単純に誰でも出来ることだから
  2. シングルス

    シングルスの試合で、「低い打点のストローク」はクロスに来る
  3. テニス 目

    メンタル

    「テニスの試合で必要な観察眼」は、日常生活でこそ磨かれる!
  4. ダブルス

    安定感のある並行陣、2段構えが欠かせない
  5. テニス スマッシュ

    メンタル

    自分の欲求を満たすのがテニス、だけだと必ず壁にぶち当たる
PAGE TOP