テニス メンタル

戦術

暗くてボールが見えない、ときのテニスの試合の戦い方について

今はまさに、日が長い時期。

日照時間が長いので、テニスの試合も結構遅い時間まであったりしますよね。

そんな時に、「暗くなって来て、やり辛い・・・」と感じると、弱気になってしまう。

見え辛い、のは相手も同じですからね。

どうやってこういう試合を乗り切るのか、を準備して考えておきましょう。

 

暗くてボールが見えない、ときのテニスの試合の戦い方について

 


 

1.試合は一方的に、終われない

「暗くなったら、止めればいいじゃない」と、思う方も多いでしょう。

ですが、テニスの草トー大会では、片方の選手、ペアの意志だけではなかなか打ち切れない。

「暗くなってきたので、もうここで中断しましょう」と言っても、「まだ見えます、やりましょう!」と言われてしまう。

当然、リードしている方はこのまま押し切りたい、と考えますからね。

レフェリーが止めるケースを除いて、基本的にはテニスの試合は多少暗くても、継続される。

そう覚悟しておいた方が良い、です。

 

2.暗い中でのボールコントロールのコツ、は?

まず、私が意識しているのはテイクバックを小さくすること。

距離感が掴み辛いので、大きなテイクバックで待っていると、振り遅れる可能性も高い。

それから、フォロースルーも小さく、とにかくラケットの真ん中に当てることを第一にする。

小さく引いて、小さく合わせる。

これが暗い中でのテニスの基本、になると思います。

 

3.ネットプレイヤーは、狙い目

暗い中では、ボレーの方が難しい。

ですので、ダブルスなら相手の前衛は狙い目だと思います。

特に、ローボレーなどの低い位置ですね。

どこかに照明がある場合には、上って見えやすいんです。

だから、より暗い足下、を狙う。

相手は、それだけでかなり嫌だと思いますよ。

 

4.2人の中心を狙って、譲り合ってもらう

暗い中での試合は、消極的になりがち。

ダブルスなら、相手2人の間を狙って、譲り合いも狙いたいですよね。

お互い、出来れば触ってミスしたくない、と思っているでしょうから。

だからこそ、狙い目はセンター。

雁行陣なら、後衛の前の浅い場所も狙い目ですね。

2人で譲り合って、何とか触った後にはスペースを突けるはず。

ここも、暗い中ですから丁寧に攻撃していきましょう。

 

薄暗い中でのテニス、本意ではないですがやらないといけない時、はあります。

何か策を準備しているのか、そうでないのかは大違い。

ここでも、やっぱり試合巧者の人は強いんですよね。

「暗くて見えなかった・・・」と、思っているのはアナタだけかも。

考えておかないと、大事な試合で勝てないですよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. 戦術

    自分の試合の中で、「ここでテニスのギアを上げたい!」と思ったときに実践出来ること5つ

    錦織選手、見事にリオオリンピックで銅メダルを獲得してくれましたね。…

  2. テニス 試合

    戦術

    態勢を崩されても返球出来るテニス選手は、何が違うのか?

    試合の中で、必死でボールを返そうとする。これは当たり前・・・の…

  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合は、「モグラ叩きゲーム」と一緒

    「とにかく、テニスの試合が苦手・・・」という、みなさん。もっと…

  4. テニス 練習

    戦術

    前衛でプレッシャーをかけるときは、必ずウォッチの準備を

    自分がネットで、プレッシャーをかけるとき。相手の視界に入って、…

  5. テニス メンタル

    戦術

    リードしているその瞬間も、「相手だったら何を考えるか」を想像しよう

    いかに試合で、リードを維持できるのか。これは、テニスの試合では…

  6. 戦術

    間を嫌う、というタイミングは必要

    試合の中で、「何となく、間を空けたいな」と感じることは無いですか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 居場所

    ストローク

    アナタのドロップショットを、今すぐ0式に変える方法とは?
  2. テニス チーム

    メンタル

    テニス部を強くしたいなら、「自分が」という言葉を「自分たちが」という言葉に変えて…
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ロブへの対応を鍛えるには、「相手コートを見ないでも、いる場所をイメージ出来る」よ…
  4. フットワーク

    身体の向きだけで、相手を翻弄出来るのが強いテニス選手
  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    強くなりたければ、自分自身のイージーミスのレベルを上げよう
PAGE TOP