テニス メンタル

戦術

暗くてボールが見えない、ときのテニスの試合の戦い方について

今はまさに、日が長い時期。

日照時間が長いので、テニスの試合も結構遅い時間まであったりしますよね。

そんな時に、「暗くなって来て、やり辛い・・・」と感じると、弱気になってしまう。

見え辛い、のは相手も同じですからね。

どうやってこういう試合を乗り切るのか、を準備して考えておきましょう。

 

暗くてボールが見えない、ときのテニスの試合の戦い方について

 


 

1.試合は一方的に、終われない

「暗くなったら、止めればいいじゃない」と、思う方も多いでしょう。

ですが、テニスの草トー大会では、片方の選手、ペアの意志だけではなかなか打ち切れない。

「暗くなってきたので、もうここで中断しましょう」と言っても、「まだ見えます、やりましょう!」と言われてしまう。

当然、リードしている方はこのまま押し切りたい、と考えますからね。

レフェリーが止めるケースを除いて、基本的にはテニスの試合は多少暗くても、継続される。

そう覚悟しておいた方が良い、です。

 

2.暗い中でのボールコントロールのコツ、は?

まず、私が意識しているのはテイクバックを小さくすること。

距離感が掴み辛いので、大きなテイクバックで待っていると、振り遅れる可能性も高い。

それから、フォロースルーも小さく、とにかくラケットの真ん中に当てることを第一にする。

小さく引いて、小さく合わせる。

これが暗い中でのテニスの基本、になると思います。

 

3.ネットプレイヤーは、狙い目

暗い中では、ボレーの方が難しい。

ですので、ダブルスなら相手の前衛は狙い目だと思います。

特に、ローボレーなどの低い位置ですね。

どこかに照明がある場合には、上って見えやすいんです。

だから、より暗い足下、を狙う。

相手は、それだけでかなり嫌だと思いますよ。

 

4.2人の中心を狙って、譲り合ってもらう

暗い中での試合は、消極的になりがち。

ダブルスなら、相手2人の間を狙って、譲り合いも狙いたいですよね。

お互い、出来れば触ってミスしたくない、と思っているでしょうから。

だからこそ、狙い目はセンター。

雁行陣なら、後衛の前の浅い場所も狙い目ですね。

2人で譲り合って、何とか触った後にはスペースを突けるはず。

ここも、暗い中ですから丁寧に攻撃していきましょう。

 

薄暗い中でのテニス、本意ではないですがやらないといけない時、はあります。

何か策を準備しているのか、そうでないのかは大違い。

ここでも、やっぱり試合巧者の人は強いんですよね。

「暗くて見えなかった・・・」と、思っているのはアナタだけかも。

考えておかないと、大事な試合で勝てないですよ。

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    テニスでは、「元々の武器より弱点から育て上げた武器」の方が試合で使える

    「アナタの武器、何ですか?」と聞かれて、皆さんはパッと答えが出…

  2. 戦術

    テニスの大会で、「勝って当たり前と思われる試合」に勝ち切るために必要な要素4つ

    アナタ自身、成長してくれば当然、大会でもシードがつく。挑戦する…

  3. テニス メンタル

    戦術

    頭の良いテニスは、決まった型がある

    頭脳プレーでやられた、みたいな試合。こういう試合って、ある程度…

  4. テニス ハードコート

    戦術

    テニスの試合では、「強い相手にこそ、先に仕掛ける」意識が絶対必要です

    テニスの試合、強い対戦相手との試合は避けて通れない。いや、これ…

  5. テニス 部活

    戦術

    真面目に正攻法、なテニスでは勝てる相手が限られてくるのは当たり前

    テニスの試合に勝つ。この目指すことに向けて、アナタ自身どうやっ…

  6. テニス メンタル

    戦術

    環境や雰囲気に、自分の感覚が流されてはいけない

    試合には、流れがある、とよく言われます。確かにテニスも、それほ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの試合で相手のリターンを崩していくには?
  2. テニス ボレー

    ボレー

    「フォアハンドのハイボレーでコースを隠す」ことが出来れば、チャンスを確実に決めら…
  3. テニス 練習

    戦術

    テニスの試合では、精神的なプレッシャーはデュースサイドの方が少ないはず
  4. テニス 戦術

    シングルス

    「相手に攻撃させないテニス」を意識して戦おう
  5. テニススクール

    「テニススクールの通い方」本当に試合で強くなるには生徒自身の主体性が不可欠
PAGE TOP