テニス 調子

その他

暗くてボールが見えない、ときに堅実にプレーするコツ4つ

今の時期、すごく日が短いですよね。

明るい時間が少ないし、もう16時を過ぎたら薄く暗くてボールが見えない・・・。

部活で頑張るみなさんは、練習時間が短い、だけど試合ならどうですか?

証明が無いようなコートでも、普通に16時くらいまで試合をしないといけないケースもある。

「ボールが見えない・・・」と思っても、簡単には試合を中断、終了出来ませんからね。

ここはひとつ、暗い中でもボールを打つことに慣れるような意識、必要だと思いますよ。

 

暗くてボールが見えない、ときに堅実にプレーするコツ4つ

 

1.テイクバックを速くする

ストロークでもボレーでも基本ですが、暗い時こそ基本が大事。

相手の打つ瞬間、にテイクバックするくらいの感覚で良い。

テイクバックが速いと、それだけボールを見る時間に余裕が持てるので楽になる。

精神的にも余裕が生まれるので、ボールもよく見える。

ストロークでもボレーでも、暗くなってきたらこの意識を高く持つ。

もちろん、暗くない普通のときにも大事な基本、ですね。

 

2.トスアップを低めにする

厳しいのが、サーブですよね。

もちろん、スマッシュもですが・・・頭上のボール、が見えにくくなると本当に辛い。

自分のサーブも、低めのトスアップで打てるようにしておくと便利ですよ。

トスアップが高いと、暗い中ではそれだけでストレスになってしまう。

低めのトスで打てると、暗い場所ではもちろん風が強い時にも便利です。

 

3.スウィングを小さくする

これは、私が一番大事にしているポイントです。

ラケットの振り幅を小さくして、合わせていく。

スライスが特にオススメですが、スピンでもフォロースルーを短くするとすごくミスが減ります。

コツン、と小さく合わせる感じで良い。

その分、フットワークは細かく、見えないボールでも予測してしっかり動く。

本当に暗くなると、自分の手元も見えなくなること、もあるのがテニス。

こういう時には、しっかり小さいスウィングで合わせていく、ことを意識しましょう。

ラケットの真ん中に当てる、ボールを捕らえることがまず大事ですからね。

 

4.試合が続いている限り、絶対に言い訳しない

もし、本当に暗くてお互いの選手が「もう中断しましょうか」というまでは、試合です。

片方の選手が見える、と言う限りは、基本的に試合は続きます。

そして、そのスコアは有効。

まず、言い訳癖をしっかり直さないと、試合では勝てないですよ。

勝負弱い人は、すぐに暗い環境に文句を言って、自分が負ける言い訳にしていく。

みなさんの周りにも、いませんか?

試合が続いている限りは、暗かろうが明るかろうが、関係無い。

試合前から、準備して入ることが大事ですね。

 

実際に、私も最近視力が落ちて来て・・・結構厳しいです。

ベテランやシニアの方は、明るいコートでも「見えにくい・・・」という方が、多いですよね。

本来、暗いコートでは怪我が怖いので、テニスの試合は続けるべきではないでしょう。

でも、試合ではどんなことがあるか分かりませんから。

みなさんも、試合に強くなって勝ち上がっていけば、当然夕方から夜に試合をするケースが増えるはず。

暗いコートでも試合をする、覚悟は大事でしょう。

アナタ自身、意識して冬場に練習しておくことをオススメします。

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. その他

    「技術が足りない」という発想は、いかにも日本人らしい

    「テニスが上手くはない、出来ない」と、多くの人が思っていること…

  2. テニス メンタル

    その他

    「自分の事より、相手の事」テニスの試合では対戦相手ありきで考えましょう

    自分のテニスをもっと強くするためには、どうすればいいんだろう?…

  3. テニス 環境

    その他

    「極端な環境に、あえて自分を縛ってみる」ことができれば、きっとアナタのテニスはまだまだ上達していく

    「今年はもっとボレーを上手くなりたかったのに・・・あまり上達しなかった…

  4. その他

    テニスの試合は、「総得点数」で劣っても勝てるという事実に目を向けよう

    テニス、卓球、バレーボール、バドミントン・・・。これらのスポー…

  5. テニス 戦術

    その他

    テニス選手でも、「珍しいプレースタイル」は、誰だって戦い辛い

    テニス選手って、色々なタイプがいる・・・と思いますか?でも実際…

  6. テニス メンタル

    その他

    「5年前のあの時」を思い出すたびに、テニスというスポーツの存在意義を私は再確認します

    5年前の3月11日。日本全国が、忘れられない体験をしたあの日。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ストローク

    パッシングショット、ボールに集中するコツとは?
  2. テニス メンタル

    メンタル

    精神的に未熟な人は、試合前に「練習をしていない自分」をいつも言い訳にする
  3. テニス イベント

    練習メニュー

    「毎日のテニスの練習が楽しい」と思えたら、それは危険なサインだと自覚しよう
  4. リターン

    ブレイクポイントは、3本に1本取れれば上出来
  5. テニス ストローク

    ストローク

    振り回されてボールを追えないのは、メンタルが弱いのではなくて「技術不足」
PAGE TOP