リターン

両手バックハンドリターン、肩をぶつけるつもりでアタックしよう

両手バックハンドリターンで、コントロール良く攻撃していく。

その時に、この意識は欠かせません。

身体を開かないように、しっかり自分の肩をぶつけていくようなイメージで。

錦織選手得意の、踏み込んでダウンザラインへのショット、もこの基本が大事です。

 

両手バックハンドリターン、肩をぶつけるつもりでアタックしよう

 

1.右利きの方なら、右肩をぶつけていこう!

両手バックハンド、でしっかり早い準備で入る。

右利きの方なら、右肩が前にしてぶつけていく。

この、ぶつけていく、というのがコツになります。

ぶつけていくという意識があれば、前に入りながら打つことが出来る。

ボールがバウンドしているとこと、に近づいていけますからね。

このフットワーク、を身に付けていくことが大事になっていきます。

 

2.ぶつけていく、からラケットワークがコンパクトになる

リターンでは、実際にラケットはほとんど動かさない。

前に入るような動き、でボールにパワーを与えていきますから。

ぶつけていく、くらいボールにしっかり身体をぶつけていく。

そうすれば、ラケットなんてほとんど振らなくても大丈夫。

しっかり力のあるリターン、を打つことが出来るようになります。

両手バックハンドなら、特に両手で打っている分、力を入れ過ぎてしまうことに注意が必要です。

 

3.前を向くのは、必死で我慢する

どうしても、前を向きたくなります。

でも、ここは必死で我慢する。

リターンを攻撃的に安定させたかったら、このコツは絶対に必要です。

前を向くと、もう肩の向きが変わってしまいますからね。

肩の位置をキープして、リターンをしっかり打ち終わるまでは、横向きをキープ。

肩をぶつけるけど、その態勢はずっと維持する。

身体の向きは、横向きのままを意識しましょう。

 

4.腰の高さで打てるリターン、を増やせば試合には勝てる!

攻撃的に、しっかりコントロールしていくなら腰の高さ。

相手のサーブをよく見て、どこに入れば腰の高さで打てるのか。

肩をぶつけて、打点は腰の高さで打つ。

この基本となるポジション、を試合が始まったらなるべく早く探して見つけるようにしていきましょう。

腰の高さ、で打てるリターンを増やせば、それだけで相手はプレッシャーに感じるはず。

試合に勝てる、最高のリターンが打てるはずです。

 

前に入ることがなかなか出来ない人は、まだこのぶつける意識が甘い。

ボールに向かっていく、には良い型を作って自分から寄っていくこと、が大事です。

最初は、ちょっと怖いと思いますが。

慣れれば、セカンドサーブなんて待っている方が打ち辛い、という風になると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合で重要な、「リターンからのストレートアタック」は、しっかり事前にパートナーと打ち合わせ…

    ダブルスの試合に出始めたペアの方は、まず攻撃のパターンを増やしていかな…

  2. テニス リターン

    リターン

    ダブルスの試合は、前に踏み込んでリターンするから最高のポーチ予防になる!

    ダブルスの試合、いかにポーチに出るのが大事か・・・を、何度か書いてきま…

  3. テニス ストローク

    リターン

    速いサーブにリターンが弾かれる人は、この基本を見直そう

    リターンゲームで、サーブが返せない。強い相手との試合だと、それ…

  4. テニス 戦術

    リターン

    セカンドサーブからのリターンダッシュ、はロブケアとセットで実行しよう

    ダブルスの試合で、相手のセカンドサーブ。リターンの場面で、ここ…

  5. テニス テイクバック

    リターン

    「重たいサーブでバックハンドが振り負ける」ときには、グリップを持つ両手の間を少し空けるのも有り

    重たいファーストサーブ、試合でなかなかリターン出来ないときありますよね…

  6. テニス ガスケ

    リターン

    ボールをよく見る、とは、「ボールに書いてある文字を読む」くらいのつもりで

    リターンでボールをよく見ること。大事ですね。でも、これ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 不器用

    戦術

    安定を保つ技術、変化を起こす技術
  2. テニス フットワーク

    ストローク

    「バウンドの高さに合わせたテイクバック」で、テニスのストロークはより正確になる!…
  3. テニス 観客

    その他

    テニスの試合は、「人に観られている」ことに慣れている選手がやっぱり強い
  4. テニス コントロール

    ボレー

    試合で使えるネットプレーでのコントロールは、「コート全体の1/64」を最低限の目…
  5. テニス ガスケ

    リターン

    セカンドサーブを叩くこと、がファーストサーブの力を削ぐことにつながる
PAGE TOP