リターン

両手バックハンドリターン、肩をぶつけるつもりでアタックしよう

両手バックハンドリターンで、コントロール良く攻撃していく。

その時に、この意識は欠かせません。

身体を開かないように、しっかり自分の肩をぶつけていくようなイメージで。

錦織選手得意の、踏み込んでダウンザラインへのショット、もこの基本が大事です。

 

両手バックハンドリターン、肩をぶつけるつもりでアタックしよう

 


 

1.右利きの方なら、右肩をぶつけていこう!

両手バックハンド、でしっかり早い準備で入る。

右利きの方なら、右肩が前にしてぶつけていく。

この、ぶつけていく、というのがコツになります。

ぶつけていくという意識があれば、前に入りながら打つことが出来る。

ボールがバウンドしているとこと、に近づいていけますからね。

このフットワーク、を身に付けていくことが大事になっていきます。

 

2.ぶつけていく、からラケットワークがコンパクトになる

リターンでは、実際にラケットはほとんど動かさない。

前に入るような動き、でボールにパワーを与えていきますから。

ぶつけていく、くらいボールにしっかり身体をぶつけていく。

そうすれば、ラケットなんてほとんど振らなくても大丈夫。

しっかり力のあるリターン、を打つことが出来るようになります。

両手バックハンドなら、特に両手で打っている分、力を入れ過ぎてしまうことに注意が必要です。

 

3.前を向くのは、必死で我慢する

どうしても、前を向きたくなります。

でも、ここは必死で我慢する。

リターンを攻撃的に安定させたかったら、このコツは絶対に必要です。

前を向くと、もう肩の向きが変わってしまいますからね。

肩の位置をキープして、リターンをしっかり打ち終わるまでは、横向きをキープ。

肩をぶつけるけど、その態勢はずっと維持する。

身体の向きは、横向きのままを意識しましょう。

 

4.腰の高さで打てるリターン、を増やせば試合には勝てる!

攻撃的に、しっかりコントロールしていくなら腰の高さ。

相手のサーブをよく見て、どこに入れば腰の高さで打てるのか。

肩をぶつけて、打点は腰の高さで打つ。

この基本となるポジション、を試合が始まったらなるべく早く探して見つけるようにしていきましょう。

腰の高さ、で打てるリターンを増やせば、それだけで相手はプレッシャーに感じるはず。

試合に勝てる、最高のリターンが打てるはずです。

 

前に入ることがなかなか出来ない人は、まだこのぶつける意識が甘い。

ボールに向かっていく、には良い型を作って自分から寄っていくこと、が大事です。

最初は、ちょっと怖いと思いますが。

慣れれば、セカンドサーブなんて待っている方が打ち辛い、という風になると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…

関連記事

  1. テニス 守備

    リターン

    横に曲がるスライスサーブ、リターンでの対策は?

    最近、個人的につかんだ感覚。みなさんの参考になるかも知れないの…

  2. テニス リターン

    リターン

    どこかで本気で狙っていくリターンゲームが必要です

    本気で狙って、ゲームを獲りにいく。これは、上のレベルの試合にな…

  3. リターン

    2ブレイクで、普通の人は気が緩む

    試合でリードしていたのに、逆転されてしまう。こういう試合の時に…

  4. テニス ストローク
  5. テニス バックハンド

    リターン

    試合の中でリターンミスを減らしたいなら、まずボールをしっかり呼び込もう

    リターン、試合の大事な場面・・・緊張しますよね。いつも通りにや…

  6. テニス ボレー

    リターン

    ボディへのサーブは、あの技術が無いとリターンで苦労する

    ボディへのサーブ、皆さん試合で苦労したことは無いですか?特に、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス センス

    ダブルス

    失点に対する共通認識、がダブルスペアと出来ているか?
  2. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックハンドが安定しない人は、スウィングに入るギリギリまで添えた手を離さない…
  3. テニス ロブ

    ストローク

    テニスのダブルスの試合では、「並行陣に対して触らせるロブ」が打てると、相手をネッ…
  4. テニス 予測

    シングルス

    シングルスの試合で、中途半端に角度を付けたアプローチショットは危険過ぎる件
  5. テニス リターン

    リターン

    試合で使えるリターンが1種類?それじゃ、勝てないですよね
PAGE TOP