テニス ロブ

リターン

下がってリターンすれば、大きく打てるメリットもある

リターンの基本は、前に踏み込むこと。

でも、全仏オープンの試合を観ていると、すごく下がってリターンしている選手も多いですよね。

これは、相手サーブが速いので時間を作る、という意味合いもありますが、もう一つ私はメリットがあると思っています。

リターンがどうしても入らない時は、こういう意識で打つことも大事ですからね。

 

下がってリターンすれば、大きく打てるメリットもある

 


 

1.リターンが入らないと、どんどん沈んでいく

みなさんも、経験ありますよね。

リターンが入らないと、試合にならないしどんどん落ち込んでいく。

ダブルスでも、どちらかのリターンが入らないとなかなか連続ポイントが取れない、ブレイクの足掛かりが作れない。

そんな時には、どうすれば良いのか。

私は、「しっかり打つこと」で、リターンを改善出来るケースもあると思っています。

相手のサーブを、まずしっかり打つ。

そのためには、「アウトを怖がらない姿勢」が必要ですね。

 

2.下がってしっかり打てば、アウトは減る

下がったポジションからリターン、それもしっかり軌道高く。

ある程度、ラケットを振っても良いと思います。

いつも通りやって入らないのであれば、何かを変えないと試合では厳しい。

下がって打てば、大きく打っても相手のベースラインが遠いので、インになる可能性が高い。

アウトミスがリターンで多い時には、あえて下がってみても良いでしょう。

1メートルくらいアウトしているなら、同じ距離だけ下がってみる。

そこで同じ打ち方、をすれば相手コートに入りますからね。

 

3.シングルスの試合なら、前衛がいないから楽

この作戦は、シングルス向き。

ダブルスの試合だったら、相手の前衛がいますから厄介ですよね。

シングルスの試合なら、相手前衛がいないから、思い切って高い軌道でも良い。

下がってリターンしても、いきなり前衛につかまってドロップボレー、も無いですし。

大事なのは、「試合の現場でリターンを修正出来るかどうか」です。

 

4.下がることも、アイデアの一つ

試合中に、出来るアイデアの一つ。

リターンミスが多い、アウトが多い時の対策の一つ、ですから。

もっと他にある、という方もいるでしょう。

大事なのは、アナタ自身が試合の現場で修正出来る、試合を作れる、勝ちに近づけていけるかどうかということ。

もちろん、強い相手なら下がったアナタを見てワイドにスライスサーブ、なんて攻撃もしてくるでしょう。

でも、何かを変えないといけない、ような場面は試合出来ますから。

相手も変えてくれれば、リズムが崩れるかもしれない。

そんな仕掛け、たくさん試合で作っていきましょう。

 

下がること、で見えてくる作戦もある。

リターンでは特に、そうですね。

ただ、これはあくまで暫定的な処置だと私は思っています。

あくまで基本は前に入る、のがリターンの本筋。

ぜひ、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    遅いサーブにリターンで身体が泳いでしまう人は、「自分の間で引き付ける」意識を強く持つこと

    速いサーブは、返し辛い?確かに脅威ではありますが、それだけ相手…

  2. リターン

    シングルスの試合での、リターン必勝法はこれ!

    シングルスの試合で、リターンからどう攻撃していくのか。今回は、…

  3. リターン

    余裕が無い時のリターン、意識したい5つのポイント

    相手のサーブが速い、コースも良い。そんな余裕が無いときに、どう…

  4. テニス ストローク

    リターン

    キックするサーブを、抑えるリターンのコツ5つ

    スピンサーブがバウンドして、キックして飛んで来る。こんなサーブ…

  5. テニス ストローク

    リターン

    シングルスの試合での30-40での攻撃的なリターンは、得意な形を!

    具体的なシチュエーションを、試合前に想像しておく。そのポイント…

  6. リターン

    セカンドサーブは、ただ叩いていくだけだとミスの元だし勿体ない

    相手のセカンドサーブ、ここでリターンから攻撃していきたい!でも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    前衛は、常に相手に「うざがられる存在」であり続けないと
  2. テニス ダブルス

    戦術

    強い相手は、試合の中で同じやられ方を繰り返さない
  3. リターン

    リターンで反応速度を上げたいなら、ユラユラスタイルでいこう!
  4. テニス サイト

    メンタル

    リードすること、勝利することを恐れてはいけない
  5. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの試合は、残酷ですが「勝敗を分けるのは、ほんの僅かだけど大きい差」であるこ…
PAGE TOP