テニス ロブ

リターン

下がってリターンすれば、大きく打てるメリットもある

リターンの基本は、前に踏み込むこと。

でも、全仏オープンの試合を観ていると、すごく下がってリターンしている選手も多いですよね。

これは、相手サーブが速いので時間を作る、という意味合いもありますが、もう一つ私はメリットがあると思っています。

リターンがどうしても入らない時は、こういう意識で打つことも大事ですからね。

 

下がってリターンすれば、大きく打てるメリットもある

 


 

1.リターンが入らないと、どんどん沈んでいく

みなさんも、経験ありますよね。

リターンが入らないと、試合にならないしどんどん落ち込んでいく。

ダブルスでも、どちらかのリターンが入らないとなかなか連続ポイントが取れない、ブレイクの足掛かりが作れない。

そんな時には、どうすれば良いのか。

私は、「しっかり打つこと」で、リターンを改善出来るケースもあると思っています。

相手のサーブを、まずしっかり打つ。

そのためには、「アウトを怖がらない姿勢」が必要ですね。

 

2.下がってしっかり打てば、アウトは減る

下がったポジションからリターン、それもしっかり軌道高く。

ある程度、ラケットを振っても良いと思います。

いつも通りやって入らないのであれば、何かを変えないと試合では厳しい。

下がって打てば、大きく打っても相手のベースラインが遠いので、インになる可能性が高い。

アウトミスがリターンで多い時には、あえて下がってみても良いでしょう。

1メートルくらいアウトしているなら、同じ距離だけ下がってみる。

そこで同じ打ち方、をすれば相手コートに入りますからね。

 

3.シングルスの試合なら、前衛がいないから楽

この作戦は、シングルス向き。

ダブルスの試合だったら、相手の前衛がいますから厄介ですよね。

シングルスの試合なら、相手前衛がいないから、思い切って高い軌道でも良い。

下がってリターンしても、いきなり前衛につかまってドロップボレー、も無いですし。

大事なのは、「試合の現場でリターンを修正出来るかどうか」です。

 

4.下がることも、アイデアの一つ

試合中に、出来るアイデアの一つ。

リターンミスが多い、アウトが多い時の対策の一つ、ですから。

もっと他にある、という方もいるでしょう。

大事なのは、アナタ自身が試合の現場で修正出来る、試合を作れる、勝ちに近づけていけるかどうかということ。

もちろん、強い相手なら下がったアナタを見てワイドにスライスサーブ、なんて攻撃もしてくるでしょう。

でも、何かを変えないといけない、ような場面は試合出来ますから。

相手も変えてくれれば、リズムが崩れるかもしれない。

そんな仕掛け、たくさん試合で作っていきましょう。

 

下がること、で見えてくる作戦もある。

リターンでは特に、そうですね。

ただ、これはあくまで暫定的な処置だと私は思っています。

あくまで基本は前に入る、のがリターンの本筋。

ぜひ、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    遅いサーブにリターンで身体が泳いでしまう人は、「自分の間で引き付ける」意識を強く持つこと

    速いサーブは、返し辛い?確かに脅威ではありますが、それだけ相手…

  2. テニス リターン

    リターン

    「左利きのサーブが苦手…」な人に贈る、すぐできるリターン意識改革術

    「左利きのサーブにやられた!」そんな経験、ありませんか?でも後…

  3. テニス サーブ

    リターン

    ファーストサーブを攻略しないと、流れは来ない

    「相手のセカンドサーブを、攻撃しよう!」これは、T-PRESS…

  4. テニス メンタル

    リターン

    「左利きサーブのリターン必勝法!」テニスの試合で勝ち切る為の対策4つ

    テニスの試合で厄介なモノ・・・たくさんありますが、右利きの方で左利きの…

  5. リターン

    ダブルス上級者を目指すなら、「リターンからのチェンジプレー」も対戦相手に積極的に見せていこう

    ダブルスの試合、「リターンをポーチに出る」という作戦を実践しているペア…

  6. テニス ボレー

    リターン

    超スローサーブ、苦手にしてない?

    試合に出ていると、色々な相手と戦います。サーブが速い人、遅い人…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    ストローク

    テニスの試合で大事な「脇役ショット」は、苦しい態勢を戻せるリカバリーショット
  2. テニス 環境

    ダブルス

    ダブルスの試合で効果的なチェンジプレーは、基本的なプレーで誰でも出来る!
  3. ストローク

    テニスの試合でバックハンドを振りきれない、「スライス依存症候群」に陥ってはいない…
  4. テニス ポジショニング

    ロブ

    「相手をロブで下げて、アングルショットを使う攻撃」、出来ますか?
  5. テニス 練習

    スマッシュ

    スマッシュのコース、「迷ったら逆クロス方向へ」で決めて打ち切るようにすれば振り切…
PAGE TOP