シングルス

シングルスの試合で使える、左右に走らされた時のボールへの入り方の基本

シングルスの試合は、どうしても左右への動き、が多くなりますよね。

走らされる、その後にボールを打って、また戻って・・・の繰り返し。

これを、しっかり安定感高く維持するには、何が必要でしょうか。

今回は、走らされた時にボールにどう入るのか、オープンスタンスを主軸に考えてみましょう。

 

シングルスの試合で使える、左右に走らされた時のボールへの入り方の基本

 


 

1.ボールの軌道に先回り、がフットワークの基本

ストロークでも、これが基本になります。

相手が打ったボールに対して、その軌道に先回りする。

そして、しっかり止まってボールを打つ、のがテニスの基本。

でも、左右に走らされると・・・かなり乱れてしまう、という方がシングルスでも多いと思います。

この時のコツは、上手くオープンスタンスを使うこと。

軸足、からボールに先回りさせると安定感が増します!

 

2.右利きの方のフォアハンドなら・・・

まず、右足をしっかりとボールの軌道の後ろに回す。

この足が軸足、になってオープンスタンスでしっかり振っていく、ことが大事ですね。

出来るだけ、早く相手の軌道の先に軸足セット、だけをまずは意識してみて下さい。

ここで壁を作ってしまえば、あとはラケットを振るだけですから。

膝を軽く曲げて、スタンスを広く。

力まずにリラックスして、軸足セットをすれば大丈夫です。

 

3.上半身の捻りで、ラケットをコントロール

オープンスタンスは、上半身の捻り、戻しでボールを打つ。

だから、すごくシンプルに振れると思いますよ。

走って止まる、だけでもかなりストロークは神経と体力を使いますからね。

ラケットを振るという動作は、出来るだけシンプルにしたい。

走りながら、もう上半身は捻ってラケットをテイクバック、出来るように意識しましょう。

これが出来ていないで走っても、追いついて忙しくなるだけです。

捻ってテイクバック、の準備は本当に早く。

この意識だけで、かなり変わるはずですよ。

 

4.ボールの外側に軸足セット、で完璧!

私はいつも、出来るだけボールの外側に軸足をセット、でオープンスタンスを実行しています。

例えば右に走って右足を出すなら、ボールの右側、にセットしたい。

そうすると、無理なくストレートにも打てるし、クロスにも打てる。

この入りが甘いと、打てるコースが限られてきてしまうんですよね。

しっかりオープンスタンスで、外側に軸足セット。

これがシングルスの基本、でしょう。

 

走って止まる、ボールを打つ。

これが何度でも、安定して出来るかどうか。

オープンスタンスをしっかり使えるようになれば、相当守備範囲は拡がるはず。

まずは軸足セット、そしてそのセットの位置、意識してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    シングルス

    シングルスでのネットプレー、ファーストボレーはどんなイメージ?

    シングルスの試合でも、ネット二出ましょう!と、私は何度か言い続…

  2. シングルス

    シングルスの試合で、3回左右に振られたら厳しくなる方へ

    シングルスの試合で強い人って、左右の揺さぶりに強い。何度も走っ…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合のサーブ、には何を求めるべきだろう?

    シングルスの試合に出て頑張っているみなさん、サーブの調子はどうですか?…

  4. テニス ストローク
  5. テニス 守備

    シングルス

    シングルスの試合で有効な練習メニュー、「半面対全面のラリー形式」で、徹底したバック狙いを身に付けよう…

    シングルスの練習をしたいけど、どんなメニューが良いかいつも悩んでしまう…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    「中学レベルの技術」でも実践できる、シングルスで勝ちパターンを作る方法4つ

    シングルスの試合、自分で自由に出来るようで、実際は何をやったら良いのか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ボレー

    シングルスで「いきなり相手がボレーに出てきても、慌てない!」正面への緩いショット…
  2. テニス 練習

    サーブ

    ファーストサーブをネット、から全て崩れていく
  3. リターン

    リターンで反応速度を上げたいなら、ユラユラスタイルでいこう!
  4. ストローク

    テニスの試合のストロークで、「ボールが持ち上がらない・・・」と感じている人に、必…
  5. テニス知識

    HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
PAGE TOP