テニス サーブ

サーブ

サーブで力が伝わらない人は、肘が伸び切ってから打っている可能性大

サーブを打つ時に、力が伝わっていない人の典型例。

それって、肘が伸び切っている人が多いように感じます。

「高いところで打つ!」という意識が強いと、結果的に力が伝わらない。

ちょっとの意識で、サーブは生まれ変わるはずです!

 

サーブで力が伝わらない人は、肘が伸び切ってから打っている可能性大

 

1.例えば、ボールを投げると考えてみましょう

みなさんが、ボールを持って遠くに投げる時。

そのリリースポイントって、どのあたりでしょうか?

肘が伸び切った時?ではないはず。

むしろ肘が少し曲がった状態で、これから伸び切る!という少し前のポイント、だと思います。

私は、サーブもこれに近いと思っています。

ボールを投げるリリースポイント、一番遠くに飛ばせるポイント、で打ちたい。

そこで打てれば、効率的に力を伝えること、が出来るでしょう。

 

2.ボールをしっかり弾く、から良い回転がかかる

ボールに回転をかける、ことで良いサーブは打てる。

だからこそ、上に伸びていくような肘の状態、を作っておきたいんですよね。

伸び切った状態だと、もう力って伝えられないじゃないですか。

高い場所で触れても、ボールに力が伝わらないと意味が無い。

ボールを弾く、ことを意識すれば、少し肘が曲がって余裕が持てるような打点で打つことがベストでしょう。

ぜひ、みなさんも素振りしながら、どこが力を伝えやすいのか、を探してみて下さい。

 

3.肘の位置を、出来るだけ高く!

曲がっている状態で、なるべく高い位置に肘があるようにする。

疲れてきても、これだけは意識してみて下さい。

トスアップの後、出来るだけ早めに利き腕の肘を高い位置にセット、するだけでかなりサーブは良くなりますよ。

曲げた肘を伸ばしていく、そのスタート位置が高い感じですね。

ぜひ、鏡の前でチェックしてみて下さい。

普段は、意外と肘って上がらないですから。

 

4.打った後に最高到達点にいく!ようなイメージで

私はいつも、サーブは打ち終わった後に最高到達点!にラケットが届くような感じ。

当たって終わり、じゃないんですよね。

当たった後も、上に伸びていく。

そして、最高到達点に届く、ようなイメージが大事です。

打って終わり、のようなサーブって安定しないと思いませんか?

安定しているサーブって、打った後も動作が続いている、上に抜けていく感じがある。

ぜひ、練習から意識してみて下さい。

 

上方向への抜け、が何よりサーブでは大事。

これがあるからこそ、伸びがあるし良い回転が生まれる。

女性の方でも、力なんて要りません。

大事なのは、その使い方、ですからね。

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス サッカー

    サーブ

    高校サッカーを観ていて感じたこと、「テニスのサーブ」ってセットプレーに近いと思う

    私は毎年高校サッカーが好きで、年末年始はよく観ています。何気な…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合でサーブが入らなくなると、つい「顔の近くで打ちたくなってしまう」から余計入らなくなる

    テニスの試合でサーブが入らなくなると、陥る共通の問題があります。…

  3. テニス シングルス

    サーブ

    テニスの試合のサーブを打つ位置、「自分が打ちやすい場所から」って安易な発想だと思いません?

    サーブに自信が無い・・・人、ほとんどだと思います。そういう人は…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブ、セカンドサーブ関係無く「同じサーブを2回打つ」という作戦について考えてみる

    テニスの試合にたくさん出ていると、こういう相手と対戦する機会もあります…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブを打つポジション」で実力がある程度分かってしまう、その理由とは?

    「今日の相手の実力は、どの程度だろう・・・?」と考えながら、試合に入っ…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブトスが不安定」だとテニスの試合でリズム感が生まれない・・・

    サーブが安定しない人の原因っていくつかある。おかしいフォームっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスを前にするというのは、「着地で完全にコートの内側に入る」ということで…
  2. テニス リターン

    フットワーク

    テニスのラリーでは、「速いショットほど上半身で合わせにいかない」ことを意識すると…
  3. テニス ミス

    戦術

    相手との差を受け入れて、そこからがテニスの試合は勝負開始
  4. テニス ボレー

    ボレー

    前に詰めてのドロップボレー、はなぜ決まりやすいのか?
  5. テニス 練習

    テニススクール

    「テニスが好きだから、テニスコーチになりたい」人に伝えておきたい5つのこと
PAGE TOP