テニス メンタル

ボレー

テニスのネットプレーがぎこちない人は、「肘をピーンと伸ばし過ぎ」ていることが多い

ネットプレーが苦手・・・という方は、特に女性が多い。

両手のバックハンドや少し低い位置のボレーになると、ぎこちない形になる。

その方で多いのは、肘が伸びきってしまっていて、打点に「幅が無い」ケースも多々見受けられます。

ボレーと言えども、少しだけラケットを動かして打点に幅を持たせることは大事です。

 

テニスのネットプレーがぎこちない人は、「肘をピーンと伸ばし過ぎ」ていることが多い

 

■力が入り過ぎると、肘を伸ばしたようなフォームになる

腕だけの力で飛ばそうとすると、肘が伸びきってしまう。

そうなると怪我もしやすいですし、コントロールも悪くなる。

ですが自分自身がそうなってしまっている自覚が無いと、なかなか修正も難しいのがテニス。

一度、ボレーを打ち終わったときに、意識して止まってみて下さい。

肘が完全に伸び切っていると、それは危険なボレーと言えます。

 

■ボレーの基本は、軽く肘を曲げて打ち終わる

「えっ、伸ばして打ち終わるのダメ?」と思った方、もいると思います。

確かにポーチボレーなどで思い切り打点を前にしたような場面では、それも有効かも知れません。

ですがネットプレーでは、9割はスライス回転をかけた安定感のあるボールを打ちたい。

そうなると、肘を軽く曲げた状態から、そのままの形で前に踏み込みながら打ち終われると良いボレーになります。

なぜなら細かい、微調整が自分で出来るからです。

脇を空けて締める、というボレー動作の中で、肘の曲げ具合はあまり変えないようにしてみましょう!

 

■両手バックボレーは顔と打点を意識して近づけると安定する!

女性のバックボレーは、両手で打つ方が多いと思います。

この技術の難しいところは、あまり可動域が無い、という点。

だからこそ、少し肘を曲げた状態でボールに入る、そして顔の近くでボールを捕える意識が大切です。

足が動かないで肘先だけで打とうとすると、大抵が伸びて上手く打てない。

基本となるフットワークで、ボールを迎えにいく意識を持ちましょう!

 

ボレーの安定感は、身体の向きを足。

肘から先の動作は、毎回シンプルにしていくようにしましょう。

細かい調整はしますが、コースを変えたり回転量を増やすのは、肘先の動きでは無理。

この機会に肘が伸びないボレー、磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    ダブルスで4人がつなぎ合うボレーを打破するには、アングルボレーを使うしか無い

    ダブルスの試合、特に女子ダブルスですかね。40代以上のベテラン…

  2. テニス ダブルス

    ボレー

    テニスで「どうしてもポーチに出れない・・・」と感じているアナタへのヒント5つ

    パートナーがせっかく後ろで頑張っているのに、どうしてもポーチに出れない…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    試合で使えるドロップボレーは「腕の形を作ってしまって下半身で滑り込む」を実践すると打ちやすい!

    今回は、ドロップボレーを打つ際のコツ、アイデアを一つご紹介。腕…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    【動画リンク有り(外部)】ボレーのテイクバックをコンパクトに改善するコツ

    今回は、外部のサイトの動画を通じて「コンパクトなボレー」を解説してみた…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーで覚えたいタッチ感覚は、「ボールのどこをラケットで触るのか」の方が大事

    ボレーで磨きたい、「タッチ感覚」。柔らかいドロップ系のショット…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ネット近くまで詰めることが出来たら、ラケットの位置をアゴ下まで上げて高く構えよう

    ボレーで決定力が無い、ポーチで決まらない・・・。人は、まずこの…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス サークル

    練習メニュー

    大学生からサークルでテニスを初めても、どんどん上達していく人の特徴4つ
  2. テニス 錦織圭

    Q&A

    Q&A「バックハンドストロークが、片手か両手か定まりません・・・」
  3. テニス 指導

    練習メニュー

    練習中に「ごめん」は、卒業しよう
  4. ストローク

    ストロークのラリー戦で、「どのエリアにバウンドしたボールから攻撃していくか?」は…
  5. テニス 練習

    メンタル

    練習でも試合でも、テニスコートに立てば人格を変えられる人になろう
PAGE TOP