テニス メンタル

ボレー

テニスのネットプレーがぎこちない人は、「肘をピーンと伸ばし過ぎ」ていることが多い

ネットプレーが苦手・・・という方は、特に女性が多い。

両手のバックハンドや少し低い位置のボレーになると、ぎこちない形になる。

その方で多いのは、肘が伸びきってしまっていて、打点に「幅が無い」ケースも多々見受けられます。

ボレーと言えども、少しだけラケットを動かして打点に幅を持たせることは大事です。

 

テニスのネットプレーがぎこちない人は、「肘をピーンと伸ばし過ぎ」ていることが多い

 


 

■力が入り過ぎると、肘を伸ばしたようなフォームになる

腕だけの力で飛ばそうとすると、肘が伸びきってしまう。

そうなると怪我もしやすいですし、コントロールも悪くなる。

ですが自分自身がそうなってしまっている自覚が無いと、なかなか修正も難しいのがテニス。

一度、ボレーを打ち終わったときに、意識して止まってみて下さい。

肘が完全に伸び切っていると、それは危険なボレーと言えます。

 

■ボレーの基本は、軽く肘を曲げて打ち終わる

「えっ、伸ばして打ち終わるのダメ?」と思った方、もいると思います。

確かにポーチボレーなどで思い切り打点を前にしたような場面では、それも有効かも知れません。

ですがネットプレーでは、9割はスライス回転をかけた安定感のあるボールを打ちたい。

そうなると、肘を軽く曲げた状態から、そのままの形で前に踏み込みながら打ち終われると良いボレーになります。

なぜなら細かい、微調整が自分で出来るからです。

脇を空けて締める、というボレー動作の中で、肘の曲げ具合はあまり変えないようにしてみましょう!

 

■両手バックボレーは顔と打点を意識して近づけると安定する!

女性のバックボレーは、両手で打つ方が多いと思います。

この技術の難しいところは、あまり可動域が無い、という点。

だからこそ、少し肘を曲げた状態でボールに入る、そして顔の近くでボールを捕える意識が大切です。

足が動かないで肘先だけで打とうとすると、大抵が伸びて上手く打てない。

基本となるフットワークで、ボールを迎えにいく意識を持ちましょう!

 

ボレーの安定感は、身体の向きを足。

肘から先の動作は、毎回シンプルにしていくようにしましょう。

細かい調整はしますが、コースを変えたり回転量を増やすのは、肘先の動きでは無理。

この機会に肘が伸びないボレー、磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのネットプレーで、「足元に沈んでくるストロークを、ボレーで深く返球」するための意識4つ

    ネットより低い位置のボレー、テニスでは難しい技術の一つ。特に激…

  2. テニス 環境

    ボレー

    ゆっくりしたロブのバックボレーカット、練習しておかないと

    簡単そうに見えて、すごく難しいショット。テニスでは、「緩いロブ…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    片脚が少しだけ浮いている状態、の方がボレーは打ちやすい

    体重を乗せた、重たいボレーを打つ為のコツ。みなさん、何を意識するこ…

  4. テニス リターン

    ボレー

    ストローク主体のプレイヤーは、「前におびき出して、ボディ狙い」で簡単に調理出来ます

    ボレーやネットプレーが苦手な相手は、ずっと後ろでストロークばかり。…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    自分のボレーに、「伸びが無い」と感じている人は、打つ瞬間に前足が上がっているかを確認しよう

    ネットに出てボレーをしても、簡単に相手から返されてしまう。また…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    「フォアハンドのハイボレーでコースを隠す」ことが出来れば、チャンスを確実に決められる!

    ハイボレーは簡単?そんな方は、どこか勘違いしているように思いま…

特集記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    「バウンド後に外に逃げていくストローク」を打っていこう
  2. テニス ストローク

    ボレー

    シングルスの試合で上手くスライスを使ってくる相手には、早めにネットプレーを見せて…
  3. テニス 言葉

    シングルス

    「ボールに勢いがない対戦相手」に苦労する、のは何でだろう?
  4. テニス 練習

    ストローク

    テニス初心者の方にありがちな、「ストロークで肘が後ろに残る形」を修正しよう
  5. テニス リターン

    ストローク

    ストロークの打点までは手首を固定して、フィニッシュでリラックスして解放しよう
PAGE TOP