テニス メンタル

ボレー

テニスのネットプレーがぎこちない人は、「肘をピーンと伸ばし過ぎ」ていることが多い

ネットプレーが苦手・・・という方は、特に女性が多い。

両手のバックハンドや少し低い位置のボレーになると、ぎこちない形になる。

その方で多いのは、肘が伸びきってしまっていて、打点に「幅が無い」ケースも多々見受けられます。

ボレーと言えども、少しだけラケットを動かして打点に幅を持たせることは大事です。

 

テニスのネットプレーがぎこちない人は、「肘をピーンと伸ばし過ぎ」ていることが多い

 


 

■力が入り過ぎると、肘を伸ばしたようなフォームになる

腕だけの力で飛ばそうとすると、肘が伸びきってしまう。

そうなると怪我もしやすいですし、コントロールも悪くなる。

ですが自分自身がそうなってしまっている自覚が無いと、なかなか修正も難しいのがテニス。

一度、ボレーを打ち終わったときに、意識して止まってみて下さい。

肘が完全に伸び切っていると、それは危険なボレーと言えます。

 

■ボレーの基本は、軽く肘を曲げて打ち終わる

「えっ、伸ばして打ち終わるのダメ?」と思った方、もいると思います。

確かにポーチボレーなどで思い切り打点を前にしたような場面では、それも有効かも知れません。

ですがネットプレーでは、9割はスライス回転をかけた安定感のあるボールを打ちたい。

そうなると、肘を軽く曲げた状態から、そのままの形で前に踏み込みながら打ち終われると良いボレーになります。

なぜなら細かい、微調整が自分で出来るからです。

脇を空けて締める、というボレー動作の中で、肘の曲げ具合はあまり変えないようにしてみましょう!

 

■両手バックボレーは顔と打点を意識して近づけると安定する!

女性のバックボレーは、両手で打つ方が多いと思います。

この技術の難しいところは、あまり可動域が無い、という点。

だからこそ、少し肘を曲げた状態でボールに入る、そして顔の近くでボールを捕える意識が大切です。

足が動かないで肘先だけで打とうとすると、大抵が伸びて上手く打てない。

基本となるフットワークで、ボールを迎えにいく意識を持ちましょう!

 

ボレーの安定感は、身体の向きを足。

肘から先の動作は、毎回シンプルにしていくようにしましょう。

細かい調整はしますが、コースを変えたり回転量を増やすのは、肘先の動きでは無理。

この機会に肘が伸びないボレー、磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    前衛で動きまくった後は、「動かないこと」が最高のフェイントになる

    「とにかく、前衛では動きましょう!」と、何度も書いて来ました。…

  2. ボレー

    ネットプレー上達のコツは、「ボールキープの感覚」を持つこと

    ネットプレーがなかなか安定しない、ボレーが苦手・・・。そういう…

  3. ボレー

    「ネットにガン詰めしたボレー」とストロークのラリー練習、は試合を想定すると無意味です

    先日あるテニスコートで練習している風景を観て、感じた疑問。ボレ…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーで顔を残すことが出来れば、打てるコースは自然に拡がる

    試合で最後、ポイントを取る場面。これって、多い例としてはハイボ…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    安定感のあるボレーを継続できる人は、「ラケットを動かし過ぎない」からミスが少ない

    テニスが上手い人に限って、言うセリフってあると思いませんか?私…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    右利きのフォアハンドボレー、左半身から反応させて前に

    フォアハンドボレーを、コントロールボレーに。これは、みなさんの…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. ダブルス

    「ダブルスの試合で相手前衛にポーチされまくり・・・」アナタのテニスを助ける技術と…
  2. テニス フットワーク

    ダブルス

    フォアハンドの逆クロスが得意なら、雁行陣の後衛でどんどん回り込んで自分のゾーンを…
  3. ボレー

    ボレーをふかし気味にアウトばかりしてしまう人は、「準備でラケットを上げる高さ」が…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスでやたらと自分の負け試合を美談にする人」は、そのまま生涯3回戦止まりで終…
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「格下相手の試合でも、必ずプランB」を用意しておくことが大事
PAGE TOP