リターン

リターンダッシュで意識したい、ボールへの力の伝え方

試合で有効なリターンダッシュ。

特に相手のセカンドサーブは、しっかり攻撃していきたいですよね。

でも、トライしてみてもアウトが多く、安定しないという方も多いでしょう。

リターンダッシュ、に必要な力って、本当に少しで良い。

私はそう思います。

 

リターンダッシュで意識したい、ボールへの力の伝え方

1.身体自体をぶつけていく、からパワーが生まれる

前に踏み込みながら、シンプルにリターン。

この、前方向への推進力って、結構あるんですよ。

身体の重さ、体重をボールにぶつけていく感じですからね。

ここに、腕の力を大きく加えたら、当然安定しない。

だからこそ、リターンダッシュは前方向にステップ、踏み込んでいく力をベースに使う。

上半身の力、はほとんど使わなくて大丈夫なはずですよ。

 

2.上半身は、面作りに徹しよう

力は下半身、身体全体の力を使う。

であれば、上半身はラケット面作り、に徹する。

良い向き、でコンパクトにリターンすることだけに集中すれば大丈夫。

打とう、と思う必要すらないでしょう。

私はいつも、相手サーブの向きを変えてあげる、くらいに意識しています。

力は前に入っていけば、自然に伝わりますからね。

そのためにも、しっかりポジションを前にしておくことが大事です。

 

3.ネットに近い位置でリターンすれば、プレッシャーも少ない

ネットの近く、ある程度サービスラインくらいまで近づくこと。

これが出来れば、リターンのプレッシャーって少なくなる。

ネットから遠いと、超えないといけないプレッシャーが強いじゃないですか。

飛ばさないといけない、と思うからアウトする。

でも、予め前に入っておけば、ネットが近いから楽。

確かに反応は早くしないといけないですけど、強く打たなくて良いというプレッシャーが無いだけで、かなりリラックス出来るはずです。

 

4.前に入りながら、身体をぶつけていくことが大事!

リターンダッシュ、まずこの基本を確認しましょう。

しっかり、身体をボールに寄せていけているかどうか。

この力、でボールを飛ばす訳ですからね、しっかり前に入らないとダメ。

そのまま前に出てネットプレー、に移行する中で、リターンはあくまで通過点。

言い方は悪いですが、ここはサクッと終わって、次です。

勝負はその次、のネットプレーですからね。

リターンでパワーを使う必要、なんて無いですよ。

 

リターンダッシュって、慣れて来ると全然パワーを使わない。

ネットプレーでも相手からミスをもらえるし、すごく楽な戦い方が出来るはずです。

まずは、力の伝え方からですね。

シンプルに、効率的に考えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    両手バックハンドリターン、ラケット面は上向きで打ち終わろう

    両手バックハンドリターン、を打つ選手のみなさん。このリターン、…

  2. テニス 技術
  3. リターン

    ジャックナイフリターン、で攻めよう!

    少し前までは、異端なショットだったかもしれません。でも、現代…

  4. リターン

    テニスのリターンで構えるときの基本は、「ワイドに速いサーブは捨てる」ことも大事

    テニスの試合のリターン、あえて言わせて頂きます。皆さん、「漠然…

  5. テニス メンタル

    リターン

    思い切りの良いリターンでは、「フォアかバックかを決めて待つ」くらいの気持ちが大事

    錦織選手の活躍のニュースが続く全仏オープン。何と言っても、リタ…

  6. テニス ストローク

    リターン

    リターン時の身体の向きは、少しだけコートの内側向きに

    リターンをしっかり、返球したい。そう考えると、しっかり身体の向…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    フットワーク

    「いつも通りのショット」を打つ為に、必要なフットワークのポイント8つ
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュでネットミスが多い人は、「ラケット面下半分」にボールが当たっている可能…
  3. テニス 不安

    戦術

    結果オーライ、だから勝てないんです
  4. テニス ボレー

    ロブ

    インドアコートの試合では、「高いロブは打てない」のを活かすには?
  5. リターン

    ダブルスのリターンダッシュ、からの並行陣は必須の戦術です
PAGE TOP