テニス イベント

練習メニュー

技術の習得に期限を設ける、のがテニスの練習の基本スタンス

最近、みなさんは何を練習してますか?

まず、これを、パッと言えるかどうか。

そして、その技術はいつまでに、どの程度の習得を目指しているのか・・・イメージは付いてますか?

これ、ある程度期限を設けないと、ダラダラといつまで経っても同じ、ですよ。

試合って、試験みたいなもの。

試験に向けて勉強していく、から頑張れると思いませんか?

 

技術の習得に期限を設ける、のがテニスの練習の基本スタンス

 


 

1.試験勉強は、終わりがあるから頑張れる

受験でも何でも、そうじゃないですか。

期限があるから頑張れる、そこで出し切ると考える。

テニスも私は、近いものがあると思いますよ。

例えば「ドロップショットを身に付けたい!」と思ったら、次の試合、またはその次の試合を試験に定める。

ここまで、しっかり習得出来るように頑張る。

完璧じゃなくても良い、そこで期限を切ってしまう方が良い。

私は、それでこそ技術の成長にメリハリが生まれる、と思いますよ。

 

2.ダラダラといつまでも習得、出来る訳が無い

良いんです、強引に。

例えばあと1ヵ月、と考えたら、練習方法だって変わる。

危機感も生まれるし、何より自分で考えるようになりますからね。

強化して発表して、また次の段階に向かっていく。

この繰り返し、が出来ない人ってテニス選手でも多いですよ。

いつ話しても、「今はサーブを練習していて・・・あ、ボレーも・・・」みたいな感じ。

来年聞いても、変わらない。

結果的にその選手は、ずっと変わらないということです。

 

3.練習したことを試合で試す、から成長出来る

これが出来ないと、練習が楽しくないですから。

言い方を変えれば、練習が成長しないんですよね。

良い練習、が出来ている人って、練習方法やスタンス、をいつも変え続けてきている。

試合で試しては変えて、を繰り返しているから、練習が成長していけるんです。

さて、私たちはどうでしょう。

何も考えないで人の練習会に行ったり、テニススクールではコーチ任せ・・・ばかりになってはいませんか?

 

4.時間は有限、でも平等に流れている

どう使うかって、すごく大事だと思います。

期限を設けて、しっかり試合で試していく、回していく。

これって、限られた時間の中で成長出来る人の発想、ですよね。

時間だけは、皆に平等に流れていますから。

練習環境やキャリア、はなかなかすぐには変えられないじゃないですか。

私たちが変えていけるのは、時間の使い方。

これで対抗していくしかないと思いますよ。

 

2か月、くらいでしょうか。

2か月何かをしっかり取り組んで、試合に出て試してまた変えていく。

これくらいのスパンで回してみると、自分でもカスタマイズしやすいと思いますよ。

大事なのは、アナタ自身で考え、感じること。

期限を設けるのも、アナタ自身ですから。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. 練習メニュー

    「部活の練習の雰囲気を変える!」勝てるチームが実践している、競争原理に基づく工夫とは?

    高校や大学の体育会、サークルでも本気で試合に勝ちたいとテニスに取り組む…

  2. テニス ダブルス

    練習メニュー

    「ネットプレーのレベルを一段上げる」テニスに必要な肩を入れたボレーの練習メニュー

    ストローク以上に、打つコースを隠すことが重要なのがボレー。シン…

  3. テニス サーブ

    練習メニュー

    シングルスの試合で、「効果的なサーブ&ボレー」の使い方を身に付ける練習メニュー

    シングルスの試合は、ストロークラリー中心。なプレースタイルの方…

  4. テニス ダブルス

    練習メニュー

    テニス選手として、「試合での敗戦を、活かせる人と活かせない人」の違い5つ

    テニスの試合、勝った試合よりも負けた試合。これを、どう活かすか…

  5. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスの練習の基本、「自分のテーマと、相手のテーマ」を理解して実践出来ているだろうか

    テニススクールでも部活でも、「テーマ」って大事。個人テーマ、ク…

  6. テニス 気付き

    練習メニュー

    練習中のボールの拾い方一つでも、「ラケットワークの練習になる」ことを忘れない

    テニスの練習は、コート上に入れる人数が限られている。テニススク…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    サーブ

    試合の後半で体力を消耗したときに、「しっかりファーストサーブを入れていく」のに必…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「前は得意だったフォアハンドストロークが、おかしい・・・」と感じたら、意識して欲…
  3. その他

    「さぁ、走り込みを始めよう」テニスの試合で技術を活かす為にもベースとなる体力は絶…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブ練習を工夫したい!」なら、より実践的に且つ自信に変えていく練習にしていき…
  5. シングルス

    シングルスの試合で「相手を後ろに下げるストローク」が打てたときには、迷わず前に詰…
PAGE TOP