テニス メンタル

日々の雑記

危ないところにこそ、踏み込んでいこう

いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います。

連休ですね・・・今日明日、でお休みの方は大型連休、羨ましい限りです。

試合に出る!という方も、たくさんいらっしゃると思います。

本当に、急激に気温が上がって暑くなってきてますので、体調管理には充分に気を付けて頑張って下さいね。

 

さて、連休の間に、私もたくさんのチャレンジを仕込んでいます。

ちょっとまだ公開は出来ないんですが、T-PRESSとして「iphoneアプリ」を作ることに挑戦しようかと。

今はサイトをブラウザ、でご覧頂いている方がほとんどだと思うんですが、アプリでサクサク見れると便利なんじゃないかなと思って、勉強しながら頑張ってます。

新しいことって、怖いことも多いですが・・・私自身、挑戦の意味も込めて。

 

でもこれって、テニスの試合でも一緒だと思うんですよね。

アプリを作る、というのは私にとって新しいチャレンジ。

もちろん、失敗することもあるでしょうし、一応お金もかかっているので失敗するとそれなりに損失も大きい。

でも、やっぱりチャレンジ無くして成長無し、ですから。

これは、私がみなさんにも訴えていることですので、自分で実践しないと説得力が無いですしね。

危ないところ、に踏み込んでいきたいなと。

試合でもそうじゃないですか。

当たり前のコース、安全圏で勝負して勝てるのは、それまでの相手。

自分から、いかに危ないところに踏み込んで、相手の痛いところを突けるかどうか。

こういう視点って、すごく大事だと思うんですよね。

 

なかなか、出来ないんですよ。

試合の中でリスクを負う、危ないところに踏み込んでいく、ということが。

でも、今みたいな連休中って、ちょっとチャンスだと思います。

時間も取れるし、非日常的なことをしても、回復出来る。

何より、テニスの試合での失敗は、またテニスで取り返せば良い。

いつも通り、のお休みを過ごすのも休息には良いと思いますが、みなさんには少し刺激、が足りないでしょう。

ちょっとしたこと、でも良いと思います。

一緒に危ないところ、に踏み込んでみませんか?

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス コントロール

    日々の雑記

    「とりあえず批判しとこう」的な自分を、誰も批判してはくれない

    今年もあっという間に6月、ですね。なんだかもう、今年も半分が終…

  2. テニス グッズ

    日々の雑記

    今自分の目の前で起きていることは、全て自分が引き起こしていること

    テニスを続けていれば、基本上手くいかないことばかり。そうじゃな…

  3. テニス Q&A

    日々の雑記

    T-PRESSとテニススクールの、決定的な違いについて

    2018年、今年はみなさんにとってどんな一年、になるでしょうか。…

  4. 日々の雑記

    誰も見ていない場所、コートから離れた場所で

    1月8日は成人の日、ですね。実は私、実際に自分が20歳の頃にこ…

  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    大したことじゃないけど、新しいこと始めます

    いつもサイトを観て頂き、ありがとう御座います!先月実施したアン…

  6. テニス メンタル

    日々の雑記

    自分が主語のテニスを、いかに楽しめるか

    何だか急に寒くなってきて、体調を崩している方も多いんじゃないでしょうか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 目

    その他

    「何でもテニス目線」を養えば、アナタの試合力は必ず上がります
  2. リターン

    ストロークは得意なのに「リターンが苦手・・・」な人は、発想を変えてみると劇的に安…
  3. テニス メンタル

    サーブ

    本当にサーブが強い選手とは、1発がある選手じゃなくて「ファーストサーブが崩れない…
  4. テニス 練習

    リターン

    「セカンドサーブを叩ける」相手には、ペアで息を合わせて!
  5. ダブルス

    「ダブルスって人が多すぎてつまんない!?」シングルスでも活かせるテニスの考え方を…
PAGE TOP