テニス メンタル

日々の雑記

危ないところにこそ、踏み込んでいこう

いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います。

連休ですね・・・今日明日、でお休みの方は大型連休、羨ましい限りです。

試合に出る!という方も、たくさんいらっしゃると思います。

本当に、急激に気温が上がって暑くなってきてますので、体調管理には充分に気を付けて頑張って下さいね。

 

さて、連休の間に、私もたくさんのチャレンジを仕込んでいます。

ちょっとまだ公開は出来ないんですが、T-PRESSとして「iphoneアプリ」を作ることに挑戦しようかと。

今はサイトをブラウザ、でご覧頂いている方がほとんどだと思うんですが、アプリでサクサク見れると便利なんじゃないかなと思って、勉強しながら頑張ってます。

新しいことって、怖いことも多いですが・・・私自身、挑戦の意味も込めて。

 

でもこれって、テニスの試合でも一緒だと思うんですよね。

アプリを作る、というのは私にとって新しいチャレンジ。

もちろん、失敗することもあるでしょうし、一応お金もかかっているので失敗するとそれなりに損失も大きい。

でも、やっぱりチャレンジ無くして成長無し、ですから。

これは、私がみなさんにも訴えていることですので、自分で実践しないと説得力が無いですしね。

危ないところ、に踏み込んでいきたいなと。

試合でもそうじゃないですか。

当たり前のコース、安全圏で勝負して勝てるのは、それまでの相手。

自分から、いかに危ないところに踏み込んで、相手の痛いところを突けるかどうか。

こういう視点って、すごく大事だと思うんですよね。

 

なかなか、出来ないんですよ。

試合の中でリスクを負う、危ないところに踏み込んでいく、ということが。

でも、今みたいな連休中って、ちょっとチャンスだと思います。

時間も取れるし、非日常的なことをしても、回復出来る。

何より、テニスの試合での失敗は、またテニスで取り返せば良い。

いつも通り、のお休みを過ごすのも休息には良いと思いますが、みなさんには少し刺激、が足りないでしょう。

ちょっとしたこと、でも良いと思います。

一緒に危ないところ、に踏み込んでみませんか?

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス 粘り

    日々の雑記

    心の中に、持てる狂気が試合を動かす

    いつもT-PRESSを購読頂きまして、ありがとう御座います。そ…

  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    新年明けましておめでとう御座います

    遅くなりましたが、新年明けましておめでとう御座います。更新が滞…

  3. テニス 練習

    日々の雑記

    勝つことは難しくない、勝ち続けることが難しい

    今は、まさにテニスの試合や大会が多いシーズンですよね。ちょうど…

  4. テニス 客観視

    日々の雑記

    日本のスポーツ中継を観ていて、気持ち悪いと感じるのは私だけでしょうか?

    それにしても、「前からこんなだったっけ?」と、思ってしまう。高…

  5. テニス ダブルス

    日々の雑記

    アナタ目線、は永遠の財産になる

    いつも記事を読んで頂き、ありがとう御座います。あと2週間、でも…

  6. テニス ミス

    日々の雑記

    世界トップクラスの選手のコーチ、はもちろん凄いけれども

    私は思うんですけど、テニスって凄いスポーツだと思うんです。だっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス リターン

    ボレー

    実はバックボレーは武器になる、ことを証明します
  2. テニス サーブ

    スマッシュ

    「スマッシュを磨きたければ、スライスロブを打ち抜け!」一般レベルの試合の勝敗は、…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    【保存版】テニスの試合でのセカンドサーブに悩む方へ贈る人気のTOP7記事
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「時間無制限!」テニスの試合はラストポイントまで続いてくという意識を持って
  5. テニス ロブ

    テニススクール

    中級者から先のステップに、「自分中心を卒業する」という視点は欠かせない
PAGE TOP