ボレー

相手が打って来るスライスストロークは、格好のドロップボレーチャンス!

アナタ自身が前にいて、相手がストローク。

この時、スライスでのストロークを打って来たとしたら・・・アナタはチャンス。

相手ストローク、スライスのストロークをボレーで対応するなら、必ずドロップボレーという選択肢が欲しい。

単純に、打ちやすいですからね。

 

相手が打って来るスライスストロークは、格好のドロップボレーチャンス!

 

1.相手のボールが遅いなら、チャンスがある

ドロップボレーって、実際難しい。

相手が打ってから、前に落とす、と決めるまでの時間が欲しいですからね。

相手のスライスストローク、の時には、その余裕が出来るはず。

相手の動きもよく見えるし、何よりスライス回転しているボールは、自分からもスライス回転をかけていきやすい。

慣れてくると、すごく楽ですよ。

しっかり意識出来ていれば、「よし!ドロップ!」と自然に思えるはずです。

 

2.スライスを打って来る相手、かどうかを早めに見極めよう

まず、バックハンドですね。

特に、片手でストロークを打つ相手、はスライスしか打てない相手も多い。

ベテランの男性、なんかそうですよね。

前に出て、スライスで沈められたりロブを打たれたり・・・厄介ですが、慌てる必要はありません。

とにかく、ロブ以外、足元に打たれたりしたボールも前に落とす、ドロップボレーという選択肢を持ちましょう。

しっかりスライス回転をかけて、相手の前に落とす。

スライスのストロークで打って来る、と分かっていれば、事前に準備も出来るはずです。

 

3.どこに落とすのか?をイメージして待とう

コツとしては、まず落とす場所を決める。

ダブルスなら、相手の前衛もいますからね。

その前衛から遠い位置、に出来れば落としたい。

相手の後衛、を走らせたいし触らせたい、ですからね。

前に落とす、と決めておくのは大事ですが、その場所も決めておきたいところ。

ここまでイメージ出来て待てれば、何も心配いりません。

 

4.「スライスを打ったら、やられる」というイメージを相手に植え付けよう

これが目的、です。

ポイントを取るだけ、じゃない。

相手に、「アナタのスライスは、効きませんよ」というメッセージを送る。

これって、辛いですよね。

バックハンドなんて、もうどうしていこうかと悩む。

ロブしかない、と思うようになるかも知れませんね。

アナタ自身が、しっかりドロップボレーで仕留める、ことが出来れば大丈夫。

それはアナタ自身から、相手に送るメッセ―ジですから。

 

遅いボールを前に落とす、そんなドロップボレーならしっかり打って良い。

ちょん、と触るだけだと逆に難しいですから。

しっかりラケットも動かして、スライス回転をかけて打ってみましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. テニス 大学

    ボレー

    ハーフボレーを選択した時点で、アナタは壁にならないと

    試合で使える細かい技術、ハーフボレー。このショットのコツは、し…

  2. ボレー

    テニスのネットプレーでは、「相手がいる位置よりも空きスペース」を意識してラリーすることが大事です

    ネットプレー、ボレーでなかなかイメージ通りのプレーが出来ない人は、もし…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの並行陣に必要な「ローボレーを安定して深く返球する」為のポイント5つ

    テニスのダブルスで2人がネットに出てプレーする、並行陣の陣形。…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ハーフボレーは、ラケット動作を止めて待って良い

    低い位置のボレーを、ワンバウンドさせてハーフボレーにしていく。…

  5. テニス メンタル

    ボレー

    テニスのネットプレーがぎこちない人は、「肘をピーンと伸ばし過ぎ」ていることが多い

    ネットプレーが苦手・・・という方は、特に女性が多い。両手のバッ…

  6. テニス 練習

    ボレー

    テニス部としての練習で、「強引なネットプレーの練習」は必要!特に女子テニス部に

    普段のテニス部の練習、どうしてもストローク中心になっていませんか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    セルフジャッジの試合では、「自分がミスショットしたときに、声を出さない」相手がア…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    全仏オープンを観て感じる、「ベースラインで粘る形」の進歩系について
  3. テニス ボレー

    ボレー

    コントロールの良いネットプレーは、「ボールを飛ばす方向を見ない」ことから
  4. テニス ダブルス

    サーブ

    「アンダーサーブ」を見下していると、大事な試合で相手のアンダーサーブに泣くことに…
  5. テニス メンタル

    テニススクール

    「アドバイスいっぱい欲しいんだったら・・・」テニスコーチと選手の関係は積極的なコ…
PAGE TOP