テニス メンタル

シングルス

「女性の初中級プレイヤー」が戦うシングルスの試合で、使いたいテニス戦術5つ

目次

社会人になると、特に女性はダブルスでの試合が多くなります。

シングルスは体力も無いし、どう戦って良いか分からない・・・という方も多いと思います。

そこで今回は、学生の方でも社会人、ベテランの方でも、レベルに関係無く有効な戦い方を確認してみたいと思います。

 

「女性の初中級プレイヤー」が戦うシングルスの試合で、使いたいテニス戦術5つ

 

1.ゆっくりでも深いストロークを安定して打ち続ける

地味ですが、一番ベースとなる技術が大切です。

ネットの高い場所を通して、しっかり深いボールを安定して打ち続けること。

その為には、初中級の方でも早い準備でしっかり動いて止まって打つこと。

試合ではどうしても緊張してラケットを振りきりにくくなりますが、ゆっくり振り切るストロークをシングルスでは意識しましょう。

 

2.ファーストサーブは「バック狙い」、セカンドサーブは「ボディ狙い」

シングルスの試合で、緊張する場面の一つはサーブを打つとき。

試合前にしっかりと作戦を立てて、実際の試合の場ではそれを実践するのみにしておきましょう。

テニス初中級の方でも、ファーストサーブはまずゆっくりバック側を狙ってみる。

セカンドサーブは確率重視ですが、できるだけ相手のファア側は避けたいので明確な目印のある相手のボディを狙いましょう。

実際に打ったコースが外れても大丈夫。

しっかりとコースを決めて、試合に臨むことが大切です。

 

3.騙されたと思ってトライしてもらいたい、「序盤でのネットプレー」

ストロークがメインの戦いになりますが、ぜひ序盤でネットに出る動きを入れてみてください。

ポイントを落としてしまっても、OK。

「ボレーは苦手だし・・・」という方も、相手に対してまずは攻撃的にプレッシャーをかけることが大切。

もし上手く決まる、または相手のミスを誘えれば、そのダメージは終盤まで効いてきます。

 

4.チェンジオブペースで、攻撃のチャンスを伺う、実行する

1.で述べたように安定したストロークでまずはラリーをする、自分からのミスを減らす、というのが大前提。

そんな中で、ここぞというポイントでは攻撃することも大切。

これは、力を入れてパワーショットを打つのではなく、タイミングを早くする、変えることで相手を慌てさせるのがコツです。

ライジングショットがとても有効です。

特に女性はバックハンドの両手打ちで実践しやすいショットですので、ぜひ練習で磨いてここぞというシングルスの試合で使えるようにしましょう。

 

5.大切なのは、「自分一人で試合を楽しむ力」

最後に、女性でシングルスの試合が苦手、または試合に出たくないという方に共通することを少し。

シングルスは何をやっても、アナタ自身の責任であり成果になります。

その環境、しっかり楽しめていますか?

普段の部活やサークル活動の中で、どこか周りに任せてしまっていたり、主体性の無い行動をしていると、シングルスの試合では勝てません。

ときにテニスはしっかり自分と向き合い、自分と会話しながら練習し鍛錬していくスポーツ。

シングルスの試合はまさに、それの繰り返しなのです。

 

今回はあくまで、基本的な考え方について書いてみました。

実際に、「サーブが入らない・・・」「フォアで攻めていけない・・・」「体力が無い・・・」という、皆さんの個人の課題はたくさんあると思います。

でもそんな課題も、試合に出てみると意外に「克服できるきっかけ」が見つかるかも知れません。

シングルスの試合に出なければ、見つからないものが必ずあります。

これから秋のシーズン、いつものトーナメントにシングルスでもぜひ、エントリーしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. シングルス

    シングルスの試合ではまず、「70点のショットを3連続」を意識しよう

    シングルスの試合で、最初の入り方。サーブからでもリターンからでも、…

  2. テニス フットワーク

    シングルス

    「ただ粘るだけじゃ、試合に勝てない!」相手からミスを誘うシングルスの試合での粘り方5つ

    シングルスの試合、ミスの少ないテニスでの粘りは必要。何度も書い…

  3. テニス リターン

    シングルス

    ダウンザラインへのストロークの展開は、相手に「背中を向ける」準備でバッチリ!

    ストロークでの、ダウンザラインへの展開。シングルスでは、不可欠…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    テニスの試合、我慢こそ運を呼ぶきっかけになる

    テニスの試合、最後に勝てる人は我慢が出来る。序盤にしっかり、試…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    意図的に浅いボールを打ってネットダッシュ、はシングルスで超絶使える基本パターン

    オムニコートでの試合、先日のインターハイをネットで観戦していたときに、…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合に必要なストローク、バウンド後の伸びをアップする方法5つ

    シングルスの試合、欲しいのはストロークの伸び・・・ですよね。バ…

特集記事

  1. ボレー

    テニスの試合で効果的なボレーは、「山なりで深い、遅い」が大前提です
  2. メンタル

    テニス選手なら、「勝つべき選手に対しての憧れ」を絶対に抱いてはいけない
  3. その他

    テニスの試合は、「総得点数」で劣っても勝てるという事実に目を向けよう
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスのトーナメントで良い成績を上げたなら、すぐに0に戻してまた練習を再開しよう…
  5. テニス 部活

    その他

    試合に勝てるテニス選手になりたければ、「数を打てれば満足」な練習から脱皮しないと…
PAGE TOP