テニス 目

戦術

相手が打つ前に、「良い態勢なのかどうか?」は必ずチェック!

相手が打つたびに、毎回ビックリ。

これでは試合で、予測も何もあったものじゃない。

シンプルに、まずみなさんここを意識していきましょう。

相手の打つ前の態勢、を見て何を感じるか。

この感じる力、が何よりテニスでは大事です。

 

相手が打つ前に、「良い態勢なのかどうか?」は必ずチェック!

 


 

1.毎回良い態勢、で打っている選手はいない

これ、意外と見落としてますよね。

相手を見ている、ようで何となくでしか見ていないんです。

しっかり「良い態勢なのか?」という視点で見れば、何かを感じることが出来る。

「振り遅れているな」

「走って打つから、そんなに強い球は来ないな」

というのを、感じられるかどうかが大事なんです。

 

2.相手が良い態勢だったら?

当然、攻撃されます。

その場合少し下がるのか、一番来そうなコースに寄って待つのか、色々な策はありますよね。

漠然と待つのではなく、しっかり相手の攻撃を受け止める準備をする。

何も、ビビる必要は無いですよ。

意識を守備的に切り替えることで、かなり守備範囲は拡がるはずですから。

ぼーっと待って打たれる、よりもしっかり危険を感じておくこと。

これは、練習から意識しないと身に付かない感覚です。

 

3.相手が態勢を崩していたら・・・?

これは、チャンス。

ただ、まだチャンスの芽があるだけで、それをしっかりチャンスに出来るかどうかはアナタ次第、でしょう。

相手が振り遅れる、ならクロスには来ないから逆クロスに張って待つ。

相手が走りながら触る、だったらロブが来るから少し下がってスマッシュの準備。

出来ることはたくさんありますし、先回りしてこそチャンスになるのがテニス。

せっかく相手を崩しても、それに応じたポジショニングが出来ない人、は試合で勝てない。

崩してもポイント、を締めることが出来ないんですよね。

 

4.シングルスの試合だって、活かせることはたくさんある

ダブルスだけ、じゃないですよ。

シングルスの試合だって、相手を良く見て観察していれば、ネットに出れるチャンスがある。

相手がスライスの構え、になったら前に出るだけでも相手はプレッシャーなはず。

試合をしていて、凌いでいるのに前に来ない相手って、シングルスでも楽なんですよ。

「あ、そんなに自分のこと、見てないんだな」と思いますから。

安心して粘れるし、脅威を感じない。

結局、シコラーに負ける人って、感じることが出来ないこういう試合、を繰り返してるんだと思います。

 

相手の打つ態勢、を見て感じること。

普段、一緒に練習している人から感じることが出来ないと、初見の人なんて無理でしょう。

まずは、身近な人からしっかり見る、感じる。

良い態勢とは?悪い態勢ってどんな感じ?

答えは、既にみなさん自身が持っています。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    テニスの試合で相手の嫌なことをやり続ける、勇気はあるか?

    「どうすれば、試合に勝てますか?」と聞かれたら、私はまずこの要素が大事…

  2. テニス 調子

    戦術

    テニスボールを打つことは出来ても、捕らえることが出来る人はごく少数

    テニスは、ラケットでボールを打つ。でも、上手い人って打つという…

  3. テニス ロブ

    戦術

    テニスの試合、ストライクゾーンで勝負する姿勢を忘れずに

    テニスの試合の中で、私が意識していること。それは、野球に例える…

  4. テニス サーブ

    戦術

    テニスではセンスこそ体系化出来るし、理論化出来るはず

    今日もまた一つ、誤解を解いておきたいと思います。よく、「あの人…

  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスのルールは、「いつも自分の味方!」という意識

    テニスのルール。皆さんも試合中、ほとんど意識することは無いです…

  6. 戦術

    流れが悪いときには、意図的に長いラリーポイントを作ろう

    試合の中で、流れが悪く調子が上がらないとき。そんなときに、「何…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ステップ

    サーブ

    テニスの試合で、「相手サーブをブレイクした後のゲーム」にて意識したいポイント4つ…
  2. ボレー

    バックボレーのメリットは、ポジションがずれないこと
  3. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブこそ、ダイナミックさが必要
  4. テニス ダブルス

    練習メニュー

    初打ちテニス後は、練習メニューと自分自身の整理を
  5. テニス ストローク

    戦術

    テニスでの良い攻撃とは、球速よりもいかに相手を「16種類のショットで走らせている…
PAGE TOP