テニス ダブルス

戦術

「自分らしいプレー」は、オールラウンドなテニスの上に成り立つ

どこか、勘違いしている人も多いんじゃないでしょうか。

自分のプレースタイルに個性が欲しい、自分らしいプレーがしたい。

その考え方自体は大事ですが、この大前提、があってこそです。

じゃないと、結果的に勝てるテニスに育てられない、ですからね。

 

「自分らしいプレー」は、オールラウンドなテニスの上に成り立つ

 


 

1.これしか出来ない、のにそれがスタイル?

サーブが速い、フォアハンドが凄い・・・というのも、立派な特徴。

でも、それが自分らしさ、と言えるでしょうか。

「サーブしか武器が無い」のであれば、それはサーブを中心としたプレーが自分のスタイル、とは言えないでしょう。

だって、返されたら終わり、じゃないですか。

自分の特徴を磨いていくこと、は大事ですけど、同時に「オールラウンドな技術を磨く」という意識も強く持って欲しい。

じゃないと、結果的に勝てる選手になれないんです。

 

2.攻略されたら厳しい、そんな「らしさ」は要らない

どんなレベルでも、これで負けていく選手はたくさんいます。

自分の武器、自分らしさを封じられて、負けていく人。

「まぁ、自分らしく戦って負けたから、仕方ないか」で、済ませていては成長は無い。

何回やっても、その相手には勝てないですよ。

自分らしいテニス、を活かしたいなら、その真逆のテニスのスタイルにも磨きをかけないと。

限られた特徴、武器しかない選手って、本当に戦いやすいのがテニス、ですから。

 

3.オールラウンドな技術、にスライスは欠かせない

ここで必要なのは、スライスのショット。

ストロークでもボレーでも、このスライスが使えればテニスコートの上、様々な場所でプレー出来ます。

ボレーにしても、長い、短い、それからロブにも変えられる。

オールラウンドって抽象的な言葉ですが、基本は「コートのどこに立っても、どの位置にも配球できる」能力だと思います。

何も、全てのショットを平均以上に揃える必要は無い。

アナタ自身の中で、迷いの無いプレーが出来るように準備しておけば良いんです。

 

4.武器の磨き方、を間違えてはいけない

正直、私たちはもうサーブのスピードを200km/h以上、にすることは難しい。

でも、130km/hのサーブを速く見せる、ような技術は磨けるはずです。

遅いサーブを混ぜる、コースを散らす、回転を分ける。

つまりは幅を持たせることで、元々力があったボールもより相手にとっては脅威になる。

反対側、を上手く見せることで、表のショットがより威力を増す。

こういう発想、じゃないと武器を磨くのってしんどいですよね。

サーブだけじゃない、全部の技術、がそうです。

裏を磨くから、表が強くなる。

この発想が、私たちのテニスにはすごく大事だと思います。

 

自分らしいテニス、求めることはすごく大事です。

だからこそ、オールラウンドなテニスをベースに育てて欲しい。

そうすれば、相手にとっては本当に脅威ですよ。

「これしか出来ない」ではなく、「これが出来て、更にあれも出来るから、これがすごく活きる」みたいな感じですかね。

強いテニス選手って、そんな感じじゃないですか?

ピックアップ記事

  1. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    動き続けた前衛なら、逆に止まっていることも最高のフェイントになる

    動き続ける前衛、ダブルスの試合では大事な要素になります。毎回細…

  2. テニス サーブ

    戦術

    テニスの試合で序盤のゲームでは、「セオリーの逆」を早めに相手に見せておくと精神的に優位に立てる!

    試合の序盤、大切なことは何か・・・。それは、早めに「何をやって…

  3. テニス メンタル

    戦術

    ラケットの先端を使うと意外と打ちやすい、技巧派ショット4選

    テニスのショットの技術の中で、「ラケットの先」を使うショット、実はたく…

  4. テニス メンタル

    戦術

    試合に勝つためには、やることが多い・・・?むしろ逆だと私は思います

    試合に勝つために、何をすべきなのか・・・。このサイトでも、何だ…

  5. 戦術

    試合でどこに打てば良いか分からない!人に必要な視点とは?

    練習だと伸び伸び打てても、試合だと難しい。それがテニスの面白い…

  6. テニス メンタル

    戦術

    正確に試合を記憶する、テニスノート術

    テニスの試合を、正確に記録する。それが理想かもしれませんが、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    練習メニュー

    コートを縦1/3で区切ってのラリーは、「縦の勝負」を挑んでいこう
  2. テニス ストローク

    戦術

    ボレーを振ってミス、はラケット面が変わるから起きるミスが8割以上
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で「並行陣から引き出したチャンスボール」を、どう後衛から攻めるか?…
  4. テニス ロブ

    ストローク

    「女性の方、必見」テニスの試合で、男性相手の回転系ボールの返し方5つ
  5. テニス ボレー

    ストローク

    強烈なスピン回転のストロークに対抗するには?
PAGE TOP