テニス知識

大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

もうすっかり春、そしてこれからは暑い大会シーズンになっていきますね。

日差しも強くなるこの時期、新しいサンバイザーを準備して気分を高めていきませんか?

頭に着けるものって、自分のイメージも決めるしテンションもあがる。

ガラッと自分のイメージが違うもの、を用意してみるのも有りだと思いますよ。

 

大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

 

1.アディダス クライマライトサンバイザー ユニセックス

出典:amazon

鮮やかなオレンジや青が映える、アディダスのサンバイザー。

デザインもシンプルで男性でも女性でも使えるのが良いですよね。

素材も柔らかく軽く、climachill Ride(クライマチル ライド)の採用で通気性・機能性も抜群。

ウェアとも合わせやすい、万能型だと思います。

 

2.YONEX  サンバイザー 40045(レディース)

出典:amazon

レディースサンバイザー、と言えばヨネックス。

個人的には、ロゴが正面ではなく左寄りにあるのがポイントだと思います。

青色、って試合で落ち着きを取り戻せる色だと個人的には思っているので、私のラッキーカラーでもあります。

真夏になっても、どこか涼しい雰囲気があって使いやすい。

今年のラッキーアイテムにどうですか?

 

3.FILA  テニスバイザー VL9058(レディース)

出典:amazon

こちらもレディース商品ですが、FILAのサンバイザー。

少しだけつばが長めですが、プレーを妨げない程度の絶妙のデザインになっています。

ロゴも特徴的ですが、大き過ぎずにさりげない感じ、で良いと思います。

色も4色、さりげないリボンも同系色でお勧めです。

 

4.NIKE フェザーライト アジャスタブル バイザー テニスバイザー

出典:amazon

私も使っていた、ナイキのサンバイザー。

黒と白って、やっぱりカッコイイですよね、ナイキっぽくて。

男性のシニアの方でも着こなせる、シンプルなデザインも本当に好きです。

汚れも目立ちにくいので、何度も洗ってタフに使える相棒になってくれるはずです。

 

5.ellesse テニス サンバイザー EAC1631

出典:amazon

最後はエレッセのサンバイザー。

白でシンプルなデザイン、どうしても勝ちたい試合で使いたいようなデザイン、な気がします。

なかなかウェアで白、って抵抗がある人も、サンバイザーなら入れていける色だと思います。

女性だけでなく、男性も爽やかに着こなせるはず。

頭に密着する部分にはストレッチ性もあるので、見た目以上に使いやすいサンバイザーです。

 

実際に、サンバイザーって本当に大事。

気分を変えていけるし、自分のイメージや印象も決める大きなアイテムだと思いますよ。

「今年は試合、頑張るぞ!」と思ったら、新しいモノを買ってみるのも有りでしょう。

戦う顔の一部、だと思って選んでみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. テニス 振動止め

    テニス知識

    テニスラケットに振動止めって、必要?不必要?

    いくつか、ご質問頂きましたので、私も考えてみたいと思います。皆…

  2. テニス知識

    大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

    日々、テニスの試合をイメージしながらトレーニングすること。なか…

  3. テニス

    テニス知識

    急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

    テニス選手にとっても、また学生、社会人の皆さんにとっても、体調管理は重…

  4. テニス ラケット
  5. テニス知識

    夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

    夏の日焼け対策、男性はつい、忘れがちですよね。面倒で塗り直すこ…

  6. テニス 持ち物

    テニス知識

    「テニスの遠征・合宿に持っていくのに、忘れがちなアレ」をまとめてみました

    テニスに遠征は付きモノ。部活では合宿もありますよね。私…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ダブルス

    メンタル

    試合での対戦相手だって、「ミスをする人間」ですから
  2. テニス 客観視

    戦術

    学生選手もベテラン選手も、テニスは「筋力アップよりもしっかりボールに力を伝えるこ…
  3. テニス 部活

    メンタル

    テニスの試合で「すぐに格上選手相手に諦めてしまう・・・」人は、もっと弱点を貪欲に…
  4. テニス 気付き

    練習メニュー

    振り回し練習では、「相手が頑張って触れる場所」を狙う癖を付けよう
  5. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「精神的に自分が落ち着ける場所」をコート後方に作りましょう…
PAGE TOP