テニス ボレー

戦術

堅実なダブルスペアほど、攻撃はセンターにしか来ない

ダブルスの試合、守備力を上げたいならこの戦術。

本当、だまされたと思ってやってみて下さい。

並行陣を主戦場にするなら、とにかく2人で間を塞ぐ。

手堅い、強いペアほど、この基本を徹底するだけで返球出来る可能性が高くなる。

特にベテラン、シニアのみなさんには必須です。

 

堅実なダブルスペアほど、攻撃はセンターにしか来ない

 

1.自分の攻撃、をイメージしてみよう

ダブルスの試合、相手が並行陣、2人で前にいる。

そこに、アナタ自身のコントロール出来るチャンス、のようなボールが来るとしましょう。

攻撃、どこに打っていくのが自然でしょうか?

きっと、まずは相手の真ん中、2人の間を狙いたくなるはずです。

そう、センターって狙いやすいし、まずはココという感じがダブルスではあると思うんですよね。

自分が攻撃する、と思ったらイメージ出来るはずです。

 

2.とにかく相手のチャンスでは、センターを絞ろう

まず、2人の間に来る、と予測する。

そして自然に、2人の間を狭くしておく意識、を持っておきましょう。

2人でラケットが当たるくらい、の意識でセンターを守る。

でも、それでもきっと相手はセンターを狙って来ると思いますよ。

手堅い、強い選手ほど、狙って来る。

なぜなら、そのコースから反撃が難しいことを知っているから。

だから焦らず、まずはしっかりと返球すること、を意識すれば良いんです。

 

3.相手のチャンス、にならなければ返球は大成功

高望みはしない、とにかくセンターを守る。

ここで、しっかり守備をしてチャンスを相手に渡さない。

とにかく、しっかり低い返球を意識しましょう。

相手からすると、センターに打ってもチャンスが来ない、というのは結構キツイ状況なんです。

焦りが生まれるし、いつもと違うという印象を受けるでしょう。

強いペアでも、しっかり粘れる守備をしていればチャンスは来るし、ミスもしてくれる。

だからこそ、センターを守ることがダブルスでは大事、なんです。

 

4.少しでも距離が離れたら、ペアに近づこう

並行陣で、少しでもペアと距離が離れたら危ない。

この危機意識、を持てれば守備力は格段に上がります。

味方の選手がサイドのボールを触る、外側に寄ってしまったら・・・必ず味方の選手に近づく。

センターを守る意識が強くなると、この動きが自然に出来るはずです。

「でも、それだと自分の外側は守れるの・・・?」と思うかも知れませんが、大丈夫。

手堅いペアほど、こういう時にもセンター、2人の間を絶対に狙って来ます。

騙されたと思って、ぜひ試合で意識してみて下さいね。

 

センターを守れば、相手はサイドに無理して打って来る。

このボールは、ネットも高いしサイドアウトの可能性も高い。

どんどん打たせて良い、と思って下さい。

とにかく、2人の間のセンターは、意地でも抜かせない。

並行陣では、ぜひこの基本を実践してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    戦術

    成功体験が少ないテニス選手に、ミスを責めても何も発展しない

    「なんでこの選手、後輩は、成長しないんだろう・・・」そう悩んで…

  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では「劣勢のときこそ、焦ってはいけない」その理由5つ

    テニスの試合で、大逆転が起きる時。それって、どんな時でしょうか…

  3. テニス メンタル

    戦術

    環境や雰囲気に、自分の感覚が流されてはいけない

    試合には、流れがある、とよく言われます。確かにテニスも、それほ…

  4. テニス 構え

    戦術

    ダブルスの試合、とにかく「相手前衛を避けよう」とは絶対に思わないこと

    ダブルスの試合、強い相手は前衛の存在感が凄い。ポーチはもちろん…

  5. テニス チャンス

    戦術

    テニスの試合、競ったときに勝利を呼び寄せる20の言葉

    テニスの試合に勝ちたい。競っている試合を、何とか自分のものにし…

  6. テニス メンタル

    戦術

    人に向かって打つ限り、テニスは上達しない

    テニスの試合、シングルスの試合出ている人の特権。それは、「人の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. その他

    「動く練習と緊張する練習」テニスの試合で活きる緊張感が練習では大切!
  2. テニス メンタル

    スマッシュ

    テニスの試合の中で、「スマッシュを打つときの反応が遅くなる」5つの要因と解決方法…
  3. テニス ストローク

    ボレー

    安定感のあるテニスのリズムは、「ボレーはゆっくり、ストロークは速く」という速度の…
  4. メンタル

    「ホントのテニスを楽しもう」試合で駆け引きを使えるようになってからが本当の勝負!…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブ&ボレーでは、「打ちながら前に出る?打ってから、前に出る?」の疑問について…
PAGE TOP