テニス ボレー

戦術

堅実なダブルスペアほど、攻撃はセンターにしか来ない

ダブルスの試合、守備力を上げたいならこの戦術。

本当、だまされたと思ってやってみて下さい。

並行陣を主戦場にするなら、とにかく2人で間を塞ぐ。

手堅い、強いペアほど、この基本を徹底するだけで返球出来る可能性が高くなる。

特にベテラン、シニアのみなさんには必須です。

 

堅実なダブルスペアほど、攻撃はセンターにしか来ない

 


 

1.自分の攻撃、をイメージしてみよう

ダブルスの試合、相手が並行陣、2人で前にいる。

そこに、アナタ自身のコントロール出来るチャンス、のようなボールが来るとしましょう。

攻撃、どこに打っていくのが自然でしょうか?

きっと、まずは相手の真ん中、2人の間を狙いたくなるはずです。

そう、センターって狙いやすいし、まずはココという感じがダブルスではあると思うんですよね。

自分が攻撃する、と思ったらイメージ出来るはずです。

 

2.とにかく相手のチャンスでは、センターを絞ろう

まず、2人の間に来る、と予測する。

そして自然に、2人の間を狭くしておく意識、を持っておきましょう。

2人でラケットが当たるくらい、の意識でセンターを守る。

でも、それでもきっと相手はセンターを狙って来ると思いますよ。

手堅い、強い選手ほど、狙って来る。

なぜなら、そのコースから反撃が難しいことを知っているから。

だから焦らず、まずはしっかりと返球すること、を意識すれば良いんです。

 

3.相手のチャンス、にならなければ返球は大成功

高望みはしない、とにかくセンターを守る。

ここで、しっかり守備をしてチャンスを相手に渡さない。

とにかく、しっかり低い返球を意識しましょう。

相手からすると、センターに打ってもチャンスが来ない、というのは結構キツイ状況なんです。

焦りが生まれるし、いつもと違うという印象を受けるでしょう。

強いペアでも、しっかり粘れる守備をしていればチャンスは来るし、ミスもしてくれる。

だからこそ、センターを守ることがダブルスでは大事、なんです。

 

4.少しでも距離が離れたら、ペアに近づこう

並行陣で、少しでもペアと距離が離れたら危ない。

この危機意識、を持てれば守備力は格段に上がります。

味方の選手がサイドのボールを触る、外側に寄ってしまったら・・・必ず味方の選手に近づく。

センターを守る意識が強くなると、この動きが自然に出来るはずです。

「でも、それだと自分の外側は守れるの・・・?」と思うかも知れませんが、大丈夫。

手堅いペアほど、こういう時にもセンター、2人の間を絶対に狙って来ます。

騙されたと思って、ぜひ試合で意識してみて下さいね。

 

センターを守れば、相手はサイドに無理して打って来る。

このボールは、ネットも高いしサイドアウトの可能性も高い。

どんどん打たせて良い、と思って下さい。

とにかく、2人の間のセンターは、意地でも抜かせない。

並行陣では、ぜひこの基本を実践してみて下さい。

■実戦的なダブルスを目指すなら、お勧めです↓

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス 居場所

    戦術

    ラケットを振れなくなった段階で、試合を投げてしまう人が多過ぎ

    試合でビビって、ラケットが振れなくなる。これって、かなりの人が…

  2. 戦術

    その場になって考える、ではいつまでも試合で後手に回る

    試合になって、頭が真っ白になってしまう。これって、やっぱり「そ…

  3. テニス メンタル

    戦術

    「何も攻撃して来ない相手」には、あえて空きコースを作って狙わせてみると良い

    「攻撃して来ない相手」って、嫌じゃないですか?まぁ、シコラーと…

  4. テニス サイト

    戦術

    強気に前で勝負する、サッカー日本代表は私たちの未来

    サッカー日本代表、応援されている方も多いと思います。私も今まで…

  5. 戦術

    「ゆったりしたテニス」を受け入れて、自分から得意になっていこう

    練習ではすごく上手いのに、試合で弱い人。それって、こういう方が…

  6. テニス 練習

    戦術

    自分の多い失点パターンを、もう一度考えてみよう

    自分自身の試合、の失点シーン。なかなか正面から向き合えないです…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスに真剣に取り組んでいれば、批判に対するタフさは自然に身につくもの
  2. テニス スマッシュ

    ボレー

    フォアハンドボレーでパンチ力を出したければ、「後ろではなく上」にラケットをセット…
  3. テニス トレーニング

    テニス知識

    一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    「ダブルスの試合に強いペア」は相手の逃げ道を作らない!巧みなポジション変更を学び…
  5. テニス トレーニング

    その他

    テニスに必要なトレーニングは、「ショット別に目的を落とし込む」ことで意欲も高まる…
PAGE TOP