テニス トレーニング

メンタル

逆境こそ楽しめる、その感覚はテニスが教えてくれる

テニスの試合で、大逆転を経験する。

される方も、する方も、きっとみなさんなら経験があるはず。

試合に出続けていれば、こういう経験こそ、私たちの財産になっていくはずです。

逆境こそ楽しむ、という経験は、テニスのような試合を続けていれば嫌でも身に付いていくもの。

だと私は思いますよ。

 

逆境こそ楽しめる、その感覚はテニスが教えてくれる

 


 

1.逆境を楽しむ、ことが出来るのはテニスだけ

実際に、仕事やプライベートでの逆境は辛い。

誰にも相談出来ないし、楽しむというよりどう乗り越えるか、という感じですからね。

テニスコート以外の場でも、私たちは戦いの連続。

でも、ラッキーにも私たちにはテニスがあって、逆境の連続を日々経験している。

楽しむ、という感覚は、どうでしょう。

みなさん、テニスで持てていますか?

逆境、つまりは試合の負けそうになったり、強い相手でどうにも手立てが無いような時。

この時に、どういうメンタルで試合を続けるのか、が大事になってきます。

 

2.プレッシャーは、相手の方が強いはず

リードしている側、勝っている側。

テニスって、そちら側の方が実はプレッシャーが強い、と思いませんか?

私は、自分が逆境にいるような場面になったら、いつもこの感覚を大事にしています。

目の前の相手を見て、「勝ち切らないといけない・・・というプレッシャー、凄そうだな」と。

自分で考えて、そのプレッシャーを利用して試合をコントロールしていく、こと自体を楽しんでいく。

相手の方が辛い、という視点を持つと、逆境だって楽しいですよ。

だってそこから、逆転していく訳ですから。

 

3.成功体験が、逆境を大好物にしていく

むしろ、私なんかは試合がスムーズに進み過ぎる方が怖い。

どんどんゲーム差をつけていくのは嬉しいけど、順調過ぎると何か落とし穴があるんじゃないかな、と思ってしまう。

実際にそのまま試合が終わることもありますが、ちょっとした不安が的中することも多い。

この自分の経験を活かせるのは、逆に自分が挽回していくとき、ですね。

笑顔だった相手が、いつの間にか暗い顔になって、落ち込んでいく、崩れていく。

こういう成功体験、をアナタ自身、大好物にしていかないと。

逆境を楽しもうと思っても、その先の逆転のイメージがしっかり湧いて来ないと諦めてしまいますよね。

そうなってはもったいない。

テニスの試合は、逆境を楽しんだ者勝ち、ですから。

 

4.ただひたすら、良いショットを打つことに集中する

「でも、挽回なんてそんな簡単じゃないよ・・・」と、思いますよね。

そうです、先を考えれば厳しい。

0-5のような試合で、この逆境を跳ね返して勝つ、のは本当に厳しそうに見えます。

でも、まずやるべきことは、アナタ自身が最善の手を尽くすこと。

0-5になったポイントパターンを見直して、何かを変えて、良いショットを打ち続ける。

ひたすらに最善手、を打ち続けると、相手は必ずプレッシャーに感じて崩れて来る。

だからこそ、しっかりアナタ自身が強い意志を持って、最善手を続けることが大事。

これが出来る人は、自然と逆境を楽しめる人になっていけるはずです。

 

大逆転、に不思議な大逆転なんてない。

奇跡と呼ばれるような試合にも、その前に小さな布石がたくさんあって、試合結果につながる。

こういうのを、自分で出来る、興せると思えるかどうか。

全てはアナタ次第、です。

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. メンタル

    「恥ずかしい」という殻を、今こそ破るべき

    大人になってスポーツを頑張る。ましてや、試合に出るなんて・・…

  2. テニス ストローク

    メンタル

    テニスにおいて「戦略的なディフェンス」に調子の波は無い、だから粘り強い選手は負けない

    「あの選手、本当にしこいなぁ・・・」と、感じる対戦相手、アナタはどれだ…

  3. テニス 部活

    メンタル

    試合の流れが相手にいきかけた時には、「しっかり自分が得意な攻撃」からリズムを戻すことが大事

    試合の流れが動く中で、大事なのは相手の流れになったとき。自分ノ…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    人から評価されることが、目的になってはいないか?

    T-PRESSを始めて4年、最近私も感じていることがあります。…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスをやっていて「対戦相手にコンプレックスを抱く」のは、自分の長所を理解出来ていないから

    テニスで試合に出ていると、どうにも自信が無さそうな選手が目立つ。…

  6. テニス スポーツ

    メンタル

    プレッシャーに勝つとか負けるとか、そういう発想の時点で負けている

    試合でメンタルが弱い、そんな自分が嫌で変えたい・・・という人。…

特集記事

  1. リターン

    リターンからの攻撃力を、今すぐアップする方法
  2. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合、「サーブを打つ前に、どこを見る?」基本的な順番から覚えましょう!
  3. テニス クレーコート

    リターン

    なぜフェデラー選手のリターンが凄いのか、を分析してみると・・・?
  4. サーブ

    センターへサーブを打つ、ということは・・・どういうこと?
  5. テニス ボレー

    ボレー

    「バックハンドのボレーがコントロールできない」人におくる、最低限の手堅い基本4つ…
PAGE TOP