テニス トレーニング

メンタル

逆境こそ楽しめる、その感覚はテニスが教えてくれる

テニスの試合で、大逆転を経験する。

される方も、する方も、きっとみなさんなら経験があるはず。

試合に出続けていれば、こういう経験こそ、私たちの財産になっていくはずです。

逆境こそ楽しむ、という経験は、テニスのような試合を続けていれば嫌でも身に付いていくもの。

だと私は思いますよ。

 

逆境こそ楽しめる、その感覚はテニスが教えてくれる

 


 

1.逆境を楽しむ、ことが出来るのはテニスだけ

実際に、仕事やプライベートでの逆境は辛い。

誰にも相談出来ないし、楽しむというよりどう乗り越えるか、という感じですからね。

テニスコート以外の場でも、私たちは戦いの連続。

でも、ラッキーにも私たちにはテニスがあって、逆境の連続を日々経験している。

楽しむ、という感覚は、どうでしょう。

みなさん、テニスで持てていますか?

逆境、つまりは試合の負けそうになったり、強い相手でどうにも手立てが無いような時。

この時に、どういうメンタルで試合を続けるのか、が大事になってきます。

 

2.プレッシャーは、相手の方が強いはず

リードしている側、勝っている側。

テニスって、そちら側の方が実はプレッシャーが強い、と思いませんか?

私は、自分が逆境にいるような場面になったら、いつもこの感覚を大事にしています。

目の前の相手を見て、「勝ち切らないといけない・・・というプレッシャー、凄そうだな」と。

自分で考えて、そのプレッシャーを利用して試合をコントロールしていく、こと自体を楽しんでいく。

相手の方が辛い、という視点を持つと、逆境だって楽しいですよ。

だってそこから、逆転していく訳ですから。

 

3.成功体験が、逆境を大好物にしていく

むしろ、私なんかは試合がスムーズに進み過ぎる方が怖い。

どんどんゲーム差をつけていくのは嬉しいけど、順調過ぎると何か落とし穴があるんじゃないかな、と思ってしまう。

実際にそのまま試合が終わることもありますが、ちょっとした不安が的中することも多い。

この自分の経験を活かせるのは、逆に自分が挽回していくとき、ですね。

笑顔だった相手が、いつの間にか暗い顔になって、落ち込んでいく、崩れていく。

こういう成功体験、をアナタ自身、大好物にしていかないと。

逆境を楽しもうと思っても、その先の逆転のイメージがしっかり湧いて来ないと諦めてしまいますよね。

そうなってはもったいない。

テニスの試合は、逆境を楽しんだ者勝ち、ですから。

 

4.ただひたすら、良いショットを打つことに集中する

「でも、挽回なんてそんな簡単じゃないよ・・・」と、思いますよね。

そうです、先を考えれば厳しい。

0-5のような試合で、この逆境を跳ね返して勝つ、のは本当に厳しそうに見えます。

でも、まずやるべきことは、アナタ自身が最善の手を尽くすこと。

0-5になったポイントパターンを見直して、何かを変えて、良いショットを打ち続ける。

ひたすらに最善手、を打ち続けると、相手は必ずプレッシャーに感じて崩れて来る。

だからこそ、しっかりアナタ自身が強い意志を持って、最善手を続けることが大事。

これが出来る人は、自然と逆境を楽しめる人になっていけるはずです。

 

大逆転、に不思議な大逆転なんてない。

奇跡と呼ばれるような試合にも、その前に小さな布石がたくさんあって、試合結果につながる。

こういうのを、自分で出来る、興せると思えるかどうか。

全てはアナタ次第、です。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. 「第3回 読者ミーティング」を開催します
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. テニス 居場所

    メンタル

    「練習だけじゃ完成されない」テニスの技術は試合で使って初めて身に付いていく

    長い夏休み、たくさん練習出来たと思うけど、その分しっかり成長は出来ただ…

  2. テニス ミス

    メンタル

    「自分はミスをする人間である」と考えておけば、自然にメンタルは強くなる

    皆さんは試合中、「ミスは多い方」だと思いますか?試合以外の場所…

  3. テニス ボレー

    メンタル

    ネット際に落ちるボールは、チャンスボールでは無い

    テニスというスポーツの中で、ネット際に落ちるボール。それは、チ…

  4. メンタル

    「絶対にミス出来ない場面」なんて、テニスの試合では無い

    メンタルが強い、弱いという話。これって、何度も書いて来ましたが…

  5. テニス ボレー

    メンタル

    すごくテニスが上手いのに、「知り合い同士の試合」に弱い人は意外と多い

    皆さんの周りにも、いませんか?草トーや市民大会、団体戦で「知り…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会は、「個人戦こそ、団体戦である」と心得よう

    今年も始まりました、全豪オープン!遠くオーストラリアの地から、…

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    失敗を恐れない相手ほど、試合で怖いものは無い
  2. テニス チャンス

    戦術

    「このゲームを取れば勝ち、」のゲームで、準備しておくべき4つの具体策
  3. テニス 客観視

    戦術

    教わって来たことの逆、にこそ活路がある
  4. テニス ストローク

    ボレー

    「バックのハイボレーはもどかしい」テニスで難しい技術はどうマスターすれば良い?
  5. テニス ミス

    その他

    テニスの成長の過程では、「立ち止まっているときにしか見つからないもの」が絶対にあ…
PAGE TOP