テニス ストローク

メンタル

テニスの試合での逆転の常套手段、「相手の勝ちビビリ」を、絶対見逃すな!

テニスの試合、逆転が起きるのは日常茶飯事。

プロの試合でも一般、学生の試合でも、必ずテニスの試合に逆転は付き物です。

他競技と比較して、テニスはどんな部分で「逆転」が起きやすいのか。

そしてなぜ、「勝ちビビリ」をしてしまうのか・・・を考えると、そこに付け込む隙が見えてきます。

相手がマッチポイント、実は逆にチャンスかも知れませんよ。

 

テニスの試合での逆転の常套手段、「相手の勝ちビビリ」を、絶対見逃すな!

 


 

■ゲームごとにリセットされる、テニスのカウント形式

テニスはゲームを奪い合う。

その先にはセットを奪い合う訳ですが、ほとんどの試合は1セットマッチ、または8ゲームですよね。

であれば、ゲームをいか奪い合うか・・・が試合で大事ですが、それはラブゲームだろうがデュースになろうが、1ゲームは同じ価値。

そしてゲームが終わればまた0-0からにリセットされる。

つまり、あと少し・・・で勝てると思って落としたゲーム、の次も0-0から始まっていく。

また再度、マッチポイントを作るまでは長い道がある。

この切り替えが出来ない人は、どんどん「勝ちビビリ」に陥っていくのです。

 

■勝ちビビリする相手には、対応策がある

私は相手のマッチポイント、のときにはあえて粘るようにしています。

もちろん攻撃されない程度、に深いボールは打ちつつ、絶対に自分からミスをしない。

なぜなら相手が、それを期待しているからです。

まぁ、相手のミス待ちで勝ちビビっている人、多いですよね。

相手の期待していること、が分かればテニスは対応出来る。

その期待と逆のことをしてあげれば良い訳ですから。

 

■「マッチポイント」を凌いだ次のポイントは、強気に攻撃!

試合にはメリハリ、が大事。

相手がマッチポイントを落として落ち込んでいるときには、しっかり攻撃していきましょう。

粘った後に強気、の攻撃をしてくる相手は、「あっ、コイツまだ諦めていないな・・・」と思わせる。

この感覚を相手に与えれば、益々勝ちビビリに陥ってくれる可能性大、です。

勝つ意思をしっかり見せる、ことが大事なのです。

 

「逆転」もテニスにおいて、ある種の特技であり習慣化出来る。

一度逆転の実績があると、結構自信になりますし、やり方が身に付いてくる。

ぜひ、マッチポイントからの逆転経験、皆さんも積んでみましょう。

そのためには、諦めない。

諦めない意思を相手に見せ付ける。

冷静になればなるほど、相手の「勝ちビビリ」が見えてくるはずです。

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス 戦術

    メンタル

    「俺たちに、簡単に勝てると思うなよ」という気持ち、はすごく大事

    言葉には、力がある。みなさんも、普段からテニスの試合に挑むとき…

  2. テニス

    メンタル

    優勝を経験した人は、その難しさを知れるから強くなる

    テニスの試合、第1シードがなぜ強いのか?それは、テニスの技術だ…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会で勝ち抜く為には、「調子が悪くても勝ちを拾っていく」テニスが出来るかどうかが重要

    テニスの大会、どんなに実績のあるシード選手でも本調子でプレーできない試…

  4. テニス テニスボール
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「ミスした失点はなぜ引きずってしまうのか?」を考えて準備しておこう

    「また繰り返してしまうのか・・・」と思うミス。そう、試合では、…

  6. テニス 練習

    メンタル

    テニスの試合の中で、「自分にとってラッキーなポイント」があった後こそ、冷静な自分に戻ろう!

    テニスの試合は、色々なポイントがある。相手のダブルフォルトや、…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    テニスの試合で「ハーフボレーの苦手意識」を克服する為の4つの視点
  2. テニス 雑誌

    戦術

    テニスの作戦、戦術、理論は、「頭だけで覚えようと思ってもダメ」な理由について
  3. テニス 準備

    メンタル

    「テニスノート」をつけるときに盛り込みたい要素とは?
  4. テニス 環境

    ダブルス

    ダブルスの試合で効果的なチェンジプレーは、基本的なプレーで誰でも出来る!
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ずるずる下がる並行陣、どうやって強くしていく?
PAGE TOP