テニス ストローク

メンタル

テニスの試合での逆転の常套手段、「相手の勝ちビビリ」を、絶対見逃すな!

テニスの試合、逆転が起きるのは日常茶飯事。

プロの試合でも一般、学生の試合でも、必ずテニスの試合に逆転は付き物です。

他競技と比較して、テニスはどんな部分で「逆転」が起きやすいのか。

そしてなぜ、「勝ちビビリ」をしてしまうのか・・・を考えると、そこに付け込む隙が見えてきます。

相手がマッチポイント、実は逆にチャンスかも知れませんよ。

 

テニスの試合での逆転の常套手段、「相手の勝ちビビリ」を、絶対見逃すな!

 


 

■ゲームごとにリセットされる、テニスのカウント形式

テニスはゲームを奪い合う。

その先にはセットを奪い合う訳ですが、ほとんどの試合は1セットマッチ、または8ゲームですよね。

であれば、ゲームをいか奪い合うか・・・が試合で大事ですが、それはラブゲームだろうがデュースになろうが、1ゲームは同じ価値。

そしてゲームが終わればまた0-0からにリセットされる。

つまり、あと少し・・・で勝てると思って落としたゲーム、の次も0-0から始まっていく。

また再度、マッチポイントを作るまでは長い道がある。

この切り替えが出来ない人は、どんどん「勝ちビビリ」に陥っていくのです。

 

■勝ちビビリする相手には、対応策がある

私は相手のマッチポイント、のときにはあえて粘るようにしています。

もちろん攻撃されない程度、に深いボールは打ちつつ、絶対に自分からミスをしない。

なぜなら相手が、それを期待しているからです。

まぁ、相手のミス待ちで勝ちビビっている人、多いですよね。

相手の期待していること、が分かればテニスは対応出来る。

その期待と逆のことをしてあげれば良い訳ですから。

 

■「マッチポイント」を凌いだ次のポイントは、強気に攻撃!

試合にはメリハリ、が大事。

相手がマッチポイントを落として落ち込んでいるときには、しっかり攻撃していきましょう。

粘った後に強気、の攻撃をしてくる相手は、「あっ、コイツまだ諦めていないな・・・」と思わせる。

この感覚を相手に与えれば、益々勝ちビビリに陥ってくれる可能性大、です。

勝つ意思をしっかり見せる、ことが大事なのです。

 

「逆転」もテニスにおいて、ある種の特技であり習慣化出来る。

一度逆転の実績があると、結構自信になりますし、やり方が身に付いてくる。

ぜひ、マッチポイントからの逆転経験、皆さんも積んでみましょう。

そのためには、諦めない。

諦めない意思を相手に見せ付ける。

冷静になればなるほど、相手の「勝ちビビリ」が見えてくるはずです。

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    自分で自分を「センスがある」と思っている人に、テニスを教えるのは難しい

    テニスは突き詰めたところで遊びですし、好きにやれば良いと思います。…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「時間無制限!」テニスの試合はラストポイントまで続いてくという意識を持って

    テニスの試合に時間制限は無い。さくさく試合が進むと、3セットマ…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    練習中に不機嫌な顔ばかり見せている人は、結局自分のことしか考えていない

    部活やサークルの練習中に、こんな人いませんか?私はいつも、こう…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    相手のダブルフォルトを期待する、のは応援に任せましょう

    試合の中で、つい・・・リターンのときに考えてしまう。でも、考え…

  5. テニス 指導

    メンタル

    自分の失敗を本気で活かせる人は、実はすごく少ない

    試合に出続けていると・・・つい、「何が失敗なんだか、分からなくなる」よ…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「自分のプレッシャーが相手に効かない・・・」ときの対応策、は何がある?

    自分の攻撃、作戦が相手に効かない。そんなとき・・・アナタはどう…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    後衛が攻撃するタイミングで、前衛は守備の意識を捨てていこう
  2. テニス ストローク

    フットワーク

    シングルスの試合では、毎回コートの真ん中に戻り過ぎても疲れるだけ
  3. テニス 練習

    メンタル

    「ミスした後の注意点」を理解すると、テニスの試合は気持ちがすごく楽になる!
  4. テニス リターン

    メンタル

    弱者のテニスに必要な5つの要素
  5. テニス スライス

    ボレー

    ネットに詰めたときのポーチで、「ネットすれすれの低いボールが来たとき」には、慌て…
PAGE TOP