テニス メンタル

メンタル

テニスの試合では、「相手と目を合わせる」ことが必要です

試合の中で、相手を威嚇する。

これって、私は必要なことだと思うんですよね。

実力がないから出来ない?

そうじゃなくて、実力がないからこそ、こういう心理戦を仕掛けていくのが大事、なんです。

 

テニスの試合では、「相手と目を合わせる」ことが必要です

 


 

1.目力が無い人は、ずっと試合に勝てないまま

試合に強い人って、目に力があると思いませんか?

これは、自信の裏付け・・・でもあると思いますが、彼らは知っているんです。

簡単に、相手をビビらせる、威嚇方法を。

試合の中で、積極的に相手と目を合わせてみる、それだけまずはやってみて下さい。

結構勇気、要りますよね。

特に先輩や強い相手、に対してはそうでしょう。

でも、ここから逃げてはいけない。

目をそらすということは、試合からも意識をそらす、ということにつながっていきますから。

 

2.目線で相手を揺さぶる、揺さぶられるのがテニス

特に前衛、にいるときですかね。

相手との距離も近いですから、目を合わせたりそらしたり・・・が、よく分かる。

アナタ自身、どちらが試合やりやすいですか?

目を合わせてくるような相手って、自分を警戒している、見透かされているような感じがして嫌じゃないでしょうか?

こういう感覚、に相手を陥れないと。

恥ずかしい気持ち、もあるでしょう。

でも不思議と、行動を変えれば意識も変わる、強さも身につく。

それがテニス、ですから。

 

3.目を合わせるという行為が、相手に向かっていくきっかけになる

と、私は考えています。

どうにも強い相手って、なかなか向かっていけないじゃないですか。

打っていけない、ならまずは目を合わせてみる。

眼光から攻めてみる、と思わぬ効果があると思いますよ。

まず、自分が変わります。

向かっていく、という姿勢にスイッチが入る。

目の前にいる相手は、倒すべき相手なんだと。

再認識するためにも、目を合わせて自分のスイッチを入れていきましょう。

 

4.「あえて相手と目を合わせない」作戦は、意図的に使おう

向かっていく姿勢を見せたら、次はかわす姿勢も見せておく。

あえて、相手と目を合わせない、合ってもそらすようなそぶり、も見せると効果的です。

私は自分がリターン側にいるときには、相手前衛を見たり、見なかったりで駆け引きをします。

見ていると、ストレート・・・とも限らないし、その逆もしかり。

狙いは相手が考えすぎてくれて、動けなくなること。

意外とコレ、効果あるんですよ。

 

目線を使うなんて、疲れないしタダ、ですから。

どれだけ効果的に、相手を揺さぶれるか、が勝負です。

目を合わせていれば、不思議と相手の感情や気持ちの起伏、まで分かるようになるはず。

そうなると、もっと試合が楽しくなるはずですよ!

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス 評価

    メンタル

    試合前に「最低と理想」、の準備は出来ているか?

    試合が始まる前は、やる気に満ち溢れているのに・・・終わってみると、ボロ…

  3. テニス 環境

    メンタル

    テニスの試合では、「良い形でポイントを獲った」その後のポイントこそ重要です

    「あ、この選手強いな・・・」と、私が感じるときはあるポイントがあります…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    一度の成功体験にしがみ付いている人ほど、面倒臭い人はいない

    成功体験、大事です。ですが、世の中にはそれを上手く活かせない人…

  5. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの試合で使うエネルギーは、「その都度使い切らないと、実力のMAX値」は絶対に上がりません

    自分の力を出し切る、ということの難しさ。それはテニスというスポ…

  6. テニス ラケット

    メンタル

    「ピンチの時こそ、アグレッシブに」を、試合の基本方針に

    メンタルを強くしたい、でも何をすれば良いか・・・。という方は、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス知識

    雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. ボレー

    バックボレーで前に踏み込む、ことが出来れば試合でも勝てる
  3. テニス リターン

    リターン

    リターンでバックハンド側のサイドのときには、身体を逃がしながらバックバンドリター…
  4. テニス テイクバック

    ボレー

    スライスで追い込んでロブケア、はネットプレーの基本戦術
  5. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドストロークが安定しないときに、調子を戻す方法
PAGE TOP