テニス 練習

戦術

相手に向かって打つ、のは2往復までで良い

試合でも練習でも、ここを意識して欲しい。

テニスの試合では、実際には相手のいない場所、を狙わないといけない。

だからこそ、練習からこの意識は大事。

相当強く意識しないと、結局人のいるところ、に打ってしまいますから。

 

相手に向かって打つ、のは2往復までで良い

 


 

1.試合で勝ちきれない人の典型例

は、人のいる場所、に打ってしまうこと。

人のいる場所に打てば、何かしらで触られて、返球される可能性が高い。

つい、私たちは練習からラリーをつなげようとして、人に向かって打つ癖がついてますからね。

これって、楽なんですよ。

人のいる場所、に打つ方が楽。

その癖が、試合では命取りになるのです。

 

2.目標物が無いと、狙うのが難しい

何かを狙う、その何かが無いと難しい。

そうじゃないですか?

ラインを狙ったらアウトする可能性も高いし、やっぱり人が立っていた方が絶対に狙いやすい。

試合で強い人は、その目標物が無くても自分の想像力で目標を作ることが出来ますからね。

テニスコート、空いている場所、相手がいない場所に打つ練習、しっかり出来てますか?

 

3.練習でも必要な、3往復目からの意識

私はいつも、まず2往復。

そのあとは、どんどん相手のいない場所を狙って打っていく。

この癖をつけているから、試合でも展開できるイメージが自然についているんだと思います。

いきなり一発目から相手がいない場所、に打つのはリスクが高いですし、練習になりませんからね。

ただ、3往復目からも相手の打ちやすい場所に打つ、必要なんてないでしょう。

そこから先は勝負、で良いんです。

 

4.相手のいない場所を狙うコントロールは、早い構えが基本

何も、特別なことは必要ありません。

早くテイクバックして、しっかり狙う。

この基本を見直せれば、きっとコントロールショットもしっかり振り切れるはず。

普段の練習から、チャンスこそ変えない基本を大事にする。

そうすると、自然とメンタルも安定して、ミスも減るでしょう。

 

3往復目からは、しっかり勝負。

相手のいない場所、前後にも動かすイメージで練習していきましょう。

実際の試合では、もっと早く展開してくる相手もいますからね。

相手に向かって打つ時、打っている実力は自分の実力じゃない。

こういう視点も大事です。

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. 戦術

    コートのどこからでも、ボールをコントロール出来る?

    テニスはボールを相手コートに打つ、コントロールする競技。その…

  2. 戦術

    得意な型を持っている、のが実は弱みにもなるのがテニス

    みなさんにも、「自分の型」って少なからずあると思います。プレー…

  3. テニス ダブルス

    戦術

    深いボレーがアウトになるのは、技術的な問題じゃない

    ハイボレーを打って、ベースラインを数cm越えて、アウト。これは…

  4. テニス 評価

    戦術

    テニスの試合の中で、「こういう時は、こうする」と決めているプレー、いくつありますか?

    皆さんが試合の中で、「決めていること」いくつあるでしょうか?気…

  5. テニス 練習

    戦術

    自分の多い失点パターンを、もう一度考えてみよう

    自分自身の試合、の失点シーン。なかなか正面から向き合えないです…

  6. テニス スライス

    戦術

    準備とは守りではなく、武装である

    準備の重要性について、何度も書いて来ましたが、改めて。その背景…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 練習

    メンタル

    嫌いな練習ほど、真剣にやって早く終わらせてみたら?
  2. リターン

    「レシーブ用ストローク」を自分なりにカスタマイズしてテニスの試合に挑もう!
  3. テニス サーブ

    リターン

    しっかり肩が入ったサーブのフォームからは、センター狙いの可能性大
  4. テニス メンタル

    戦術

    敗退の責任の所在は、不明確
  5. テニス ボレー

    戦術

    試合の現場では、「狙ったコースにサーブが入らなくても」慌てないことが一番
PAGE TOP