テニス メンタル

ボレー

社会人テニスプレイヤーの方に多い、「ボールに合わせるだけのボレーに慣れてしまった方」へ贈るメッセージ

重いボール、軽いボール。

テニスには大きく分けて2種類のボールがある。

試合で有効なのは・・・当然、重いボールですよね。

でもその重さって、一体何をもってそう感じるのでしょうか?

ボレーでのボールの重さは、しっかりバウンド後に相手への勢いが失速しない、ノーバウンドで捕球しても、食い込まれるように伸びてくる。

そんなボレーを打つには・・・「合わせるだけ」では打つことが出来ない。

社会人の方、大人の方に多い「合わせるボレー」は、どこかで変えていく必要があるでしょう。

 

社会人テニスプレイヤーの方に多い、「ボールに合わせるだけのボレーに慣れてしまった方」へ贈るメッセージ

 


 

■「合わせるボレー」が必要なとき、必要でないとき

ラケットを合わせる、下半身はあまり動かさないボレーも、テニスの試合では必要。

相手の攻撃を受け止めたり、身体の近くに飛んで来たボールは、合わせる形で返球するのが第一ですよね。

ですが、その返球はあくまで応急処置。

しっかり重さのありボレーを打たないと、次のボールからも攻撃されやすい。

そう、しっかり踏み込んでいけるときには、重いボレーを打つ必要があります。

「横着な」プレーは、試合では格好の餌食になります。

 

■テニスにおいて、「重さ」は腕力に頼ると危険

小手先だけでボールにスピードを与えること。

これはテニスにおいて、危険なだけでなく怪我にも伝わりやすい。

「速いボールを打ちたい!」と思う気持ちは分かりますが、速さと重さは比例しません。

本当の重さは、自分の身体の体重、ラケットの重さをボールに与えていくことで生まれていくもの。

ボレーであれば、前足を踏み込んでいくことで体重を乗せられる。

ラケットを上にセットすることで、重力を使ってラケットの重さを活かせるのです。

 

■「踏み込むボール」を増やす意識改革で、ネットプレーは変わります!

1球でも多く、前に踏み込んでいくボールを増やすこと。

これだけです、実践するうえでの意識は。

その為には、足をしっかり動かしてステップ、打った後はすぐに前に踏み込んだ足を戻す。

地味ですがこの繰り返し、をいかに継続出来るかですね。

ラリーを続けることだけに意識がいくと、相手が打ちやすい軽いボールになってしまう。

つまりは、合わせるだけのボレーになってしまうので、注意が必要です。

 

練習は、試合の為。

であれば、ボールに合わせて相手が打ちやすいボールを続ける必要、ありますか?

最初2往復くらいしたら、後は重たいボールでしっかりラリー出来ているかどうか。

そうしないと、結果的に相手の練習にもなりません。

ラリーを続ける練習、合わせるだけの練習、にならないように。

試合に出て勝ちたい、と考えているみなさんはぜひ、意識を強く持って下さい。

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニス 練習

    ボレー

    ネットに詰めたけど、ボールが低い!なら膝を曲げて目線を下げよう

    ネットプレーで相手に迫るなら、とにかくネットに詰めること!と書…

  2. テニス ダブルス

    ボレー

    テニスで「どうしてもポーチに出れない・・・」と感じているアナタへのヒント5つ

    パートナーがせっかく後ろで頑張っているのに、どうしてもポーチに出れない…

  3. テニス 戦術

    ボレー

    ファーストボレーを叩かれる人は、どう対策すれば良い?

    サーブ&ボレー、でのファーストボレー。これをしっかり返すのが、…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    シングルスの試合で上手くスライスを使ってくる相手には、早めにネットプレーを見せておこう

    粘る相手を、どう攻撃で攻略していくか。テニスの試合では、いつも…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    相手のスライスは、全てポーチチャンス!

    ダブルスの試合、皆さんもっと、チャンスに貪欲にならないと。相手…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    前衛で動きまくった後は、「動かないこと」が最高のフェイントになる

    「とにかく、前衛では動きましょう!」と、何度も書いて来ました。…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. フットワーク

    テニス選手ならしっかり身に付けたい、「スプリットステップ」の基本から応用まで厳選…
  2. ダブルス

    「ナイスプレッシャー!」の一声で、前衛は救われる
  3. テニス ストローク

    ストローク

    相手が打つボール、「スライスとスピンの見極め」は、ラケット面が内外のどちらを向い…
  4. ボレー

    バックバンドハイボレーは、「振り幅を小さくする」だけでパワーと安定感の両方がアッ…
  5. テニス メンタル

    フットワーク

    気が付いていないだけで、スプリットステップにはある秘密がある
PAGE TOP