テニス メンタル

ボレー

社会人テニスプレイヤーの方に多い、「ボールに合わせるだけのボレーに慣れてしまった方」へ贈るメッセージ

重いボール、軽いボール。

テニスには大きく分けて2種類のボールがある。

試合で有効なのは・・・当然、重いボールですよね。

でもその重さって、一体何をもってそう感じるのでしょうか?

ボレーでのボールの重さは、しっかりバウンド後に相手への勢いが失速しない、ノーバウンドで捕球しても、食い込まれるように伸びてくる。

そんなボレーを打つには・・・「合わせるだけ」では打つことが出来ない。

社会人の方、大人の方に多い「合わせるボレー」は、どこかで変えていく必要があるでしょう。

 

社会人テニスプレイヤーの方に多い、「ボールに合わせるだけのボレーに慣れてしまった方」へ贈るメッセージ

 


 

■「合わせるボレー」が必要なとき、必要でないとき

ラケットを合わせる、下半身はあまり動かさないボレーも、テニスの試合では必要。

相手の攻撃を受け止めたり、身体の近くに飛んで来たボールは、合わせる形で返球するのが第一ですよね。

ですが、その返球はあくまで応急処置。

しっかり重さのありボレーを打たないと、次のボールからも攻撃されやすい。

そう、しっかり踏み込んでいけるときには、重いボレーを打つ必要があります。

「横着な」プレーは、試合では格好の餌食になります。

 

■テニスにおいて、「重さ」は腕力に頼ると危険

小手先だけでボールにスピードを与えること。

これはテニスにおいて、危険なだけでなく怪我にも伝わりやすい。

「速いボールを打ちたい!」と思う気持ちは分かりますが、速さと重さは比例しません。

本当の重さは、自分の身体の体重、ラケットの重さをボールに与えていくことで生まれていくもの。

ボレーであれば、前足を踏み込んでいくことで体重を乗せられる。

ラケットを上にセットすることで、重力を使ってラケットの重さを活かせるのです。

 

■「踏み込むボール」を増やす意識改革で、ネットプレーは変わります!

1球でも多く、前に踏み込んでいくボールを増やすこと。

これだけです、実践するうえでの意識は。

その為には、足をしっかり動かしてステップ、打った後はすぐに前に踏み込んだ足を戻す。

地味ですがこの繰り返し、をいかに継続出来るかですね。

ラリーを続けることだけに意識がいくと、相手が打ちやすい軽いボールになってしまう。

つまりは、合わせるだけのボレーになってしまうので、注意が必要です。

 

練習は、試合の為。

であれば、ボールに合わせて相手が打ちやすいボールを続ける必要、ありますか?

最初2往復くらいしたら、後は重たいボールでしっかりラリー出来ているかどうか。

そうしないと、結果的に相手の練習にもなりません。

ラリーを続ける練習、合わせるだけの練習、にならないように。

試合に出て勝ちたい、と考えているみなさんはぜひ、意識を強く持って下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    フォアハンドハイボレーの隠れたコツは、「自分のポジションによって支点を変えること」です

    フォアハンドボレー、試合の中で安定感があるかどうか。これって、…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    「ドロップボレーはラケットを振らない?」いやいや、スライスをしっかりかけるから安定します

    ドロップボレーに対しての意識は、中級者と上級者では大きな違いがあること…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    自分のボレーに、「伸びが無い」と感じている人は、打つ瞬間に前足が上がっているかを確認しよう

    ネットに出てボレーをしても、簡単に相手から返されてしまう。また…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの試合で、「前衛の足元にぶつけるポーチボレー」だけだと、試合後半は通用しなくなる

    テニスは人がするスポーツ。人の習性や構造を考えると、実は想定さ…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    「あえて、前に踏み込まない」ボレーを鍛えておくと、粘り強いネットプレーヤーになれる

    ボレーはしっかり、足を踏み込んで横向き!は、確かに基本です。…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    ポーチは「2本で1セット」で考えれば、攻撃に厚みが出る

    ダブルスの前衛でのポーチ、皆さんは決定力・・・ありますか?私自…

特集記事

  1. テニス サーブ

    練習メニュー

    試合に必要な「サーブリターンの練習」、こそ工夫しよう
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークを振り切れない人は、そもそも打点に入れていない
  3. テニス ダブルス

    ストローク

    試合で実践してみて効果的だった、「ストロークで自分らしさを取り戻す3つの事」
  4. メンタル

    社会人のメンタルの強さを、学生はまだまだ甘く見ているから勝てないのです
  5. テニス 並行陣

    サーブ

    安定した回転系のサーブは、こするのではなく「弾く」感覚で
PAGE TOP