テニス ダブルス

ボレー

ボレーの深さは、ネットのどの高さを通すかで調整しよう

深いボレー、浅いボレー。

この打ち分けを、腕の力だけで行ってはいませんか?

確かに、ドロップボレーはグリップを弱く握ることで打てますし、深いボレーは腕先だけでも多少は調節出来る。

でも、もっと試合で高い安定感を目指すなら、打球の高さ、で調整出来るようにしていきたいですね。

この意識で、ぜひ練習してみて下さい。

 

ボレーの深さは、ネットのどの高さを通すかで調整しよう

 

1.深いボレー、はどこを通せば良い?

ネットのどこの高さ、を通せば深いボレーになるのか。

この感覚、しっかり磨いておくと試合で安定してボレーを打つことが出来ます。

きっと、ネットのかなり高い位置を通しても、ボレーはコートに収まるはず。

私の感覚では、ネットの1メートル上を通す感じ、で良い。

「そうか、じゃどんなときもこの高さで良いのか!」と思った方は、ちょっと注意して欲しいポイントが。

それがアナタ自身がハイボレーなのか、ローボレーなのか、でまた違ってきますから。

 

2.ローボレーなら山なりに、ハイボレーなら直線的に

ネットの上、を通す高さは一緒で良い。

ですが、軌道は微妙に違ってきます。

ローボレーは山なり、にネットを通していく。

ハイボレーは、直線的に打っても深く入ってくれる。

自分が、どこの高さでボレーをしているのか、によって、ボレーの軌道は変わります。

この違いを理解しておけば、相手から足元に打たれても慌てないですよね。

どうすべきか、を分かっていればテニスではミスが減るんです。

 

3.ネット上に目標を作り、シンプルにやり切る

これだけ、で良いでしょう。

シンプルに、サーブ&ボレーで打つファーストボレーも、ネットの上に目標を作る。

足元に打たれて慌てるのではなく、しっかりやるべきこと、を簡単に設定しておくこと。

これが大事だと思いますよ。

目標物は、自分に近い方が簡単ですしね。

相手コートの奥を狙う、なんて難しい発想は止めましょう。

 

4.アングルボレーなら、ネットの30cm上を狙う感じ、で良い

深く打つボレー、ではなく浅く打つボレー、も試合では必要ですよね。

アングルボレーなら、ネットの30cm上が狙いどころ。

「それは難しい・・・」と思うなら、もっとネットに近付かないと。

ネットに近付けば、30cm上の場所を狙うのも簡単。

逆にネットに近いのに、ネットの上の高い位置を通していると、アウトしてしまいますからね。

アングルボレーは、もっと低い場所を通して、角度を付けること、を意識していきましょう。

 

ネット上に目標を作る基本は何度も書いて来ましたが、やっぱり試合で楽なんですよね。

これが出来ると、プレッシャーにも負け辛い。

深さの調整は、近い目標で調整すること。

サーブでもストロークでも、使える基本です。

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ハーフボレーの一番のコツは、思い切ってラケット面を下に向けること!

    相手から足元を狙われる、ネットプレーではよくありますよね。そん…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    「俺はストローカー!」だけど、負けない為に押さえておきたいボレーの基本5つ

    「ストロークには絶対の自信がある!」という人も、試合ではそれだけだと厳…

  3. テニス スライス

    ボレー

    テニスの試合では、「相手にドロップを警戒させて深く打つ」スライスが有効です!

    まず初めに、これはかなり難しい技術です。スライスショットを浅く…

  4. テニス フットワーク

    ボレー

    ボレー対ストロークのラリーでは、ボレー側は常に「ストローク側が後ろ足体重で打つ瞬間」を見逃さないこと…

    ボレー対ストロークのラリー練習、ただつなげるだけでは試合で使えない。…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    「切れ味抜群ボレー」をテニスの試合で活かす為には、抑える意識が必要

    ボレーはコースが良ければ決まる。ゆっくりのボレーでも、その前に…

  6. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットプレーにおいて、「ハイボレーはいつでもウォッチ!」が出来るように準備しておくと効率的です

    ストロークから、またはサーブから前に出ると、「ボレーで決めてやるぞ!」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    相手ストロークを追い込める「深いボレー」に必要な4つの要素
  2. 日々の雑記

    横浜DeNAベイスターズの勢いが凄い、のには理由がある
  3. 戦術

    試合では、偶然取れたポイント、じゃなくて、「意図的に取れたポイント」を増やしてい…
  4. テニス ストローク

    戦術

    よし、いける!と相手に思わせて、罠にはめよう
  5. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドストロークが安定しないときに、調子を戻す方法
PAGE TOP