テニス ダブルス

ボレー

ボレーの深さは、ネットのどの高さを通すかで調整しよう

深いボレー、浅いボレー。

この打ち分けを、腕の力だけで行ってはいませんか?

確かに、ドロップボレーはグリップを弱く握ることで打てますし、深いボレーは腕先だけでも多少は調節出来る。

でも、もっと試合で高い安定感を目指すなら、打球の高さ、で調整出来るようにしていきたいですね。

この意識で、ぜひ練習してみて下さい。

 

ボレーの深さは、ネットのどの高さを通すかで調整しよう

 

1.深いボレー、はどこを通せば良い?

ネットのどこの高さ、を通せば深いボレーになるのか。

この感覚、しっかり磨いておくと試合で安定してボレーを打つことが出来ます。

きっと、ネットのかなり高い位置を通しても、ボレーはコートに収まるはず。

私の感覚では、ネットの1メートル上を通す感じ、で良い。

「そうか、じゃどんなときもこの高さで良いのか!」と思った方は、ちょっと注意して欲しいポイントが。

それがアナタ自身がハイボレーなのか、ローボレーなのか、でまた違ってきますから。

 

2.ローボレーなら山なりに、ハイボレーなら直線的に

ネットの上、を通す高さは一緒で良い。

ですが、軌道は微妙に違ってきます。

ローボレーは山なり、にネットを通していく。

ハイボレーは、直線的に打っても深く入ってくれる。

自分が、どこの高さでボレーをしているのか、によって、ボレーの軌道は変わります。

この違いを理解しておけば、相手から足元に打たれても慌てないですよね。

どうすべきか、を分かっていればテニスではミスが減るんです。

 

3.ネット上に目標を作り、シンプルにやり切る

これだけ、で良いでしょう。

シンプルに、サーブ&ボレーで打つファーストボレーも、ネットの上に目標を作る。

足元に打たれて慌てるのではなく、しっかりやるべきこと、を簡単に設定しておくこと。

これが大事だと思いますよ。

目標物は、自分に近い方が簡単ですしね。

相手コートの奥を狙う、なんて難しい発想は止めましょう。

 

4.アングルボレーなら、ネットの30cm上を狙う感じ、で良い

深く打つボレー、ではなく浅く打つボレー、も試合では必要ですよね。

アングルボレーなら、ネットの30cm上が狙いどころ。

「それは難しい・・・」と思うなら、もっとネットに近付かないと。

ネットに近付けば、30cm上の場所を狙うのも簡単。

逆にネットに近いのに、ネットの上の高い位置を通していると、アウトしてしまいますからね。

アングルボレーは、もっと低い場所を通して、角度を付けること、を意識していきましょう。

 

ネット上に目標を作る基本は何度も書いて来ましたが、やっぱり試合で楽なんですよね。

これが出来ると、プレッシャーにも負け辛い。

深さの調整は、近い目標で調整すること。

サーブでもストロークでも、使える基本です。

ピックアップ記事

  1. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    フワッとしたネット際のボールは、前に詰めながら狙うコースを素早く決断しよう

    緩い、フワッとしたボレーが苦手な方。ネット際に浮いたボールを、…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    コンパクトなボレーの打ち方は、「ラケットが収まる場所」を作ることで完成します

    ボレーの安定感は、シンプルさ。多少はラケットを動かしつつも、基…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    相手ストロークを追い込める「深いボレー」に必要な4つの要素

    深いボレーで相手を追い込む。サーブ&ボレーからの並行陣、まず深…

  4. テニス メンタル

    ボレー

    「守備的スプリットステップ」を身に付けると、テニスで足元の攻撃をしぶとく返球することができます!

    相手の攻撃を「受ける」のが得意なディフェンシブな選手、いますよね。…

  5. テニス メンタル

    ボレー

    ファーストボレーで無理してばかりでは、並行陣で戦えない

    ダブルスの試合、年齢が上がるに従って並行陣で戦う選手は増える。…

  6. ボレー

    相手が打って来るスライスストロークは、格好のドロップボレーチャンス!

    アナタ自身が前にいて、相手がストローク。この時、スライスでのス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合では、打った瞬間に「自分のボールと決別する」強い意志が必要!
  2. テニス ボレー

    ボレー

    アングルボレー、欲を出してふらないことが一番
  3. 練習メニュー

    「すぐにでも、シングルスを強くなりたい!」人は、レベルに合わせた8の字ラリーをし…
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    40-0の場面からは、3本連続ポーチで良いと思う
  5. テニス 雑記

    日々の雑記

    「当たり前のことを、何回も言うなよ・・・!」と思ったら、それはアナタが成長した証…
PAGE TOP