テニス ダブルス

ボレー

ボレーの深さは、ネットのどの高さを通すかで調整しよう

深いボレー、浅いボレー。

この打ち分けを、腕の力だけで行ってはいませんか?

確かに、ドロップボレーはグリップを弱く握ることで打てますし、深いボレーは腕先だけでも多少は調節出来る。

でも、もっと試合で高い安定感を目指すなら、打球の高さ、で調整出来るようにしていきたいですね。

この意識で、ぜひ練習してみて下さい。

 

ボレーの深さは、ネットのどの高さを通すかで調整しよう

 

1.深いボレー、はどこを通せば良い?

ネットのどこの高さ、を通せば深いボレーになるのか。

この感覚、しっかり磨いておくと試合で安定してボレーを打つことが出来ます。

きっと、ネットのかなり高い位置を通しても、ボレーはコートに収まるはず。

私の感覚では、ネットの1メートル上を通す感じ、で良い。

「そうか、じゃどんなときもこの高さで良いのか!」と思った方は、ちょっと注意して欲しいポイントが。

それがアナタ自身がハイボレーなのか、ローボレーなのか、でまた違ってきますから。

 

2.ローボレーなら山なりに、ハイボレーなら直線的に

ネットの上、を通す高さは一緒で良い。

ですが、軌道は微妙に違ってきます。

ローボレーは山なり、にネットを通していく。

ハイボレーは、直線的に打っても深く入ってくれる。

自分が、どこの高さでボレーをしているのか、によって、ボレーの軌道は変わります。

この違いを理解しておけば、相手から足元に打たれても慌てないですよね。

どうすべきか、を分かっていればテニスではミスが減るんです。

 

3.ネット上に目標を作り、シンプルにやり切る

これだけ、で良いでしょう。

シンプルに、サーブ&ボレーで打つファーストボレーも、ネットの上に目標を作る。

足元に打たれて慌てるのではなく、しっかりやるべきこと、を簡単に設定しておくこと。

これが大事だと思いますよ。

目標物は、自分に近い方が簡単ですしね。

相手コートの奥を狙う、なんて難しい発想は止めましょう。

 

4.アングルボレーなら、ネットの30cm上を狙う感じ、で良い

深く打つボレー、ではなく浅く打つボレー、も試合では必要ですよね。

アングルボレーなら、ネットの30cm上が狙いどころ。

「それは難しい・・・」と思うなら、もっとネットに近付かないと。

ネットに近付けば、30cm上の場所を狙うのも簡単。

逆にネットに近いのに、ネットの上の高い位置を通していると、アウトしてしまいますからね。

アングルボレーは、もっと低い場所を通して、角度を付けること、を意識していきましょう。

 

ネット上に目標を作る基本は何度も書いて来ましたが、やっぱり試合で楽なんですよね。

これが出来ると、プレッシャーにも負け辛い。

深さの調整は、近い目標で調整すること。

サーブでもストロークでも、使える基本です。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    「切れ味抜群ボレー」をテニスの試合で活かす為には、抑える意識が必要

    ボレーはコースが良ければ決まる。ゆっくりのボレーでも、その前に…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    頭が突っ込んだボレーになったときには・・・?

    態勢を崩されても、しっかりボレーを返球する。低い打点でも、しっ…

  3. ボレー

    勝てるダブルスのポーチコースは、逆クロスじゃない

    ダブルスの試合で、しっかり前衛がポーチで決める。こういう試合が…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    テニスにおいて相手が前に詰めて来る、ということは「上が空く」ということ

    「そんなの当たり前じゃないか」と思う方がほとんどでしょう。…

  5. ボレー

    ハイボレーカットの処理、返球が甘くなってない?

    ダブルスの試合で、レベルアップが出来る技術。アナタ自身、まさに…

  6. ボレー

    「ネットにガン詰めしたボレー」とストロークのラリー練習、は試合を想定すると無意味です

    先日あるテニスコートで練習している風景を観て、感じた疑問。ボレ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. ボレー

    「サーブ&ボレー、見習い中」テニスの試合ではまずやってみることが相手へのプレッシ…
  2. テニス ボレー

    サーブ

    ダブルスでのサーブ&ボレーヤーは、「相手前衛との戦い」に勝利しなくては…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのラリーの中で、「差し込まれたときには慌てずストレートか逆クロス」に展…
  4. テニス フットワーク

    メンタル

    「ムキになって相手のラリーに付き合う」のは本当に危険
  5. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークでミスが多い人は、「ほとんど横振りで打点がぶれている」ことに気付かない…
PAGE TOP