テニス リターン

ストローク

「パッシングショット、試合で使える自信ありますか?」テニスのシングルスの試合で必要なパスのコツ5つ

目次

シングルスの試合は、一人でコート全体をカバーしなければならない。

だからこそ面白いし、色々な戦略で相手と競わなければいけない。

一般の試合でも、シングルスの試合でネットプレーを積極的に取り入れて前に詰めてくる人もいる。

そんな相手に、しっかりとパッシングショットを打って対抗できるイメージ、ありますか?

 

「パッシングショット、試合で使える自信ありますか?」テニスのシングルスの試合で必要なパスのコツ5つ

 


 

1.まずは「1発」で決めようとしない、相手に触らせる

ネットに詰めてくる選手の力量を、しっかり確かめましょう。

まずは1度ボレーをさせてみて、その実力を確認するのが一番。

できればネットより低い位置で触らせてみて、その反応と態勢、次への動きの癖を見ておきたいところ。

実はストロークに自信が無いから、ネットに詰めてきているだけ・・・という、いい意味でのハッタリが効いた選手も多いのが事実。

慌てずに、自分からミスをしないパッシングショットをまずは打ち込みましょう。

 

2.イメージとして「相手はいないもの」として、打つという意識も大切

パッシングショットは「特別な攻撃的なショット」と思われがちですが、実はそんなことはありません。

もちろん相手がネットにいるので、それを避けるようにして打つのが基本ですが、普段のグランドストロークの延長線上で考えて自分のフォームを崩さないことも重要。

相手がネットにいない、と想定してリラックスしてコースを良く狙うことが重要。

もちろんボレーされたら反応早く次の処理をする必要がありますが、初中級の方はまず「しっかりコースに普段通りに打つ」ことに集中してみると良いでしょう。

 

3.「トップスピンロブ」を混ぜることで、パッシングショットはそのまま威力がアップ!

レベルが上がってくると、ネットプレーが得意な対戦相手も出てきます。

そこでオプションとして必要なのが、錦織選手の得意ショットでもあるトップスピンロブ。

1.に連動する形で、触らせてもOK、特にバックハンド側で触らせておけば、こちら側の優位を保ちやすいはず。

スライスでも良いので、「この人はロブも打ってくるな・・・」と思わせるだけで、同じパッシングショットでも相手はよりボールの速さと捕りにくさを感じるはずです。

 

4.「低いスライスアプローチ」への対策は、絶対に練習が必要

さらに、パッシングショットで難しいのがスライスアプローチの処理。

ネットプレーが得意な相手はスライスショットも得意なケースが多いので、このアプローチは非常に厄介です。

これには特効薬はありません。

普段からしっかり膝を曲げて、ボールとコートの間にラケットヘッドを落として入れて、スピン系のパッシングショットが打てなければなりません。

ここでしっかり打てないと、相手はどんどん同じアプローチを繰り返します。

ロブも有効に使いつつ、対抗していきましょう。

 

5.「ボールと相手を同時に」見る、視界を拡げる意識を

2.では、ネットにいる相手をいないものとして・・・という内容でしたが、上級者になると話は別。

ネットプレイヤーに対して、駆け引きをしなければなりません。

ボールと相手を同時に見る、この周辺視力をトレーニングしておく必要があります。

ネットプレイヤーも、当然コート全てを守ることは不可能ですから、どこかに山を張ってポジションを調整しています。

そこを冷静に避ける為に、この視界を拡げる意識は必要です。

 

プロテニス選手の試合はストローク中心ですが、一般の特にベテランの試合になると、意外とネットプレーヤーも多いのが日本のテニス界。

サーブ&ボレー、アプローチから、積極的に前に出てくるテニスに対抗できなければ、自分の展開に持ち込む前にやられてしまいます。

今持っているストローク力を磨きつつ、戦術の準備と視界のトレーニング。

しっかり磨いておきましょう!

ピックアップ記事

  1. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    攻撃していく場面で「打ち方が変わる」人は、いつまで経っても中級者

    試合に強い人、攻撃をしっかりポイントにつなげることが出来る人は、ここが…

  2. テニス ダブルス

    ストローク

    いわゆるテニスの「普通のストローク」とは、全て打点が低いと自覚しよう

    「ストロークの打点は高い方が良いって、どれくらい高くないとダメですか?…

  3. テニス 練習
  4. ストローク

    ストロークの軸足は、「体重移動のときに変わる?」の疑問について

    最近、読者のみなさんから頂くご質問で多く頂きます。ストロークの…

  5. ストローク

    深いボールの返球が出来ない人は、バウンドに合わせる癖を引きずってるだけ

    相手のストロークが深い時に、差し込まれてミスが増える。実は、失…

特集記事

  1. テニス 粘り

    スマッシュ

    アウトミスを怖がっていたら、スマッシュは深く打てない
  2. テニス 打点

    練習メニュー

    シングルスの試合に必要な「コートカバーリングとコントロール」を養う、基礎的な練習…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ボレーヤーをストロークで崩すなら、ラストは前しかない!
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では「相手のチャンスの場面」こそ、強気でいこう!
  5. テニス メンタル

    メンタル

    今から始めても遅くない「客観的に自分のテニスを見つめる」為の手段5つ
PAGE TOP