テニス 時間

メンタル

テニスの試合で「いやらしく時間を使ってくる相手」には、毅然とした姿勢で!

テニスの試合に出ていると、相手が「意図的に時間を使ってるな・・・」と感じることがあると思います。

厳密にはルール上、ポイント間やチェンジコート間は時間制限がありますが、セルフジャッジの試合ではそこまで細かく指摘できませんよね。

そこで、今回はそういう少し「嫌らしい相手」にどう対応すべきかを考えてみました。

もちろんこれが正解!というのはありませんが、試合で心の準備をしているだけで、落ち着いて対応できると思います。

 

テニスの試合で「いやらしく時間を使ってくる相手」には、毅然とした姿勢で!

 


 

1.基本的な「テニスのルール」を再確認!

テニスにはポイント間は20秒以内、チェンジコートの際には90秒以内というルールがあります。

これを意外と知らない人が多いのが現実。

もちろん、実際のセルフジャッジ試合では細かく時間を測ることはありませんが、まずはルールを知っておくことは大前提として必要。

セルフジャッジ=自分たちでジャッジをすることになりますので、厳しいようですがルールを知らなければ本来、コートには立てないのです。

 

2.「時間を嫌らしく使ってくる相手」に対する対策は?

ポイント間に必要以上に時間を割いて、相手に揺さぶりをかける選手がいます。

テニスの試合で駆け引きは醍醐味であり、ルールの中であればもちろん何をやってもOK。

大切なのは、こういった選手相手に、自分たちがどう戦うかということ。

ここでお勧めは、自分がしっかりレディポジションに堂々と、毅然とつく、ということ。

しっかりと「私は準備できてますよ」とアピールすることで、逆に相手にプレッシャーをかけることもできます。

 

3.「はっきりとした遅延行為」が見て取れる相手には・・・?

確信犯か、そうでないかは別として、規定の時間を大幅に超えた遅延行為にはコートレフリーを呼んで対応しましょう。

ここで、「相手にどう思われるか・・・」なんて気にする必要はありません。

しっかりとルールを遵守してこその、テニスの真剣勝負。

またアナタが試合を運営する立場であれば、こういった行為には早い段階で警告を出さなければいけません。

ポイントごとに20秒以上かけるのはもちろん、たまにあるポイントごとにベンチにいく行為も基本的にはNGに近い行為です。

お互い、気持ち良く試合をして、力を出し切りましょう、というメッセージを発するつもりで、臨みましょう。

 

試合には、あらゆる準備が必要です。

試合に強い人は、色々な経験を積んでいますので、どんな相手に対しても毅然とした態度で「自分」を保つことができます。

アナタが試合に出始めたばかりのプレイヤーであれば、ときにこういう対戦相手に対して悔しい想いをするかも知れません。

でもそれを糧に、次に活かせるかはアナタ次第です。

ルールを知り、相手を知る。

勝ちたいと思う気持ちは、何にも増して大きくなりがち。

人間臭いテニスというスポーツに、どっぷり浸かって生きていきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス テニスボール
  2. テニス テニスノート

    メンタル

    アナタのテニスノートに、「宣言」はあるか?

    テニスノート、皆さん・・・書けてますか?もちろん書いておくこと…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    メンタルに原因を求める人こそ、メンタルが弱い人

    「自分はメンタルが弱い・・・」という悩みの声、よく相談で頂きます。…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    本当にテニスの試合に強くなりたければ、「真剣勝負の場数を増やす」ことを最優先に考えたい

    試合になるとラケットを振れない、サーブを置きにいってしまう・・・という…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合、「失点か得点」の2種類しかないという事実

    テニスの試合、そして練習。意識を高く持って継続出来る選手は、練…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    緊張したら目を閉じ、練習風景を思い出すこと

    試合では、どんなに準備しても緊張する。それは自分自身が勝ちたい…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ドライブボレーは実は、並行陣を崩す最終兵器になる
  2. テニス ボレー

    ロブ

    ロブは上に打ち上げるのではなく、前に押し込んでいこう!
  3. テニス知識

    テニスの大会でも備えておきたい「台風や暴風雨対策」に役立つグッズ5つ
  4. ストローク

    対ネットプレイヤー向けのストローク、裏技があります
  5. 練習メニュー

    「限界のその向こう」へ導くテニスの練習には周りの声掛けが大切!
PAGE TOP