テニス メンタル

ボレー

サービスゲームでポーチに出ないで、いつ出るのかという話

ダブルスの試合、まず強いペアかどうか・・・は、ココを見て欲しい。

試合慣れしているペア、結果を出しているペアは、この考え方がしっかりしています。

言われてみれば当たり前、かも知れませんが、なかなか出来ないのがこの基本。

みなさんのペアは、どうですか?

 

サービスゲームでポーチに出ないで、いつ出るのかという話

 

1.「サーブが弱い」という言い訳、に終始していないか?

この話をすると、ほとんどがこう反論されます。

「そもそも、サーブが弱いのでポーチなんて無理なんですよ」と。

ポーチに出ても強力なリターンの方が上、ストレートも抜かれるイメージしか湧かない、という方、特に女性の方で多いんですよね。

でも、ハッキリとこれは違う、と言っておきます。

むしろ、サーブが弱いなら、より出ないと厳しいと思いませんか?

厳しいリターンを打たれて、そこから後衛がゲームメイク出来ると思いますか?

サーブを打つ側の前衛、こそ動かないと、より厳しくなっていく。

動けないのは、アナタの勘違いでしかないのです。

 

2.サーブと前衛の動き、を合わせて「ダブルスのサーブ」です

ペアが打つサーブと、自分の前衛の動き。

この2つを足して、初めてダブルスのサーブ、だと私は思っています。

ダブルスなのに、一人で頑張ってサーブを打っている選手なんて、本当に可哀そう。

それに、絶対に勝てないですよ、強いペアには。

今の時代、本当にリターンはみなさん強く、上手くなっている。

技術もそうですが、ラケットやガット、もすごく進化してますからね。

と同時に、ボレーも非常に打ちやすくなっています。

だからこそ、しっかりポーチにも出て欲しいんです、みなさん自身の足で。

 

3.ダブルスの流れを作るのが、サーブの後のポーチ!

これこそ、ダブルスの醍醐味ですしね。

ダブルスの試合の流れを作るのは、やっぱりサービスゲームのポーチです。

良いんです、失敗したり、ストレートを抜かれても。

動くことで、相手にプレッシャーがかかってリターンミスしてくれる。

それに、サーブを打つ選手にも責任感が生まれますからね。

なんとか、センターに入れよう、と考えるだけで、きっとサーブ力も向上していきます。

そう、サービスゲームを引っ張るのはサービス側のペアの前衛、ですよ。

 

4.ラリー中に出る方が、ずっとしんどいし厳しい

私は、こう思います。

特に、格上相手の試合ですね。

チャンスは、ラリーの序盤が一番つかみやすい。

ラリーが長くなればなるほど、徐々に押されて厳しくなる。

サーブの後のボールを触る方が、ずっとポイント奪取の可能性が高いでしょう。

サーブの後、一番最初に触る権利を持っているのが、サーブ側の前衛。

これって、特権ですからね。

気付いていない方が多いみたいですけど。

 

とにかく、結論出ましょう!

私なんかは、試合の最初のポイント、その次のポイントも、どんどん出ます。

3球目になって、やっとフェイントに切り替えるくらい。

経験上、これで8割の相手はリターンが乱れてくれる。

「最初から出てくんのかよー」と思わせれば勝ち、ですよ。

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス リターン

    ボレー

    テニスにおいて、「ボレーの基本はラケットヘッドを立てる」だけだと、低いボールの処理が難しい

    低い位置でのボレー、出来ることなら打ちたくないショットですよね。…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    ローボレーが苦手な人が身に付けたい、「掴んで放すスライスボレー」のコツ4つ

    低い位置でのローボレー、苦手にしている人多いんじゃないでしょうか。…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「速いボールが怖い!」人は、辛いですがこういう練習が一番効果的です

    テニスのボールスピード、他の競技と比べてどうでしょうか。学生や…

  4. テニス メンタル

    ボレー

    「速いボールがボレー出来ない、怖い」のは、ただアナタの目線が高いから

    レベルが高い試合になってくると、ストロークのスピードも上がる。…

  5. テニス ダブルス

    ボレー

    自分のボレーがいつも浅くなる人は、「ボールの下側を触って」前に押し出していく基本を見直そう

    テニスでは、ボレーでも深さが重要。なぜならバウンドしたと同時に…

  6. ボレー

    ボレーの基本中の基本、「ラケット面を上に向けてフォロースルー」を徹底すれば、試合でミスは激減します

    ネットプレーが苦手なプレイヤーの多くの共通点は、ラケット面が安定してい…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「両手バックハンドストロークのダウンザライン」をテニスの試合で打てるようになるポ…
  2. テニス メンタル

    その他

    今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    サーブに力が無くてもキープに導く、前衛の心得5つ
  4. メンタル

    最初は伸び伸び、でも後半は・・・?
  5. テニス メンタル

    その他

    テニスがプレー出来るというのは、「当たり前」では無いということ
PAGE TOP