テニス メンタル

ボレー

サービスゲームでポーチに出ないで、いつ出るのかという話

ダブルスの試合、まず強いペアかどうか・・・は、ココを見て欲しい。

試合慣れしているペア、結果を出しているペアは、この考え方がしっかりしています。

言われてみれば当たり前、かも知れませんが、なかなか出来ないのがこの基本。

みなさんのペアは、どうですか?

 

サービスゲームでポーチに出ないで、いつ出るのかという話

 

1.「サーブが弱い」という言い訳、に終始していないか?

この話をすると、ほとんどがこう反論されます。

「そもそも、サーブが弱いのでポーチなんて無理なんですよ」と。

ポーチに出ても強力なリターンの方が上、ストレートも抜かれるイメージしか湧かない、という方、特に女性の方で多いんですよね。

でも、ハッキリとこれは違う、と言っておきます。

むしろ、サーブが弱いなら、より出ないと厳しいと思いませんか?

厳しいリターンを打たれて、そこから後衛がゲームメイク出来ると思いますか?

サーブを打つ側の前衛、こそ動かないと、より厳しくなっていく。

動けないのは、アナタの勘違いでしかないのです。

 

2.サーブと前衛の動き、を合わせて「ダブルスのサーブ」です

ペアが打つサーブと、自分の前衛の動き。

この2つを足して、初めてダブルスのサーブ、だと私は思っています。

ダブルスなのに、一人で頑張ってサーブを打っている選手なんて、本当に可哀そう。

それに、絶対に勝てないですよ、強いペアには。

今の時代、本当にリターンはみなさん強く、上手くなっている。

技術もそうですが、ラケットやガット、もすごく進化してますからね。

と同時に、ボレーも非常に打ちやすくなっています。

だからこそ、しっかりポーチにも出て欲しいんです、みなさん自身の足で。

 

3.ダブルスの流れを作るのが、サーブの後のポーチ!

これこそ、ダブルスの醍醐味ですしね。

ダブルスの試合の流れを作るのは、やっぱりサービスゲームのポーチです。

良いんです、失敗したり、ストレートを抜かれても。

動くことで、相手にプレッシャーがかかってリターンミスしてくれる。

それに、サーブを打つ選手にも責任感が生まれますからね。

なんとか、センターに入れよう、と考えるだけで、きっとサーブ力も向上していきます。

そう、サービスゲームを引っ張るのはサービス側のペアの前衛、ですよ。

 

4.ラリー中に出る方が、ずっとしんどいし厳しい

私は、こう思います。

特に、格上相手の試合ですね。

チャンスは、ラリーの序盤が一番つかみやすい。

ラリーが長くなればなるほど、徐々に押されて厳しくなる。

サーブの後のボールを触る方が、ずっとポイント奪取の可能性が高いでしょう。

サーブの後、一番最初に触る権利を持っているのが、サーブ側の前衛。

これって、特権ですからね。

気付いていない方が多いみたいですけど。

 

とにかく、結論出ましょう!

私なんかは、試合の最初のポイント、その次のポイントも、どんどん出ます。

3球目になって、やっとフェイントに切り替えるくらい。

経験上、これで8割の相手はリターンが乱れてくれる。

「最初から出てくんのかよー」と思わせれば勝ち、ですよ。

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーの基本は、「スタンス広めでその中間に頭」を意識すれば安定する

    ボレーに安定感が欲しい方。まずは、頭の位置をしっかり意識するこ…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーのときに、「片手魔人」になっている人いませんか?

    片手でラケットを持って、構えている人。私はこういう人を、「片手…

  3. テニス メンタル

    ボレー

    試合の中で熱いボレー戦になっても、冷静に上を狙う意識を持とう

    ダブルスの試合、いやシングルスでもそうですね。ボレー対ボレーの…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    テニスにおける攻撃的なボレーは、全てを「2本で1セット」の考えで詰めていく意識が大事

    ネットプレーは攻撃的に!ですが、1本で決めようとするとミスも増…

  5. テニス ポジショニング

    ボレー

    「伸びてくるスライス」のハイボレー、本当に難しい!

    簡単そうに見えて、難しいボール。テニスの試合では、たくさんあり…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに近付けば近付くだけ、動作がシンプルでコンパクトになる

    テニスコートって、結構広い。広いコートの中で、自分が求められる…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス サーブ

    日々の雑記

    誰もが出来ることを、誰も出来ないくらい続けるということ
  2. テニス 指導

    メンタル

    絶対に勝たないといけない試合、がアナタを強く育てていく
  3. 戦術

    相手が奪う時間に、付いていく
  4. テニス ボレー

    ボレー

    右利きのフォアハンドボレー、左半身から反応させて前に
  5. テニス 読書

    その他

    今年一年間で、私自身が大きく影響を受けた本を紹介します
PAGE TOP