テニス 練習

戦術

テニス選手は、ラリー5往復目から「個性」が出て来る

試合の中で、「その選手の個性」を掴むと、試合でも強い。

でも、なかなか相手の感じがつかめない、どの選手も一緒に見える・・・と思いますよね。

そういう人は、まずどんどんラリーをする、長いラリーを避けないことが大事でしょう。

よく、思い出してみて下さい。

きっとみなさんも、試合の中で経験あるはずです。

 

テニス選手は、ラリー5往復目から「個性」が出て来る

 

1、長いラリーになってくると・・・?

私の感覚では、5往復。

シングルスでもダブルスでも、ラリーがお互いに5往復を超えると、「その人らしさ」が出て来る。

ほとんどが、そのラリーの回数の手前でポイントが終わるので、よく分からないままに進んでいく。

サーブやリターン、だけだと、結構どの選手も近しいような感じですからね。

配球の癖、も長いラリーの中でこそ、生まれて来る。

だからこそ、みなさんも「長いラリー、望むところ!」という姿勢で挑みましょう。

きっと、相手も「自分らしさ」を出して来ると思いますよ。

 

2.「せっかちな選手かどうか?」は、早めに確認しておこう

私は試合の最初のゲームで、ここから確認します。

せっかちな選手、なのかどうか、は試合の後半まで大事なポイントになる。

勘違いしてはいけないのは、せっかち=弱い、という訳ではないということ。

思い切りが良く、どんどん先手を取って来る攻撃的な選手、は乗せると怖いですからね。

長いラリーをしよう、と試合に入ることで、こういう選手をあぶり出すことも出来る。

ラリー自体が短いと、何も分からないですからね。

焦らず、相手とラリーしていくつもりで試合に入る。

これだけでも、アナタ自身の調子は安定するはずです。

 

3.アナタ自身は「何」をやりたくなるだろう?

思い出してみてください。

ラリーが長く続くと、アナタ自身は「何」をやりたくなりますか?

実際に、試合ではどうでしょう?

長いラリーの時、どういう攻撃や守備、をしたいと考えて実践しているでしょうか?

ここを客観視出来る人は、なかなかいないんですよ。

もし、試合の動画を撮影している人、がいましたら、ぜひ長いポイントをよく見て欲しい。

5往復以上続いた時、その後、どういう選択をしているのか。

そこに、上達のヒントがあるはずですよ。

 

4.長いラリーのポイントを制する、ことに貪欲になろう

どうも、私たちはつい良いポイント、を勘違いしがち。

速く、エースで、キレイにポイントを取ること、を意識してしまいがちですからね。

でも、実際はそうじゃない。

長いラリーを制すること、にしっかり意識を高く置く、貪欲になる。

そこに自信が出来れば、きっと「長いラリーに持ち込めば、勝てる!」と思えるようになりますからね。

「また、シコラー推奨の話か」と思うかも知れませんが、これは事実だと思います。

しっかり長いラリーが試合で出来る、からこそ、奇襲や速い攻撃もより相手に効くようになる。

これこそ、本当に強いテニス選手だと思いますよ。

 

どうしても不安が先に立つと、ラリーを続けることも怖くなる。

でも、安心して下さい。

相手は、5往復もつなげれば、個性を出してくれます。

そこで「強さ」を出してくる選手よりは、「弱さ」を出してくる選手の方が多い、でしょう。

もちろん、強さを出して来る相手は、本当に強い選手。

倒し甲斐、がありますよね。

まずはアナタ自身、長いラリーに貪欲になること、からでしょう!

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    戦術

    相手を後ろに下げて「自分はコートの内側」というポイントを、試合ではたくさん作ろう

    試合の中で、ぜひ意識して欲しいポイント。ポイントが終わった時に…

  2. 戦術

    不測の事態でもテニスの大会を勝ち進む、「試合会場での対応力」を身に付けよう

    テニスの大会、公式戦や草トーナメント、様々な大会に皆さん出場していると…

  3. テニス チャンス

    戦術

    テニスの試合では、スコアでリードしていれば試合時間は長く、負けていれば短く感じるもの

    「今の試合、長かった・・・」と感じること、ありますよね。また、…

  4. テニス 練習

    戦術

    再現性の高さ、こそテニスの真の実力である

    試合に強い人って、どんな人?派手さは無いけど、きっと同じことを…

  5. テニス 打点

    戦術

    試合の逆転、はそのずっと前に布石がある

    テニスの試合、悔しい逆転の経験、みなさんもありますよね。される…

  6. テニス メンタル

    戦術

    前衛嫌いな相手は、どんどんボレーを触らせて試合に参加させよう

    ダブルスの試合、相手をチェックしていると見えて来るものがある。…

特集記事

  1. テニス 戦術

    ストローク

    テニスにおけるストロークの超基本「足を決めて振り切る」ことが、意外とできない4つ…
  2. テニス リターン

    ストローク

    ストロークの打点までは手首を固定して、フィニッシュでリラックスして解放しよう
  3. メンタル

    2-5ダウンの場面でも、「3セットマッチなら次のゲームは大事」その理由について
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    相手の打球に先回り、出来るようになれればテニスは各段に上のレベルにいける
  5. テニス メンタル

    ボレー

    ただつなぐだけのボレーでも、同じ構えからドロップボレーが打てれば試合で相手の脅威…
PAGE TOP