テニス 練習

戦術

テニス選手は、ラリー5往復目から「個性」が出て来る

試合の中で、「その選手の個性」を掴むと、試合でも強い。

でも、なかなか相手の感じがつかめない、どの選手も一緒に見える・・・と思いますよね。

そういう人は、まずどんどんラリーをする、長いラリーを避けないことが大事でしょう。

よく、思い出してみて下さい。

きっとみなさんも、試合の中で経験あるはずです。

 

テニス選手は、ラリー5往復目から「個性」が出て来る

 

1、長いラリーになってくると・・・?

私の感覚では、5往復。

シングルスでもダブルスでも、ラリーがお互いに5往復を超えると、「その人らしさ」が出て来る。

ほとんどが、そのラリーの回数の手前でポイントが終わるので、よく分からないままに進んでいく。

サーブやリターン、だけだと、結構どの選手も近しいような感じですからね。

配球の癖、も長いラリーの中でこそ、生まれて来る。

だからこそ、みなさんも「長いラリー、望むところ!」という姿勢で挑みましょう。

きっと、相手も「自分らしさ」を出して来ると思いますよ。

 

2.「せっかちな選手かどうか?」は、早めに確認しておこう

私は試合の最初のゲームで、ここから確認します。

せっかちな選手、なのかどうか、は試合の後半まで大事なポイントになる。

勘違いしてはいけないのは、せっかち=弱い、という訳ではないということ。

思い切りが良く、どんどん先手を取って来る攻撃的な選手、は乗せると怖いですからね。

長いラリーをしよう、と試合に入ることで、こういう選手をあぶり出すことも出来る。

ラリー自体が短いと、何も分からないですからね。

焦らず、相手とラリーしていくつもりで試合に入る。

これだけでも、アナタ自身の調子は安定するはずです。

 

3.アナタ自身は「何」をやりたくなるだろう?

思い出してみてください。

ラリーが長く続くと、アナタ自身は「何」をやりたくなりますか?

実際に、試合ではどうでしょう?

長いラリーの時、どういう攻撃や守備、をしたいと考えて実践しているでしょうか?

ここを客観視出来る人は、なかなかいないんですよ。

もし、試合の動画を撮影している人、がいましたら、ぜひ長いポイントをよく見て欲しい。

5往復以上続いた時、その後、どういう選択をしているのか。

そこに、上達のヒントがあるはずですよ。

 

4.長いラリーのポイントを制する、ことに貪欲になろう

どうも、私たちはつい良いポイント、を勘違いしがち。

速く、エースで、キレイにポイントを取ること、を意識してしまいがちですからね。

でも、実際はそうじゃない。

長いラリーを制すること、にしっかり意識を高く置く、貪欲になる。

そこに自信が出来れば、きっと「長いラリーに持ち込めば、勝てる!」と思えるようになりますからね。

「また、シコラー推奨の話か」と思うかも知れませんが、これは事実だと思います。

しっかり長いラリーが試合で出来る、からこそ、奇襲や速い攻撃もより相手に効くようになる。

これこそ、本当に強いテニス選手だと思いますよ。

 

どうしても不安が先に立つと、ラリーを続けることも怖くなる。

でも、安心して下さい。

相手は、5往復もつなげれば、個性を出してくれます。

そこで「強さ」を出してくる選手よりは、「弱さ」を出してくる選手の方が多い、でしょう。

もちろん、強さを出して来る相手は、本当に強い選手。

倒し甲斐、がありますよね。

まずはアナタ自身、長いラリーに貪欲になること、からでしょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    アナタ自身の中で、「相手の粘り対策」をどの程度具体化出来てますか?

    実は、試合前の準備で出来ていない部分、だと思います。基本的に、…

  2. テニス メンタル

    戦術

    相手に「何を意識させるのか?」を、考えよう

    私は何度も、「相手にプレッシャーをかけること」について書いて来ました。…

  3. テニス サッカー

    戦術

    試合に出るようになったら、正解は自分で作り出していかないといけない

    テニスを教わること、試合に出ること。これの明確な違いって、私は…

  4. テニス メンタル

    戦術

    勝ち癖を付けたければ、負け癖を経験するのが一番

    苦しい試合を、ものにしていく選手。トーナメントの上位に残る選手…

  5. テニス スマッシュ

    戦術

    強い選手は、リードした後にアグレッシブに戦術を変える

    テニスの試合って、ポイント形式が特殊ですよね。ゲーム内は、5ポ…

  6. テニス メンタル

    戦術

    「次はこんなボールが来そうだな」という感覚を、磨いていかないと

    相手のボールを予測する。これって、上級者だけがなせる技、でしょ…

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    メンタル

    テニスの試合では、ポイントイメージが固まるまでポジションにはつかないこと
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブでビビってしまう人は、トスを自分から打ちにいくこと!
  3. テニス メンタル

    ボレー

    ファーストボレーで無理してばかりでは、並行陣で戦えない
  4. テニス ボレー

    フットワーク

    速く動けば余裕が出来る、のがテニスのフットワーク
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスのトーナメントで良い成績を上げたなら、すぐに0に戻してまた練習を再開しよう…
PAGE TOP