戦術

速い段階での戦術ミスは、試合で許される

どんなスポーツにも、共通すること。

そして「試合が上手い」選手がやっていること。

それって、私はこれだと思うんですよね。

試合って、やっぱり駆け引きですから。

難しい戦術よりも、こういう考え方も大事だと思いますよ。

 

速い段階での戦術ミスは、試合で許される

 

1.テニスは小さいミス、は気にしなくて良いスポーツ

サーブからポイントが始まって、リターン、そしてラリー。

そしてポイントが着地すれば、必ずどちらかには得点が入る、というルールになっています。

サッカーや野球のように、1点を争うような試合、というのは有り得ない。

そう考えると、小さいミスや失点って、気にしていたら損なだけ。

むしろ、「どう失点するのか?」を考えておいた方が得策。

そして、そういうチャレンジは、試合の序盤にやっておくに限りますね。

 

2.試合の序盤に動いておく、ことは絶対有効

まず、プレッシャーが少ないですよね。

ポーチに出るにしても、失敗してもまだ試合は始まったばかり。

始まったばかりだからこそ、「どんな選手かな?」と相手も気にしてくれてますからね。

そういう時にこそ、印象付けはやりやすい。

早い段階で、色々な策を見せておくと、試合の後半まで効いて来ますよ。

 

3.試合の終盤に新しいこと、やっても意味が無い

私は、こう思います。

試合の終盤に、ここぞという場面で奇策、出来ますか?

1セットマッチで4-4、5-5のような拮抗した場面では、なかなか難しいと思います。

計算出来ないプレー、はやり辛い。

それに、成功したとしても、もう試合は終盤。

相手がプレッシャーに感じてくれても、それを活かす時間も無い・・・じゃないですか。

最後のほうに色々やる、よりも試合の序盤から動いてく。

これはテニスの試合の基本、でしょう。

 

4.「ミスが許されない」なら、試合なんて楽しくない

どうにも、プレッシャーに感じている人が多いように思います。

相手に、仲間であるペアに、たくさん気を遣っている方が多い。

ミスが許されない試合、なんて試合じゃない。

それに、何度も書いてきましたが戦術的なミスは「やらなかった時」だけ、適応されます。

しっかり動くことが出来れば、それだけで成功。

これは、ぜひダブルスならペアで共通認識として持っておいて欲しいところ。

「序盤ではどんどん、動いてミスして相手にプレッシャーをかけていこう!」と。

そういうペアって、大抵強いですから。

 

強いペアって、本当にミスを気にしない。

自分たちの試合に必要なこと、という認識があるんですよね。

試合の序盤、アナタ自身無難に入り過ぎている節はありませんか?

ダブルスペアで、一度話し合ってみて下さい。

もっともっと、試合の序盤は動いて良い、速い段階でのミスは大歓迎。

このスタンスでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. メルマガ配信、登録を開始します!
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. 戦術

    パフォーマンス目標、をクリア出来ているか?

    みなさんが試合に出て、テニスをする。当然、そこには結果が伴い…

  2. テニス 準備

    戦術

    浅いボール、ストロークで振り切れてますか?

    試合でしっかり、自分からポイントを取れる選手。は、やっぱりこの…

  3. 戦術

    試合では「落としても良いポイント」が大事な、その理由

    テニスの試合は、失点と得点の繰り返し。これを、自分の中でどう捉…

  4. 戦術

    「あいつセンスあるな‥」という相手ほど、実は倒しやすいのがテニスというスポーツです

    テニスって、面白い。私がそう感じる瞬間はたくさんありますが、特…

  5. テニス コントロール

    戦術

    「ラインギリギリのボール」は、入っていると信じ込んで、更に前に

    テニスの試合で、勝ち切れない人。どこか試合中も、覇気が無いし自…

  6. テニス スマッシュ

    戦術

    「自分が攻撃しているのか、させられているのか」は、常に意識を

    皆さんは、試合の中でこんな感覚を覚えたことありますか?「相手の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 戦術

    リターン

    セカンドサーブからのリターンダッシュ、はロブケアとセットで実行しよう
  2. テニス ダブルス

    練習メニュー

    ボレー対ストロークのリズム、を体感しよう
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「合わせるだけのバックハンドストローク」を、卒業しましょう
  4. テニス 雨

    その他

    テニスのやる気が起きない時に、自分を責めるのは止めよう
  5. テニス メンタル

    その他

    横幅が狭いテニスコートでの試合では、「極端にワイドやアングルをケアする戦術」が必…
PAGE TOP