テニス ダブルス

スマッシュ

スマッシュを強化したいなら、「結論から入る」フットワークでいこう!

スマッシュを打つ、練習ではちゃんと打てているのに・・・。

試合では、なぜみなさん打てなくなるのか、ミスが増えるのか。

この問題について、今回も改めて考えてみたいと思います。

大胆に、発想から変えて動く、ことが大事だと思いますよ。

 

スマッシュを強化したいなら、「結論から入る」フットワークでいこう!

 

1.なぜ試合では、スマッシュが難しいんだろう

もちろん、緊張感というのもあります。

それに、試合会場はいつも異なるので、風の吹き方や気圧の違い、景色の違いも気になるでしょう。

でも、一番は打って来る相手が毎回違う、ということろでしょう。

スライスでもスピンでも、その人独特の回転がロブにも加わっている。

いつもの練習のように、決まった軌道の球出しや慣れた人のロブ、じゃないですからね。

こういう初見のロブを、いかに素早く反応して打てるか、が試合の現場では大事。

もっともっと、先回りして自分に余裕を作らないとダメなんです、試合では。

 

2.自分が打つポイントを、素早く定めよう

練習から、これを意識して欲しい。

相手のロブが上がった瞬間に、「自分はどこに動いて、どういうスマッシュを打つのか」を決める。

もう瞬時に、です。

プロ野球選手が、外野フライを一直線に走って捕球するようなイメージ。

ボールを見ながら、では絶対にダメ。

ほとんどの人が、フラフラとロブに合わせて下がりながらスマッシュ、を打ってますからね。

これでは、絶対に試合で安定しません。

余裕を自分から作って、攻撃的なスマッシュに変えていく。

その為に必要なのは、落下点と打つコースの「結論から入る」ということです。

 

3.結論が決まっていれば、迷いは無くなる

みなさんも、そうでしょう。

スマッシュの迷い、こそがミスの大元にあることに気付かないと。

「どこで打つのか、どういうコースを狙うのか」の結論を、相手がロブを打った瞬間に出してしまうんです。

結構、大変ですよ。

でも、多少間違っても良い、とにかく練習からこれを意識していきましょう。

速く下がる、落下点に動く、待ち構える。

これに必要なのは、足の速さではないはずです。

 

4.身体を後ろに向けて走っても良い

とにかく、速く動くこと。

ロブのような軌道、のボールよりは、私たちは本来速く走れるはずです。

だからこそ、身体を後ろに向けても良い。

目線をボールから切っても良い。

とにかく、最短距離を自分が一番速く動ける形、で下がってみる。

この動きを見た相手は、どう思いますかね。

きっと、「ロブは読まれている、もう使えないな・・・」となるはずです。

アナタ自身の動きで、相手に心理的なプレッシャーをかけていくこと。

これこそ、テニスの面白さじゃないですか。

 

「書くのは簡単、やるのは難しい」ですね。

でも、やってみること、自体は難しくないはずです。

スマッシュを打つ、その発想を変えること。

やってダメなら、戻せば良いですしね。

ノープレー、ノーエラー。

まだまだ、アナタの可能性は拡がっていくと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. テニス リターン

    スマッシュ

    ネットに出たら、いつでもスマッシュコースは先にイメージしておこう

    スマッシュでしっかりと、ポイントを取りきること。これが出来れば、試…

  2. テニス ストローク

    スマッシュ

    スマッシュはコース勝負!のために必要な、「打つコースを見ないで振り切る」練習は大事です

    テニスのショットは、パワーよりもコースで勝負。特に学生の皆さん…

  3. スマッシュ

    スマッシュミスが多い人は、狙い所を間違えているだけ

    人って、気付かないうちに狙うところ、が決まっていく。習慣や癖、…

  4. テニス メンタル

    スマッシュ

    味方のスマッシュチャンスを、「決めてくれるだろう…」と甘く考えてる人は試合で勝てません

    ダブルスの試合で、そのペアの強さを測るときにはポイントがあります。…

  5. テニス スライス

    スマッシュ

    バドミントンのように、スマッシュの後は前をケアしよう

    最近、バドミントンの日本勢の躍進がすごいですよね。近しいテニス…

  6. テニス サーブ

特集記事

  1. メンタル

    一般テニスの試合こそ、気迫は技術を凌駕する
  2. テニス メンタル

    メンタル

    普通に「勝ちたい」って思っているくらいじゃ、テニスの試合は勝てない
  3. ボレー

    「どこに打てば決まるのか?」を考えると、ポーチは上手くなる
  4. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃にも守備にも適した、「セミオープンスタンス」でストローク戦で勝負していく為に…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    頭が突っ込んだボレーになったときには・・・?
PAGE TOP