テニス ダブルス

スマッシュ

スマッシュを強化したいなら、「結論から入る」フットワークでいこう!

スマッシュを打つ、練習ではちゃんと打てているのに・・・。

試合では、なぜみなさん打てなくなるのか、ミスが増えるのか。

この問題について、今回も改めて考えてみたいと思います。

大胆に、発想から変えて動く、ことが大事だと思いますよ。

 

スマッシュを強化したいなら、「結論から入る」フットワークでいこう!

 

1.なぜ試合では、スマッシュが難しいんだろう

もちろん、緊張感というのもあります。

それに、試合会場はいつも異なるので、風の吹き方や気圧の違い、景色の違いも気になるでしょう。

でも、一番は打って来る相手が毎回違う、ということろでしょう。

スライスでもスピンでも、その人独特の回転がロブにも加わっている。

いつもの練習のように、決まった軌道の球出しや慣れた人のロブ、じゃないですからね。

こういう初見のロブを、いかに素早く反応して打てるか、が試合の現場では大事。

もっともっと、先回りして自分に余裕を作らないとダメなんです、試合では。

 

2.自分が打つポイントを、素早く定めよう

練習から、これを意識して欲しい。

相手のロブが上がった瞬間に、「自分はどこに動いて、どういうスマッシュを打つのか」を決める。

もう瞬時に、です。

プロ野球選手が、外野フライを一直線に走って捕球するようなイメージ。

ボールを見ながら、では絶対にダメ。

ほとんどの人が、フラフラとロブに合わせて下がりながらスマッシュ、を打ってますからね。

これでは、絶対に試合で安定しません。

余裕を自分から作って、攻撃的なスマッシュに変えていく。

その為に必要なのは、落下点と打つコースの「結論から入る」ということです。

 

3.結論が決まっていれば、迷いは無くなる

みなさんも、そうでしょう。

スマッシュの迷い、こそがミスの大元にあることに気付かないと。

「どこで打つのか、どういうコースを狙うのか」の結論を、相手がロブを打った瞬間に出してしまうんです。

結構、大変ですよ。

でも、多少間違っても良い、とにかく練習からこれを意識していきましょう。

速く下がる、落下点に動く、待ち構える。

これに必要なのは、足の速さではないはずです。

 

4.身体を後ろに向けて走っても良い

とにかく、速く動くこと。

ロブのような軌道、のボールよりは、私たちは本来速く走れるはずです。

だからこそ、身体を後ろに向けても良い。

目線をボールから切っても良い。

とにかく、最短距離を自分が一番速く動ける形、で下がってみる。

この動きを見た相手は、どう思いますかね。

きっと、「ロブは読まれている、もう使えないな・・・」となるはずです。

アナタ自身の動きで、相手に心理的なプレッシャーをかけていくこと。

これこそ、テニスの面白さじゃないですか。

 

「書くのは簡単、やるのは難しい」ですね。

でも、やってみること、自体は難しくないはずです。

スマッシュを打つ、その発想を変えること。

やってダメなら、戻せば良いですしね。

ノープレー、ノーエラー。

まだまだ、アナタの可能性は拡がっていくと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. スマッシュ

    高いロブでのスマッシュは、「自分のイメージよりも早く」上方向にラケットを降り出そう

    高いロブ、皆さんはスマッシュでしっかり打ち切れていますか?高いロブ…

  2. テニス スマッシュ
  3. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    テニスの試合で「低い弾道のロブをスマッシュするとき」要注意したい5つのポイント

    スマッシュの重要性は、何度か書いてきました。今回は、低くて速い…

  4. テニス 練習

    スマッシュ

    「ネットからの距離」によって、テニスの試合で求められるスマッシュの種類は違います

    スマッシュはテニスの攻撃の花形ショット。当然決めればかっこいい…

  5. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合の中で隙だらけな人は、「スマッシュを打ったらポイントが終わる」と思っているから勝てない

    自分では自覚症状は無くても、試合で勝てない人。そんな人には、あ…

  6. スマッシュ

    スマッシュのコースは「どのタイミングまで変更可能か?」を覚えておくと試合で使いやすい

    スマッシュのコースの打ち分け、皆さんはどのタイミングまで「待つ」ことが…

特集記事

  1. テニス サーブ

    練習メニュー

    シングルスの試合で、「効果的なサーブ&ボレー」の使い方を身に付ける練習メニュー
  2. テニス スマッシュ

    ボレー

    打点が遠いボレーほど、シンプルで良い
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの基本は、「相手の力を利用すること」と考えると試合で勝てるようになる
  4. サーブ

    「高~いトスアップ」を直すことで、アナタのテニスのサーブはもっと良くなる!
  5. 日々の雑記

    今日という日は、杉田祐一選手について語らない訳にはいかない
PAGE TOP