テニス ダブルス

スマッシュ

スマッシュを強化したいなら、「結論から入る」フットワークでいこう!

スマッシュを打つ、練習ではちゃんと打てているのに・・・。

試合では、なぜみなさん打てなくなるのか、ミスが増えるのか。

この問題について、今回も改めて考えてみたいと思います。

大胆に、発想から変えて動く、ことが大事だと思いますよ。

 

スマッシュを強化したいなら、「結論から入る」フットワークでいこう!

 

1.なぜ試合では、スマッシュが難しいんだろう

もちろん、緊張感というのもあります。

それに、試合会場はいつも異なるので、風の吹き方や気圧の違い、景色の違いも気になるでしょう。

でも、一番は打って来る相手が毎回違う、ということろでしょう。

スライスでもスピンでも、その人独特の回転がロブにも加わっている。

いつもの練習のように、決まった軌道の球出しや慣れた人のロブ、じゃないですからね。

こういう初見のロブを、いかに素早く反応して打てるか、が試合の現場では大事。

もっともっと、先回りして自分に余裕を作らないとダメなんです、試合では。

 

2.自分が打つポイントを、素早く定めよう

練習から、これを意識して欲しい。

相手のロブが上がった瞬間に、「自分はどこに動いて、どういうスマッシュを打つのか」を決める。

もう瞬時に、です。

プロ野球選手が、外野フライを一直線に走って捕球するようなイメージ。

ボールを見ながら、では絶対にダメ。

ほとんどの人が、フラフラとロブに合わせて下がりながらスマッシュ、を打ってますからね。

これでは、絶対に試合で安定しません。

余裕を自分から作って、攻撃的なスマッシュに変えていく。

その為に必要なのは、落下点と打つコースの「結論から入る」ということです。

 

3.結論が決まっていれば、迷いは無くなる

みなさんも、そうでしょう。

スマッシュの迷い、こそがミスの大元にあることに気付かないと。

「どこで打つのか、どういうコースを狙うのか」の結論を、相手がロブを打った瞬間に出してしまうんです。

結構、大変ですよ。

でも、多少間違っても良い、とにかく練習からこれを意識していきましょう。

速く下がる、落下点に動く、待ち構える。

これに必要なのは、足の速さではないはずです。

 

4.身体を後ろに向けて走っても良い

とにかく、速く動くこと。

ロブのような軌道、のボールよりは、私たちは本来速く走れるはずです。

だからこそ、身体を後ろに向けても良い。

目線をボールから切っても良い。

とにかく、最短距離を自分が一番速く動ける形、で下がってみる。

この動きを見た相手は、どう思いますかね。

きっと、「ロブは読まれている、もう使えないな・・・」となるはずです。

アナタ自身の動きで、相手に心理的なプレッシャーをかけていくこと。

これこそ、テニスの面白さじゃないですか。

 

「書くのは簡単、やるのは難しい」ですね。

でも、やってみること、自体は難しくないはずです。

スマッシュを打つ、その発想を変えること。

やってダメなら、戻せば良いですしね。

ノープレー、ノーエラー。

まだまだ、アナタの可能性は拡がっていくと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスの試合で「厳しいロブをスマッシュで打ち込む」為には、ボールから目線を切ることも必要!

    テニスの試合結果を左右する大きなポイント、いくつかありますが、厳しいロ…

  2. テニス ダブルス

    スマッシュ

    センターロブは早めの声掛けで、スマッシュチャンスを逃さない!

    ダブルスで2人がネットに付く並行陣でプレーをしていると、2人の間に上が…

  3. テニス スライス

    スマッシュ

    バドミントンのように、スマッシュの後は前をケアしよう

    最近、バドミントンの日本勢の躍進がすごいですよね。近しいテニス…

  4. テニス メンタル

    スマッシュ

    テニスにおいて、「ジャンピングスマッシュは、難しく無い!」ことを証明します

    ジャンピングスマッシュ、テニスの試合において花形のフィニッシュですよね…

  5. スマッシュ

    「逆クロス方向への構え」を基本に考えると、スマッシュはもっと楽に打てる!

    スマッシュに苦手意識を持っている方は、シンプルに得意のコースを一つ作る…

  6. テニス 練習

    スマッシュ

    テニスにおけるスマッシュは、「上げた腕と顔の間くらいにボール」がくると、一番打ちやすい!

    スマッシュの入り方、に自信を持っている人は強い。実際には打ち方…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. シングルス

    ダウンザライン方向に山なりなボール、を使えばシングルスの試合で有効打に
  2. テニス 練習

    メンタル

    テニスの試合本番で起きること、は「全て毎日の練習」でも起きていることである
  3. テニス 粘り

    その他

    テニス部で「なるべくボールを長持ちさせたい」なら意識したい5つのこと
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「速いけど確率が悪いサーブ」を変えていくなら、ラケットとボールが当たる表面積を変…
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    雁行陣をロブでチェンジなら、後衛は早く打点に入らないと
PAGE TOP