テニス スライス

スマッシュ

バドミントンのように、スマッシュの後は前をケアしよう

最近、バドミントンの日本勢の躍進がすごいですよね。

近しいテニス、も頑張らないといけいないな・・・と思うのと同時に、バドミントンから学べることってすごく多いと思うんです。

ノーバウンド、で処理しないといけない、ある意味テニスよりも厳しいルールのバドミントン。

だからこそ、次への反応が大事になるじゃないですか。

スマッシュの後の動き、すごく参考になりますよ。

 

バドミントンのように、スマッシュの後は前をケアしよう

 

1.スマッシュの後って、みなさんどうですか?

打ち終わった後、みなさんどうでしょう。

もう、まるで決まったかのように、後は運を天に任せるような人、ばかりじゃないですか?

本当は、私たちのレベルではスマッシュは打った後が大事。

良いスマッシュでも、相手が触れば返球される可能性も高い。

その点、バドミントンはスマッシュの返球率もすごく高いですよね。

だから、打っている本人も決まると思っていない。

素早く次の動き、を入れているのがすごく参考になります。

 

2.スマッシュを打ったら、前をケアするのが基本

良いスマッシュ、で相手を追い込んだら前を潰す。

これは、ダブルスでは必須のパターンですね。

スマッシュを打っていない選手が、しっかり次のボールを仕留めにかかる。

シングルスなら、どうでしょう。

自分が下がってスマッシュを打ったら、次に浅いボールを仕留めるのもまた自分、です。

先ほどのバドミントンの動画でもあったように、打ったら次、がめちゃくちゃ速くないとチャンスを逃してしまう。

打ち終わりと前へのダッシュ、をほぼ同時にやるくらい。

テニスでも、この意識が大事だと思いますよ。

 

3.スマッシュの動きをシンプルにしないと、これが出来ない

だからこそ、スマッシュを「簡単」にしないといけないんです。

難しい、激しいスマッシュにしたら、その次が反応出来ない。

その次、のショットを決めないと、結果的に相手に挽回のチャンスを与えてしまいますからね。

強い選手は、このあたりの怖さをよく理解している。

スマッシュをシンプルにして、次に備える。

バドミントンのようにスピード感のある動き、絶対にテニスでも必要です。

 

4.スマッシュ1発で決まらない、と思っておくこと

結果的に決まれば、それで良い。

でも、「決まるはず!」と思い込んでいると、次の足が出ない。

私たち一般レベルのテニスの試合では、そうスマッシュ一発で簡単には決まらない。

だからこそ、前に詰めるような動き、をセットにして打っていかないといけないんですよね。

分かってはいるけど、なかなか出来ないです、これ。

試合の後半なら疲れて厳しいし、試合の序盤なら緊張で足が出ないかも知れない。

練習から、スマッシュとセットの動き、に仕上げていくしかないですね。

 

スマッシュの後の動きって、やっぱり見落とされがち。

実は一番、その選手の実力が現れる部分なんですけどね。

ここを変えていければ、実は全てが変わります。

スマッシュのような攻撃的なショット、の後の反応を速くしていくこと。

これこそ、アナタ自身に求められていること、じゃないですか?

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス 練習

    スマッシュ

    「ネットからの距離」によって、テニスの試合で求められるスマッシュの種類は違います

    スマッシュはテニスの攻撃の花形ショット。当然決めればかっこいい…

  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュの基本、右利きの人はすぐ左手を上げる!」は、状況によって使い分けることで守備範囲が拡がる…

    スマッシュの基本でまず大事なのは、ラケットを持っていない腕を上げること…

  3. スマッシュ

    「深いロブでスマッシュが厳しい!」ときにはスィングを止めての返球でOK!な感覚も大事

    女子ダブルスの試合、特に年齢別の方の試合になると、頭上を狙うロブの精度…

  4. テニス メンタル

    スマッシュ

    遅いスライスロブをスマッシュするときには、「待たないで自分からジャンプ!」していこう

    スライスロブ、試合の中で打たれるケースが多いはず。特に女子ダブ…

  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスでのスマッシュは、「積極的に自分の足で打ちに行く」ことで、守備範囲は拡げられます

    スマッシュはチャンスボール。そう思えているアナタは、きっと上級…

  6. テニス 確率

    スマッシュ

    壁打ち練習でスマッシュを上手くなる為の、「ロブ対スマッシュの壁の使い方」について

    壁打ちでテニスを上手くなる。そんな人には共通点があります。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  2. テニス 知識
  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ミックスダブルスで上のレベルで勝ちたければ、「女性の守備力」は絶対に必要です
  2. その他

    「今年こそしっかり目標を立てて、テニスを強くなりたい!」と考える人に贈る、正しい…
  3. テニス 練習

    メンタル

    「大事な試合に一度勝っただけで、すぐ満足してしまう人」と「勝ち続けられる人」の違…
  4. テニス リターン

    ストローク

    攻撃的なスピンストロークを、安定させる要素5つ
  5. テニス ストローク

    ストローク

    自分のストロークで深さが足りないと感じたら、「ボールの軌道の頂点」で調整するとミ…
PAGE TOP