テニス ダブルス

ボレー

リターン側の前衛は、シンプルなプレーでミスを減らそう

ダブルスのリターンゲーム、アナタは前衛。

ここで、どんなプレーがイメージ出来ますか?

相手は、ビッグサーバー、そしてアグレッシブな前衛、強いペアかも知れない。

後衛のリターン任せ、ではいつまで経ってもブレイクチャンスは来ないでしょう。

ぜひ、リターンゲームの前衛、での参考にしてもらえると嬉しいです。

 

リターン側の前衛は、シンプルなボレーでミスを減らそう

 

1.ダブルスで一番、難しいポジション

私は、こう考えています。

4人の中で、一番難しいポジション、でしょう。

リターン側の前衛ですから、サービス力が高い選手のゲームでは、どうしても狙われやすい。

リターンを相手前衛がポーチ、そこを凌ぐような粘り、も求められますね。

最近のプロ選手の試合でも、相手のファーストサーブのときには2バック、2人ともに下がるケースも多いですから。

それくらい、プロでも難しいと考えているポジション。

下がるというのも、もちろん一つの選択肢。

でも今回は、そこを下がらないで対抗していく、チャンスを見出していく方法を考えてみましょう。

 

2.リターンの選手を信じること、が第一

私も、ダブルスの試合ではここを意識しています。

リターンの選手、ペアとコースを打ち合わせして、あとは「そこに打ってくれる」ことを信じる。

クロスに打つ、と決めていたら、相手前衛のポーチを当然ケアする。

ストレートに展開するなら、ロブ?それともストレートアタック?に合わせて、前衛にプレッシャーをかけていく。

この打ち合わせを信じて動く、ってこと、基本ですが大事ですよ。

リターンゲームは、交互にまわってきますからね。

自分が信頼しないと、自分も信頼されない。

これだけは、絶対に覚えておいて下さい。

 

3.セカンドサーブでは、攻撃的にいこう!

実際の試合では、セカンドサーブでは攻撃的にいきたい。

相手サーバーへ、強いリターンが返ったときには次は自分が攻撃!出来るのが前衛ですから。

リターンゲームというだけで、ずっと守備的になっている必要はありません。

セカンドでは、しっかりプレッシャーをかけていく。

相手のセカンドサーブを、リターン側の前衛が触ってフィニッシュすること。

これが、強いダブルスペアの鉄板パターンですね!

 

4.全てはシンプルなボレー、で完成される

2.や3.のような動きも、全てはシンプルなボレー、が必要。

リターンゲームですから、守備的なボレーも当然増えます。

そこにシンプルさが無いと、ミスで終わってラリーにならない。

リターン側のペアとしては、まずラリーにしっかり持ち込まないと。

相手の攻撃をしのいで、チャンスを狙って仕留めていく、この最後の攻撃もシンプルで良い。

相手は、サービスゲームで攻勢に出られるだけで慌ててくれますから、強打や激しい振りは必要無い。

ダブルスで、リターン側の前衛の選手が手堅いプレーで応戦出来ると、勝てます。

これは、私の経験上、かなりの確率でそうなりますから、ぜひ実践してみて下さい。

 

ダブルスの前衛、守備だけだともったいない。

シンプルなボレーが出来たら、それは攻撃にも活かせる。

それに、ナイスな守備はシンプルなボレーで良いカウンターになるじゃないですか。

ラケットを動かし過ぎず、丁寧に相手に返球する。

リターン側の前衛、こそダブルスらしいプレーが求められるし、楽しいし醍醐味を感じられるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    打ち終わりをコンパクトにする、ことが実戦向けのテニスへの第一歩

    実戦向きのテニスと、そうでないテニス。色々な要素はありますが、…

  2. テニス 客観視

    ボレー

    テニスの基本である「低い姿勢」がネットプレーに必要な理由5つ

    「腰を落として!」「膝を曲げて!」日本のテニススクール…

  3. テニス テニススクール

    ボレー

    「ココには速いボールが入ってくるな」と感じることが、ネットプレイヤーの第一歩

    ネットプレー、ボレーのときの予測。試合に出ている人は、この必要…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    チャンスを決めるパンチの効いたボレー、ラケットヘッドの使い方に秘密有り

    バシッとボレーで、しっかり決めたい。パンチ力のあるボレーでミス…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    相手のハイボレー、の後が狙い目!

    相手が高い打点で、ハイボレー!一見ピンチのようですが、逆にチ…

  6. ボレー

    「絶滅危惧種を救え!」テニスにおけるネットプレイヤーの未来

    ウィンブルドンとワールドカップ、同じ時期に開催されると面倒くさい。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. シングルス

    シングルスの試合も、やっぱりクロスラリーが基本になる
  2. テニス ストローク

    ボレー

    ボレーが上手く打てない人は、「外側から内側へ」ラケットを動かしてみよう
  3. 戦術

    ネガティブなミス、だけを減らせば勝てる
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「アレーを捨ててでもセンターを守る」並行陣が強い
  5. メンタル

    「なぜ、試合で勝つ選手になる為に、テニスノートが必要なのか」それは自分の変化を確…
PAGE TOP