テニス ダブルス

ボレー

リターン側の前衛は、シンプルなプレーでミスを減らそう

ダブルスのリターンゲーム、アナタは前衛。

ここで、どんなプレーがイメージ出来ますか?

相手は、ビッグサーバー、そしてアグレッシブな前衛、強いペアかも知れない。

後衛のリターン任せ、ではいつまで経ってもブレイクチャンスは来ないでしょう。

ぜひ、リターンゲームの前衛、での参考にしてもらえると嬉しいです。

 

リターン側の前衛は、シンプルなボレーでミスを減らそう

 

1.ダブルスで一番、難しいポジション

私は、こう考えています。

4人の中で、一番難しいポジション、でしょう。

リターン側の前衛ですから、サービス力が高い選手のゲームでは、どうしても狙われやすい。

リターンを相手前衛がポーチ、そこを凌ぐような粘り、も求められますね。

最近のプロ選手の試合でも、相手のファーストサーブのときには2バック、2人ともに下がるケースも多いですから。

それくらい、プロでも難しいと考えているポジション。

下がるというのも、もちろん一つの選択肢。

でも今回は、そこを下がらないで対抗していく、チャンスを見出していく方法を考えてみましょう。

 

2.リターンの選手を信じること、が第一

私も、ダブルスの試合ではここを意識しています。

リターンの選手、ペアとコースを打ち合わせして、あとは「そこに打ってくれる」ことを信じる。

クロスに打つ、と決めていたら、相手前衛のポーチを当然ケアする。

ストレートに展開するなら、ロブ?それともストレートアタック?に合わせて、前衛にプレッシャーをかけていく。

この打ち合わせを信じて動く、ってこと、基本ですが大事ですよ。

リターンゲームは、交互にまわってきますからね。

自分が信頼しないと、自分も信頼されない。

これだけは、絶対に覚えておいて下さい。

 

3.セカンドサーブでは、攻撃的にいこう!

実際の試合では、セカンドサーブでは攻撃的にいきたい。

相手サーバーへ、強いリターンが返ったときには次は自分が攻撃!出来るのが前衛ですから。

リターンゲームというだけで、ずっと守備的になっている必要はありません。

セカンドでは、しっかりプレッシャーをかけていく。

相手のセカンドサーブを、リターン側の前衛が触ってフィニッシュすること。

これが、強いダブルスペアの鉄板パターンですね!

 

4.全てはシンプルなボレー、で完成される

2.や3.のような動きも、全てはシンプルなボレー、が必要。

リターンゲームですから、守備的なボレーも当然増えます。

そこにシンプルさが無いと、ミスで終わってラリーにならない。

リターン側のペアとしては、まずラリーにしっかり持ち込まないと。

相手の攻撃をしのいで、チャンスを狙って仕留めていく、この最後の攻撃もシンプルで良い。

相手は、サービスゲームで攻勢に出られるだけで慌ててくれますから、強打や激しい振りは必要無い。

ダブルスで、リターン側の前衛の選手が手堅いプレーで応戦出来ると、勝てます。

これは、私の経験上、かなりの確率でそうなりますから、ぜひ実践してみて下さい。

 

ダブルスの前衛、守備だけだともったいない。

シンプルなボレーが出来たら、それは攻撃にも活かせる。

それに、ナイスな守備はシンプルなボレーで良いカウンターになるじゃないですか。

ラケットを動かし過ぎず、丁寧に相手に返球する。

リターン側の前衛、こそダブルスらしいプレーが求められるし、楽しいし醍醐味を感じられるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに詰めたハイボレーなら、ラケットを振るよりむしろ「引く」感覚が大事

    ネットに詰めて、ハイボレー!これをチャンスと見るのか、そうでな…

  2. テニス スライス

    ボレー

    駆け抜けながらのボレーは、シンプルにラケット面作りだけ

    「こんなの、テニスの基本じゃない」と言いながらも、試合で使える技術。…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    相手が打つ度に、「毎回蓋を開けてビックリ」の前衛だと、そりゃ勝てないですよ

    ダブルスの試合、前衛で「落ち着いている人」いますよね。すごく上…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    「ドロップボレーはラケットを振らない?」いやいや、スライスをしっかりかけるから安定します

    ドロップボレーに対しての意識は、中級者と上級者では大きな違いがあること…

  5. ボレー

    ボレーをふかし気味にアウトばかりしてしまう人は、「準備でラケットを上げる高さ」が足りない

    ボレーがどうしても、アウトしてしまうことが多い方は、準備に問題がある。…

  6. テニス ダブルス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 準備

    ストローク

    テニスの試合でも練習でも必要な「ブロック」の技術を身に付けるポイント5つ
  2. テニス 環境

    ストローク

    テニスの試合において、「後ろに下がると、守る範囲は広くなってしまう」ので注意が必…
  3. テニス ロブ

    ロブ

    攻撃的なトップスピンロブを打つなら、腰の高さくらいの打点がベスト
  4. テニス ストローク

    サーブ

    試合の緊張した場面で、「サーブを置きにいくときの自分の癖」を把握しておけば直せる…
  5. テニス 指導

    その他

    「規律と平等」が無いテニスチームには、強い選手は育たない
PAGE TOP