テニス ボレー

ボレー

V字型の動きが出来れば、ネットプレーは劇的に上手くなる

ネットプレーが苦手な人。

この機会に、フットワークから変えていきましょう!

自信の無さ、はフットワークに全て現れる。

ここから改善していけば、きっとボレーも楽になるし好きになる。

足の運ぶイメージ、キーワードはVの字、です。

 

V字型の動きが出来れば、ネットプレーは劇的に上手くなる

 

1.必ず、斜め前に踏み込んでボレー

これが、基本です。

ボレーのフットワーク、自分が今立っている場所から、左斜め前・右斜め前、に踏み込んでいく。

この点をたどると、Vの字、みたいな軌跡をフットワークで描けるようになる。

打ったらその前に出した足を戻して、もう一度構え直し。

もちろん、チャンスならその踏み込んだ場所、にとどまって、どんどん前に詰めても良い。

ですがまずは、このVの字を基本にして中心に戻る、ことから意識してみましょう。

ほとんどの方が、横方向に踏み込んで打つボレーになっているはずです。

 

2.ボレーは横方向に踏み込むと、打ち辛い

実際、ボレーの練習をしていて感じませんか?

横方向に足を出すと、ボレーが窮屈になる。

これでは、なかなか攻撃的にプレー出来ないし、打てる範囲も狭くなる。

丁寧なボレーに見えますが、実際には攻撃力に乏しいし、打点が後ろ過ぎ。

しっかりvの字、のフットワークを意識して、斜め前に足を出していきましょう。

この意識だけで、実は初心者の方も楽にボレー出来るようになる。

コツは、その足をしっかり戻して構え直すこと。

次にフォア、バック、どちらに来ても良いように、しっかり準備しましょう!

 

3.ストロークに押されて、足を後ろに出すのもNG!

これも、ついやってしまいがち。

強力なストロークに押されて、足が出ない、どころか後ろに出してしまう。

気持ちは分かります。

少しでも時間を作りたい、ボレーが怖い・・・ようになると、そうなりますよね。

でも、やっぱりその恐怖心を、克服していかないと。

速いボールにも、Vの字でしっかり前に踏み込んでいく、そのフットワーク。

アナタ自身、鍛えておくべきだと思いますよ。

 

4.自分の足元に、vの字を描いてみよう!

これが、まず良いイメージトレーニングになるはずです。

自分の足元に、vの字を描く。

そして、しっかり前に踏み込んでいく。

この動き、実際に足元に自分で空想で描いてみるとイメージしやすいですよ。

「フォアボレーはあそこ、バックボレーはあそこ、まで踏み込もう!」と、気持ちも整理出来る。

足をどこに運ぶか、を考えておくだけで、ミスは減る。

きっと、フットワークを変えればメンタルも変わって来る。

ボレーが大好き、になる第一歩でしょう。

 

フットワークが安定すると、変なミスが無くなります。

余裕を持ってボールに触れるので、メンタル的にも楽になる。

何をどうして良いのか分からないと、人は不安になってパニックになりますからね。

足の動かし方、だけでも決めておくと良いでしょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス ダブルス
  2. テニス メンタル

    ボレー

    「守備的スプリットステップ」を身に付けると、テニスで足元の攻撃をしぶとく返球することができます!

    相手の攻撃を「受ける」のが得意なディフェンシブな選手、いますよね。…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの前衛でのポーチボレー、まさかの「ロブボレー」なんてどうでしょう?

    今回は、ちょっとした裏技を。ダブルスの試合で、ポーチボレーが決…

  4. テニス ダブルス
  5. テニス ボレー

    ボレー

    バックハンドボレーを逆クロスに打つには、ラケットをグリップから出していくこと

    バックハンドボレーを逆クロス方向に打つ。聞くだけで、難しく感じ…

  6. テニス ポジショニング

    ボレー

    テニスの試合で「伸びてくるスライス」のハイボレー、本当に難しい!

    簡単そうに見えて、難しいボール。テニスの試合では、たくさんあり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. ダブルス

    「ダブルスの連携術」はテニスの試合の中での優先権の確認から!
  2. テニス 試合

    メンタル

    テニスの試合では「アンフォーストエラー」よりも「フォーストエラー」に着目しておき…
  3. テニス フットワーク

    ストローク

    後ろに下がりながらのストロークは、上半身の開きを下半身回転でおさえると安定する!…
  4. テニス 指導

    その他

    「規律と平等」が無いテニスチームには、強い選手は育たない
  5. テニス ストローク

    ロブ

    ロブが上手く打てない人は、「目の前に2メートルの壁」があると思って打てばOK
PAGE TOP