テニス知識

これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

益々寒くなる、これからの時期。

テニスの練習や試合、トレーニングでも、ネックウォーマーが欲しくなる頃ですよね。

一昔前は、トレーニングは出来ても試合では「モサモサして着れない」ようなモノが多かったように思います。

でも、最近ではしっかり着用してテニスもプレー出来る。

そんなネックウォーマーが多いので、オススメですよ!

 

これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

 

1.アディダス トレーニングウェア ベーシックネックウォーマー

 

出典:amazon

少し薄目で、使いやすいタイプ。

動きが激しいテニスでも、じっくり走るランニングでも、しっかり温かさを出せるかどうか。

カラーパターンも豊富で、ユニセックスタイプなので色々なウェアに合わせやすいのも魅力。

 

出典:amazon

 

機能性も、さすがのアディダス、バッチリです。

最先端のテクノロジーを取り入れた、かつてない快適性を実現するトレーニングウェア「climachill(クライマチル)」と、全方位のトータル ベンチレーション システムを搭載した「climacool(クライマクール)」シリーズ史上最高の換気性能となるランニングシューズ「climachill Ride(クライマチル ライド)」を全世界同時発売!

出典:amazon

 

 

2.asics トレーニング リバーシブルフリースネックウオーマー

 

出典:amazon

リバーシブルで温かい、フリース素材のネックウォーマー。

アシックスのネックウォーマーは、本当に寒い時期にオススメです。

サーブを打つとき、スマッシュのときは少し気になるかもしれませんが、慣れて来ると気にならないでしょう。

汗をかいたら、リバーシブルデザインですので裏返せばOK。

 

出典:amazon

 

その日の気分によって使い分けられるのも、リバーシブルの魅力ですよね。

調子が悪ければ、サッと変えても良い。

苦しい冬場のトレーニングも、相棒のネックウォーマーがあれば乗り切れるはずです。

 

 

3.ナイキ リバーシブル ネックウォーマー

 

出典:rakuten

ナイキのネックウォーマーは、ビビッドなカラーリングが魅力。

縁も曲線仕様になっているので、身体にしっかりフィットするので、テニスも本当にプレーしやすいですね。

こちらもリバーシブルデザインですので、コーディネートの幅が広がっていくのも嬉しいポイント。

蛍光色は、夜のランニングの事故防止にも効果を発揮してくれます。

 

出典:rakuten

 

ちょっと派手だな・・・と思う方、シニアの方でも、ネックウォーマーならこれくらいデザインで主張しても良いと思いますよ。

冬場の時期ですからね、どうしても黒やグレーの色味のウェアが増えるじゃないですか。

そこに差し色として、こういったネックウォーマーはオススメです。

 

4.アンダーアーマー UA REACTOR ELEMENTS NECK GAITER

 

出典:amazon

少し高くても良いから、しっかり機能性に優れたネックウォーマーが欲しい。

そんな方には、アンダーアーマー社製のものがオススメです。

少しだぶつくようなデザインですが、全然気にならない軽さ、温かさ。

しっかり首元までをカバーしてくれるので、冬の寒さから喉を守ってくれる。

 

出典:amazon

 

何となくですが、この「ゆったり感」がカッコイイ。

シンプルなデザインで、ロゴもさりげなく主張しているところが良いですよね。

 

 

ネックウォーマー、手軽な値段で機能性に優れていて長く使える。

そんなネックウォーマー、ぜひみなさんも探してみて下さい。

テニスのプレー、観戦だけでなく、冬場のお出かけにも使えるモノばかり。

洗ってもすぐ乾くし、今年の冬はヘビーに使っていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 「第2回 読者ミーティング」を開催します
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. テニス テニスボール

    テニス知識

    テニスでは、試合と練習で使う「テニスボールが全然違う」ことを、みんな忘れてはいないか?

    試合と練習の違い、一番大きい要因は何か。私は、使うボールが全然…

  2. テニス ダブルス

    テニス知識

    テニスの試合でありがちな、「デュース有りとノーアドバンテージ形式を間違えた」ときには?

    草トーナメントの試合では、進行を速くする為に「ノーアドバンテージ形式」…

  3. テニス ネット

    テニス知識

    テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?

    「自分の家の近くに、壁打ち出来る場所があれば・・・・」と嘆くテ…

  4. テニス メンタル

    テニス知識

    ラケットを買い替える時に、意識したいチェックポイント7つ

    ラケットを買い替える時に、チェックしたいポイント。意外と、みな…

  5. テニス プロテイン

    テニス知識

    テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

    私が学生の頃、15年くらい前はちょうど「プロテイン」が一般的になった頃…

  6. テニス 知識

    テニス知識

    「テニスをよく知っている」選手になる為に、何が必要?

    全豪オープン、残念ながら大坂なおみ選手は2回戦敗退。ですが敗退…

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合では、「ボールの滞空時間を作り、奪い合うこと」が勝利への鍵になる
  2. リターン

    確実にクロスに返球する、リターンに必要な身体の向きについて
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合では、シングルスでもダブルスでも、「ロブが抜けたら迷わず前」に出て、…
  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合の中でロブが上手い選手は、抜こうとはせず「どこでスマッシュを打たせるのか?」…
  5. 日々の雑記

    「昔は良かった、今は・・・」って、そんなことない
PAGE TOP