テニス知識

これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

益々寒くなる、これからの時期。

テニスの練習や試合、トレーニングでも、ネックウォーマーが欲しくなる頃ですよね。

一昔前は、トレーニングは出来ても試合では「モサモサして着れない」ようなモノが多かったように思います。

でも、最近ではしっかり着用してテニスもプレー出来る。

そんなネックウォーマーが多いので、オススメですよ!

 

これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

 

1.アディダス トレーニングウェア ベーシックネックウォーマー

 

出典:amazon

少し薄目で、使いやすいタイプ。

動きが激しいテニスでも、じっくり走るランニングでも、しっかり温かさを出せるかどうか。

カラーパターンも豊富で、ユニセックスタイプなので色々なウェアに合わせやすいのも魅力。

 

出典:amazon

 

機能性も、さすがのアディダス、バッチリです。

最先端のテクノロジーを取り入れた、かつてない快適性を実現するトレーニングウェア「climachill(クライマチル)」と、全方位のトータル ベンチレーション システムを搭載した「climacool(クライマクール)」シリーズ史上最高の換気性能となるランニングシューズ「climachill Ride(クライマチル ライド)」を全世界同時発売!

出典:amazon

 

 

2.asics トレーニング リバーシブルフリースネックウオーマー

 

出典:amazon

リバーシブルで温かい、フリース素材のネックウォーマー。

アシックスのネックウォーマーは、本当に寒い時期にオススメです。

サーブを打つとき、スマッシュのときは少し気になるかもしれませんが、慣れて来ると気にならないでしょう。

汗をかいたら、リバーシブルデザインですので裏返せばOK。

 

出典:amazon

 

その日の気分によって使い分けられるのも、リバーシブルの魅力ですよね。

調子が悪ければ、サッと変えても良い。

苦しい冬場のトレーニングも、相棒のネックウォーマーがあれば乗り切れるはずです。

 

 

3.ナイキ リバーシブル ネックウォーマー

 

出典:rakuten

ナイキのネックウォーマーは、ビビッドなカラーリングが魅力。

縁も曲線仕様になっているので、身体にしっかりフィットするので、テニスも本当にプレーしやすいですね。

こちらもリバーシブルデザインですので、コーディネートの幅が広がっていくのも嬉しいポイント。

蛍光色は、夜のランニングの事故防止にも効果を発揮してくれます。

 

出典:rakuten

 

ちょっと派手だな・・・と思う方、シニアの方でも、ネックウォーマーならこれくらいデザインで主張しても良いと思いますよ。

冬場の時期ですからね、どうしても黒やグレーの色味のウェアが増えるじゃないですか。

そこに差し色として、こういったネックウォーマーはオススメです。

 

4.アンダーアーマー UA REACTOR ELEMENTS NECK GAITER

 

出典:amazon

少し高くても良いから、しっかり機能性に優れたネックウォーマーが欲しい。

そんな方には、アンダーアーマー社製のものがオススメです。

少しだぶつくようなデザインですが、全然気にならない軽さ、温かさ。

しっかり首元までをカバーしてくれるので、冬の寒さから喉を守ってくれる。

 

出典:amazon

 

何となくですが、この「ゆったり感」がカッコイイ。

シンプルなデザインで、ロゴもさりげなく主張しているところが良いですよね。

 

 

ネックウォーマー、手軽な値段で機能性に優れていて長く使える。

そんなネックウォーマー、ぜひみなさんも探してみて下さい。

テニスのプレー、観戦だけでなく、冬場のお出かけにも使えるモノばかり。

洗ってもすぐ乾くし、今年の冬はヘビーに使っていきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス知識

    大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

    みなさんは、こんな経験ありませんか?テニスの大会でお昼ご飯を食…

  2. 食事

    テニス知識

    テニスの試合前に、「飲まない・食べない方が良いモノ」5つ

    暑い時期の試合、食欲も無くてどうしよう・・・と思いながら、試合会場へ。…

  3. テニス 練習

    テニス知識

    自己流テニスで上達して来た人は、どこかで技術を削ぎ落とす作業を

    まず、私自身、自己流テニスに私は大賛成です。そもそもテニス、ス…

  4. テニス知識

    ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だった

    スピン量を増やして、ストロークで押していきたい。安定感の無いフ…

  5. テニス スコアシート

    テニス知識

    テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせない

    普段の練習試合から、しっかりと記録を残すこと。これは、何より勝…

  6. テニス 縄跳び

    テニス知識

    テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

    効率的にトレーニングをしたい、それも1日5分くらいで筋力、持久力までし…

特集記事

  1. シングルス

    「記憶力でシングルスを制す」テニスの試合中はデータ収集に勤しむこと
  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスの練習、基本的な考え方は「試合よりも難しい環境」の中に身を置いて鍛えること…
  3. テニス フットワーク

    フットワーク

    全てのボールに対応しようとすると、結局プレーは中途半端にしかならない
  4. テニス フェデラー

    ストローク

    「今年流行のSABRにトライしたけど、やっぱり上手くいかない・・・」人は、ハーフ…
  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    センターロブは早めの声掛けで、スマッシュチャンスを逃さない!
PAGE TOP